スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
映画メモ
2006 / 05 / 31 ( Wed ) 00:18:34
これからしばらく映画ろくに見られなくなりそうです…
あ~悲しい…!

『デュースワイルド』見ようと思って見てないのが多すぎる!この映画は好きな俳優さんが大挙して出てるので、本来ならそく見るはずだったんですが…。やっぱりその…駄作だって噂が、ね…!
開き直ってわたしの(違います)かわいこちゃんたちを見るだけにしようと思って見たら、結構面白かったです。
やっぱり映画は傑作も駄作も期待しないに限りますね!
ブラッド・レンフロは確かに悲しかった…『依頼人』『マイフレンドフォーエバー』の頃の面影がまったくないとは言いませんが、やっぱりちょっと寂しい でもまだこの頃は今よりましですねえ。
フランコも出番少ないけど、まあまあ良かった(リーダーをとめたり、説得したりする役割なんですよ!)
ノーマン・リーダスはなんであんなでかいのに魅力的なんだろう…。
あ~不思議でしょうがない。

『クローサー』わかった…!『メゾン・ド・ヒミコ』はこうすればよかったんだ!(いや、それは…)
言ってみれば人間のまさに欲望に視点を当てて描いたとも言えるのだろう。ハリウッドを代表する俳優達だが充分生々しさを表現できている。ジュード・ロウの演技は『ファイナル・カット』をところどころ思わせて、良いですね。最低の男なのにそれが嫌悪に繋がらないのが良いです。
ナタリーは今回はすべてを本当にすべてを脱ぎ捨てたわけですが、裸シーンカットしない方が良かったかと言うと、そうでもないです。これは良い意味です。とても良かった。他二人も良かったですよ。特にクライブ・オーウェン…本当に下衆だった!(褒め言葉)
ジュードはちょっとかわいそうだった。自業自得だけども。しかし、チャットは淫靡でしたね。

『I LOVE BALLS!!』ははははは!見てしまいましたけども何か?
ひどいひどい…と噂は聞いてたので何が来ても怖くないぞ!と思ってたんですが、本当にひどかった!笑
もうことあるごとに「ひどい」「ひどい」呟いてました笑。
ところがわたしはドイツのゆる~い感じのダメなコメディが結構好きなものですから、……意外に楽しかったです。ちょっとたまにえぐいんですけど。苦手な方はとことん苦手でしょう。色物好き、伝説の『キラー・コンドーム』好きな方はぜひどーぞ!笑
ところで主人公のエキーの友達、最初に可哀相だった彼がニック・モランに似ててかわいかったです。最後も良い味出してました。
「馬鹿にするな!」は名せりふですねえ笑。
エキーの恋人役デヴィッド・ロットがこれまたかわいかった!
あ~ひどい映画だった!笑(半分褒め言葉)

『シューティング・スター』レンタルではどこにもおいてない地味~なプポーくん主演の映画見られました!これはことあるごとに、「ありえん」「ありえん」と言ってました。まずプポーくんの髪型がありえなかったね!(あえて)らくだ色のスーツとかね!笑
どこから突っ込んで良いのかわからないので、もう何も言わないことにします笑。

『SWEET SIXTEEN』リピ:DVD買おう買おうと思って3年くらいが経ってました。ものすご~く見たくなったけどお金がなかったのでレンタルですませました。そしたら余計にDVDが欲しくなりました。
ケン・ローチ監督の感覚が非常に好きなんです。特に少年青年を描いた映画は抜群。
そういえば最新作は今年のカンヌでパルム・ドールを獲得!日本公開(むしろDVD化)が楽しみです。


ところで川畠成道さんの「哀愁のトリステ」が非常に素晴らしいアルバムです。渋い選曲ながらもどれも隠れた名曲で、それを神々しく歌いあげるバイオリンの音が最高です。
スポンサーサイト
雑記 TB:0 admin page top↑
いろいろ
2006 / 05 / 27 ( Sat ) 11:52:13
とりあえず、バトルの方が体重が重くてほっとした。あ~良かった!
(て、おまえ身長差いくつだよ!)
でも、本気で危ないかも!って思いましたよ、だってあんなに細いんだもん!
ウィアーは本気で危ない、と思ってるんですが…彼の公式体重いくつだろう?

さてさてフィギュア界は最近はいったい何があるかな~?
とてもお忙しい村主さんですが、今度はCMに出演中です!
わたしもまだテレビでは1回しか見てませんが、今は便利で良いですね。
ネットで何度でも見られます。TVCMのボタン押すとWindows Media playerが勝手に起動して始まります。
結構きれいに作ってくれてるんじゃないかな~と思います。
それよりも、村主さんに目を付けた方をもう手放しで褒めたい気持ちです。しかもスーツなのに男性じゃないのが良いですね。ま、わたしとしては女装→スーツ早替えのプルシェンコでやってくれてもいいかな~とか思ったりもしましたけども。

あ、プルシェンコと言えばやっぱり子供生まれるみたいです。6月かな?どっかのインタビューで言ってた。
これでちゃんとお祝いできるね!…ってもおめでとうって心の中で言うだけだけど。

荒川選手はCOIに出ちゃうみたいです。
今COIには日本の方はもとより、アジア系の方いないみたいなんで、映えると思います。すごいな~。これでウィアーの言ってた日本で公演の可能性も出てきた、と言っても良いんですかね?楽しみだな~。
そして!これは大チャンスです。荒川さんからウィアーに働きかけて高橋に「髪を切って髭を剃れ」と言うように仕向けてくれないかなホントに(荒川さんから言ってもらうんじゃだめなんか…)!ジャパンオープンなんだあれ!写真見たら更に酷いことになってたじゃないかもう!
もうこうなったらアル・パチーノ呼ぶぞ!※またしてもフェイクネタ
でもアル・パチーノは髭しか注意してくれないからな~。

あとは、これ
もう何から突っ込んだらいいのか。まず見出しね!見出し間違ってるよね。足りてないよね。大事な人が足りてないよね。ま、いつものことですか?こういうの見ると脱力するね…。
それ以外は、ジョンの目が相変わらず本気です。カメラなど知ったこっちゃねーよ的な感じがとても素敵です。
アゴスト兄さん…いい表情してる中申し訳ないんですが…、ベルビンちゃんはライサの方向いてるため、心なしか寂しげに見えてしまうのは私だけかな?わたしだけですね。
それにしたって、ライサは美味しすぎだ!
サーシャの手にしっかり手を回し、かつベルビンちゃんまで!何その両手の花。何そのいい笑顔!(ライサはいつでも良い笑顔です)
ジョンも両手に花なんですが、彼にはひとりしか目に入ってないようなので突っ込みません。

ここからもうフィギュア関係ないんですが、嬉しいニュース。そうか~、トリノの後すごく晴れ晴れとしてたから、やめるかな、と思ったんだけど。違う意味で一つの答えが出たようですね。わたしとしては嬉しすぎる方向です!わ~い、嬉しい!
4年後なんて言ったらまだわからないけど、寺尾さんにどうしてもメダルを一つあげたいんだよな…何とかして。

そうそうW杯近いんですが、もう言いたいことありすぎるし、情報も多すぎるんでこれと言ってとりあげません。
ま、今までのニュースではそれほど嫌なのは出てこなかったかな。
ルーニーはW杯序盤は欠場みたいですが…何とか間に合うみたいだし。
イングランドが1次リーグ敗退なんておもしろいことにならなければ。多分大丈夫だけどね!
オーウェンも何とか間に合ったらしいし、アルゼンチン代表もまあ、まあ順当?ベテラン勢は残念だったけど、わたしの好きな選手入ったからまあ、いいです。
イタリアデルピエロ、トッティ、インザーギも入りましたね~。リッピ監督の言葉通り、カッサーノははずれました。
ま、確かにコンスタントに活躍してくれないと、W杯は1ヶ月で終わっちゃうからしかたないのかな…。やんちゃ坊主もこれ以上いらないし。

イタリア代表と言えば、ブッフォン…いやなニュースがめぐってるけど大丈夫なんでしょうか…。大丈夫であって欲しい!
セリエAも何だか降格とかそういう話で渦巻いてますね。何とかすべてうまく収まると良いんだけど。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

スポーツ TB:0 admin page top↑
だ~から、
2006 / 05 / 27 ( Sat ) 11:11:26
言ったじゃないですかアイドル歌手は映画に出ちゃダメって。
だいたいそういう映画は評価良くないって相場が決まってるんですよ。
たとえカメオだとしてもダメなものはダメです
というわけで今をときめくリンジー・ローハン主演『Just My Luck』がちょっと前に全米公開されました。
どうやら今年のラジー賞ノミネートが堅いらしいですよすでに!
リンジーは「フォーチュンクッキー」とか「ミーンガールズ」とか良作に出たかと思うと、たま~にとんでもない映画に出るからな~。
批評家の評読んでると身震いがします
話的にはおいしそうなんだけどな~。「ものすごく幸運に恵まれた女の子とものすごい不運の男性の、運が入れ替わる」って話です。
つまりものすごく不運なリンジーが見られるわけです。撮り方によっては非常においしいリンジーが撮れた筈なんですが…。
ま、でもこういうとんでもない映画に出るってのはリンジーが悪い訳じゃないんですがね。問題は彼女の魅力を1ミクロンも(ホントか?)表現できてないのもあるらしいです。
それはダメだ!こういう場合はむしろ開き直って、リンジーの魅力を引き出すためだけに終始すればまだ良かったんだと思うんですよ。
実際それで成功している映画も何本かあるわけで…。
と言うわけで興行収入的にも大失敗!
ま、リンジーは問題ないと思います。いくらでもこれから挽回できると思うし、そう言う場面も絶対にやってくるわけだし。
キッズあこがれのティーンエイジャーって地位は、まったくもって揺るがないわけだし。

心配なのは彼らです。サウンドトラックにも曲提供してる彼らですよ。
上記のアイドル歌手も彼らに掛かるよ。アイドルって言ったらファンに怒られちゃうかな。ま、でも人気的にはアイドルと言うことで!
こういうのはうまくいかないのが大体なんでそう言った意味では想定内だったけど。
(うまくいってたのはカメオだけど『アイドル・ハンズ』のTHE OFF SPRINGだ!ある意味でね、ある意味で笑)
いや~でも彼らはデビュー曲はえらいかわいかった!あ、今かわいくないって言ってるわけじゃなくって、この頃はも~何かきらっきらしてて眩しかったし、良い意味で軽い感じが非常にはじけてて良かったよね。批評家も褒めてたくらいだしね。今は大変みたいだけど。
ま、ほらグリーンデイだって昔は「お子様向け」なんて言われてたことだし、ビートルズだって最初は批判されてたんだからこれからどう化けるか判らないですよ。4,5年経って彼らがばりばりのロックとかやってたら面白い気もするんだけど。でもそうなったらデビュー当時に絶賛された部分が消えるけど
おねーさんとしてはかわいーこはいっぱいいるに越したことはないので(ひどい)、ぜひ頑張って欲しいところです。
いやな噂が聞こえないでもないですけど。
若い子達は解散早いからな~この映画が引き金にならなきゃ良いけどねえ。特に仲が良かったりするとダメになっちゃう確率高くないですか?
なんてファンに怒られそうな御託を並べるのはいい加減やめにして、とりあえずトレーラーもどうぞ

ところで前回のどうしようもない話題ですが、懐かしいニュースを漁ってたら見つけました。ほらな!落ちることもあるんだよ!と思ったんですが、読んだらベルトを取ったせいってだけでした。
やはりベルトか…。(どうでもいいって)

あ、あといますごいことになってるジャレッド。
え?これ誰?ってリンジーとジャレッドですけど?
え?どこにジャレッド?ってこれですけど。
ファン衝撃ですよね。わたしもこれジャレッドとリンジーゴシップで結構前に見たんですが、ゴシップとかもうどうでも良かったもん
でも、安心して下さい!これは役作りなので、きっと戻るはずです。
きっと…戻ると、思います。

それまではかわいかった頃のジャレッドを見て、心を和ませるのだ!
髭あってもかわいい。

『アレキサンダー』プレミアですね。コリンと並んでるとなんかもうすごかった。コリン濃すぎて…

細い…

えへ。

そんなジャレッドですが、また爆弾投下してます。このお茶目さんめ!…ていうかどこまで本当?全部嘘?
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
気がつくと
2006 / 05 / 25 ( Thu ) 04:01:21
間が空きますね。
めんどくさがりが顔を出してで、すね。
あと無駄な考えに脳を費やしてるからです。
最近は、日本ではあまり見なくなった男性の腰でズボンをはくファッションは、欧米では結構やってる人多い(ていうか股上が浅い?)んですが、俳優さんや歌手の皆さんもご多分に漏れず、…え~まあ、つまり有り体に言っちゃえば、パンチラしてるわけですが、あれはどこまで衣装なのか、についてもうここ1週間くらい考えています。(どうしようもない)
衣装のような気もするし、衣装にしては今ひとつ何か欠けるような気もするし…。
しかし、実際衣装だったら「はい、それでは今日のパンツこちらになりま~す」という会話が交わされてるのか…と思うと微妙な気持ちになります(本当にどうでもいい)。
ちなみに、検証用に前も繋げたジェイクを。これらの写真でも結構見えてる(見せてる)けども、どうなんでしょうねえ。
どうやって腰でとめてるのかも気になる…。何でいくら動いても引っ張っても落ちないのか、とか。むしろもう落ちねーかなみたいなね。(眠くて頭が)

なんてこと考えてる暇あるなら、既にメモすることすらしてない物事を書き留めたらどうか、とも思うんですがね。思ってるだけですね。

あ、あとイギリスのポップグループのインタビュー読んでたら、二十歳になった感想を聞かれてて、それについての答えが「そうなんだよ、もう年だよね~」とかで、思わず変な笑い声を夜中に出したりしています。近所迷惑バンザイ!最近年齢関係に敏感です。ま、あのセンシティブなお年頃なんで!(どの口が言うか)

そうだ、やっぱり「ダ・ヴィンチ・コード」は劇場で見るのやめようかな~と思いました。DVDでも充分かもしんない。
俳優陣もいまいち、という評価が多いみたいなので。イアン・マッケランは素晴らしいみたいですがね…。彼はサーの称号も冠してるほどの名優ですが、「ロード・オブ・ザ・リング」以来、どうにも顔を見るとガン爺…と呼んでしまうので、そのたびに自分でドキドキです。でも本当にガン爺は素晴らしかった!印象強いキャラを演じるとしばらくその俳優さんの名前をうっかりしますよね。
ダニエル・ラドクリフくんも今は知らない人はいないって感じですけど、「賢者の石」から「秘密の部屋」くらいまでは、すべて「ハリーの子」で通してましたね。ま、この子の場合名前…覚えにくいってのもあったんですが…。エマ・ワトソンはすぐ覚えたもんね…。

さて、ウィアーも好きな俳優エイドリアン・ブロディですが、わたしも意外に彼が好きでして…。彼はアメリカ人に珍しくスーツをスマートに着こなすので素敵ですよね(調べてないんで本当にアメリカ人かはいまいち確信もてないけど)。
イギリスで一番おしゃれな街とアメリカで一番おしゃれな街を比べたら、多分アメリカの方が洗練されてるんだろうなあ、と思います。
イギリスは良い意味で古さが漂う(クラシカルと言え)ので、洗練までいかないんですけど、アメリカにないノーブルさと何よりスーツの着こなしが本当にスマートで、そこに涎を垂らすんですが、同じ感覚をブロディにも持つんです。
でも、彼はいまいちわたし好みの映画に出てくれないので、困りものなんですが、気になるDVDが発売なんです、今日。これは…、買わなくてはならないでしょうか…。ものすっごく悩んでます。
あと、ビデオスルーになってたかと思った映画公開されました。
これ…、何かずっと前から言われてたし、昨年の8月にすでにパリの街中このポスターだったんで、日本ではだめだったのかな~と思ってたんですが違ったんですねえ。ま、パリでは「もののけ姫」のポスターも張ってあったんで関係なさそうですが。あとカカの破廉恥なポスター。
しかもお相手は今をときめくキーラ・ナイトレーだって言うので、本来ならこれは見に行くしかない!わけなんですが、一つ問題が。
わたし…ブロディ見るとたまに奇声出るんですよね。この変態な癖が治ったら見に行こうと思います。

そしてこちらも日本公開が危ういと噂のジェームズ・フランコの新作。題材はダ・ヴィンチ・コードでも話題沸騰(たぶん)の、聖杯伝説の一節「トリスタンとイズー」という超有名で今が旬な題材にもかかわらず、この扱いって言うのは…、もしかしてタイトルがまずかった…?明らかに二番煎じの香がするって…?そんな~、たまたまですよ!それにもしそうだとしても今ハリウッドが注目のジェームズ・フランコ主演なんだから、それだけで見所いっぱいじゃないですか~。
例えばもしかしなくても~ジェームズくんはクラシカル劇の映画初めてじゃないかな~?てことは、いままで見られなかった衣装のフランコが見られるって訳ですよ!
ほら、どうですか?得意の泣き演技を騎士衣装で憂いの表情で佇んでみたり、とか。
お色気シーンだって新鮮に映るよ。トリスタンとイズーなら間に剣置かなきゃだめだろ、とか、媚薬意味ないだろうとかは突っ込まない方向で。ほら、だって「トリスタンとイズー」を再現するならお色気シーンはいらないけどそしたら楽しくないじゃないですか。それにもうトリスタンとイズー元にしたコクトーの傑作「悲恋」があるからねえ(こちらは媚薬の意味もばっちり再現してます。ちょっとセリフが怪しいけど)。
ちなみにお相手。…………いまいち?と思ったけど、ちゃんとかわいかったんで安心した。きっと写真が悪かっただけだよね。写真は怖いですよね!
お口直しにまたお色気シーンを。お~素晴らしい表情!たまりませんな~。
どんどん行っちゃうよ!
もういっちょお色気シーンだ!!

……………!

あれ?
待って、落ち着いてみようか。深呼吸してもう一度見てみようか。
ホント、写真は怖いですよね!

どうだ、お色気シーン!!

……見間違えじゃ、な、い?
うん、どうやら見間違いではなさそうですね。
あれ~フランコと言ったら、ほそっこい体がチャームポイント(勝手に)じゃなかったですか?ほら、「DEAN」から始まって「スパイダーマン2」までマグワイアが羨ましがりそうな(まだそのネタを引っ張るのか…)細身が、ねえ!
役作りですかね…ちょっと驚きましたが、まあ合点がいきます。うん。

ただ、問題はこの写真を見て思い出すのは、どうしてもこれなんですわ
ああ、もうだめだ。もし日本で劇場公開あっても見に行けない。色んな意味で耐えられる自信がないよ、もう。プルのせいで倍率どん!だよ(言いがかり)。
もしこの作品が公開されなかった場合、その理由があの写真だったら(なわけない)わたしはどうしたらいいんですか(どうもしなくていいです)。

よし、こうなったら違う作品の写真で
う~ん、やっぱりかわいい~。しかもセーラーだなんてねえ!坊主頭ってのもまたいい!

かわいい、なっ?!

……ご、ご立派な胸板でございますわね……?
役作りですね、役作り。海軍兵学校の話だもんねえ。そりゃあ、ねえ。

……役作り、ですよね…?



このままマッチョ路線にいっちゃったらわたしはどうしたら。
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
わはは。
2006 / 05 / 21 ( Sun ) 21:44:42
不注意ですけど、ジャパンオープンの話ね、いつも通り見てないにもかかわらずだらだら書いたら、もう終わるってところで全部消えましてね!あはは。
もう一度書く気力がなかなか出ないんですが、一応少しだけ(と言って書き始めたら何とかならないだろうか…)

え~っと何から書いたらいいんですか?
とりあえず、先週ジャパンオープンが行われたわけですが、わたしはテレ東が入る地域に住んでないので、実家に住んでる弟に録らないと血の雨が降るぞと5回ほど脅しておいたので、多分録れてることと思います。
というわけで、実際の演技は見てないんですが、ちらほら入ってくる情報がおいしすぎて、見に行けば良かったと地団駄踏んで悔しがった次第です。

メンバーは男子は今が旬!(本田くんもある意味今が旬だよ←失礼です)な選手を揃えてる一方で、女子はこれからが楽しみ!という期待の若手を揃えてある意味バランスの取れた…?…バランス取れてますよね?日本のメンバーは反則にならないですよね?だって一応ほら期待の若手だし!

しかしこの大会はもう、シーズン終わってるにもかかわらず、普通の競技会通りのルールで行われると言うことで、非常に厳しいといえば、厳しいのですが、そこはお祭り!選手の皆さんとてもリラックスして楽しんでたようです。
お疲れだろうに、本当に嬉しいですね!

あ、バトルとサンデュは仲良さそうにしてたそうです。そりゃあ、そうですよねえ!同じ国だし、何より年齢も近いんだものね。見た目はともかく。…あ、これサンデュがどうのこうのじゃなくて、バトルの方ね。あいつベテランとは思えん。
ランビとヤグディンも仲良くしてたみたく、へ~と思わず斜めから感想を漏らしてしまいましたが、ま、そうですよね。誰々のコーチだったとか、もう、全然関係ないですよね。何より師弟関係も解消したことだし。え、誰の事って誰のことでしょうか…?
(だから、憶測で物言うのやめて貰えませんか)

男子は何度も言うように皆さんコンディションがばっちりじゃないにもかかわらず現役の方々は全員130点以上を出すという、さすがとしか言えない良い演技を見せて下さったようで!
1位は急遽来日にもかかわらずさすがの貫禄お化けモーターランビ!う~ん素晴らしい。王者の風格漂ってますねえ。そしてそのランビに僅差2位140点にのせた高橋!…高橋…?おま、えは、いつも、こうい、う、ときだ、け!!おっと取り乱しました。
もう本当にこういう時の力を普段から出せたらもっと上に行けるのに…って何年言い続けたら良いんですかとみんな思ってるよ笑。もうとにかくメンタルトレーニングね!頼みますよ。そういう精神的な弱さってのを克服した良い先輩が近くにいるんだから(もちろん本田くんさ~)、こつを教えてもらいなさい!笑
ヤグディンが来てくれたことも本当に嬉しいですね。しかも、日本という地で演じてくれたのは「仮面の男」。この事実が言葉では表せないくらいに嬉しいです。さすがヤグ様(四年前の民放にのってみる)判ってらっしゃる!!多少ふくらんでいようともやっぱりかっこいいし、とんでもなく素晴らしいスケーターです。

そーして、この事実に触れねばならないでしょう!
え~と、テレ東さんがフィギュアを放映するのは…、わたしが覚えてる限りだとソルトレイクのペアSP以来かな?なので慣れているとは言えないテレ東さんなので、一体どこを見本にするか、が非常に心配だったわけですが、そこはほらテレ東さんはむやみやたらと騒いだりしません。スポーツだからって羽目を外したりはしないので、なんか時間配分を間違えたりとか、呪文を唱えたりとか、無用なゲスト、とかはなかったようですね。まあ、それでも民放で時間枠もあって、しかも別に大きな大会というわけではないですから(半分お祭りなんで)ある程度のカットは仕方ないと思ってま………え?カットされたのサンデュただひとりなんですか?え?何これどういうこと?どんな反応すれば良いんですか?
わーい、他の選手はみんな見られてラッキー★……なんて思えるわけあるかー!!もーそれなら男子全部カットしてくれた方がまだ納得いくよ!あ、嘘です。カットされたら本当困りますけど。
それにしたってサンデュ。GPFチャンプだぞ!!日本では常に不遇なサンデュだけど…、これに懲りずに日本にまた来て下さると嬉しいです。
引退とか言わずに!もし引退しても歌手として来日果たして下さい。ていうか、引退しないで下さい(本音)。

女子は、もう何て言うの?才能の戦い?熟し切れてない果実の甘さ?
まだコントロールとか身に着けてないから、みなさん苦労したみたいですけど、そこは可憐さと活きの良さでカバー!本当に見ていて楽しい子達です。
そんななかでロシェットはなかなか調子よかったみたいで!
ていうか、ロシェット4回転練習してるんですか?ちょっと吃驚。確かに彼女は力強さ(体のことはないですよ)もあるけど、それ以上にしなやかさが前面に出てるから、そこまでだとは思わなかったよ。顔綺麗なのに力強いか~…。良いと思います。ほら、よく言うじゃないですか、ギャップは魅力って。
たとえば、男らしいのに甘いものが好き。男らしいのに女装も辞さない。完璧な軸を持ってるのにジャンプで転ぶ。格好いい顔していちいちプログラムがネタだ。かわいい顔して最強兵器だ等々…。ともかくこれからのロシェットに期待ですね!

日本メンバーですが、安藤さんが一皮むけたんじゃないかって言う声が多くて嬉しい!一歩ずつ進んだら絶対に4年後に結果は出ると思うので本当に頑張って欲しいです。写真でちらっと見たけど、体絞ったみたいですね~。素晴らしい素晴らしい。是非見習って欲しいです。誰とは言わないですけど。
そして日本の期待の若手にして、最終兵器にして最強兵器浅田真央ちゃんですが…、真央ちゃんは真央ちゃんでした。
あ、うんすみません。世界ジュニアでちょっと調子落としてるなんて言ってすみませんでした…と謝りたくなるくらいの出来だって事が、点数聞いただけで判るよ…。ほ、本田くん…!
そしてちょっと大人っぽくなってましたね(ニュースでちらっと見た)。これからはお姉さんと共に美人姉妹としても要注目ですね。

そんなわけで、いろいろあって日本が優勝しました。
他国からはるばるやってきてくれる皆さんは、本当に大変だと思いますけど、お祭りの一つとして不公平とか何だとかは脇にそっと押しのけて、ぜひ来年からも続けて欲しいですね。
だってほらキスクラとか、みんなで座るとかあり得ないし!

そうそう「英語でしゃべらナイト」も見たんでした。
村主さん…、本当に英語ぺらっぺら!すごーい。ま、そうだよね、だってそういう状況に身を置いてるんだし、なんて思ってたら、彼女はちゃんと努力をした結果、あの英語を身に着けたそうです。
環境を言い訳にして逃げてる自分に渇!!
井上さんとボールドウィンのペアも出てましたね~。普段はボールドウィンさんの方の一方的な愛ばかりが見えるカップルですが、今回は井上さんからの愛も見え、本当に素敵な関係だと言うことがわかりました。
問題はただ一つ、わたしの幸せな人を見ると呪いたくなる性質だけだな。しかし、ジョン…なんだかジョンのファンになってしまいそうです。ていうか、家にご飯を作りに来てくれ!

あ、村主さんが番組内で「コーエンがオーバータイツ返してくれない」って言ってましたが、たしかコーエンは誰に貸したか判らないって言ってたような言ってなかったような。エディもロシア系アメリカ人役で映画に出たこともありますが、実際に彼自身もロシア系だとどこかで見たような見てなかったような…。くらいに不確実ですが(判りにくい)。
とにかく、ものすごく感謝してることは確かなようなので、多分いえば返してくれると思うよ。のし付けて。

最後に女王ナフカに神さえもひれ伏す
人間界を遙か下に見下ろしてる彼に唯一勝てる人物発見。
さすがです。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

スポーツ TB:0 admin page top↑
映画めも
2006 / 05 / 20 ( Sat ) 21:52:51
『フリーマネー』話自体はよく判らないも、登場人物が間抜けでわたしは意外に楽しめちゃいました。双子はかわいいし、ダンナどもはアホだし、マーロン・ブランドは太いし。テンポも良くないんですけどね!笑

『シャークテイル』う~む。これはよくニモが引き合いに出されるけど…、まったく比べようがないですねえ。出演陣がとにかく豪華で、魚の造形も似てる!スコセッシも面白かった。アンジーよりもレネーがかわいかったなあ。

『好きと言えるまでの恋愛猶予』やっ、と、み、つけ、た!!なんかもー出てくる男性陣みんなかわいくてそれだけでいいわ…。
フランスらしい映画です。これ、60年代か70年代を描いてるんだけど、音楽とファッションがとにかくいい!これ高校生(多分)が主人公なんだけど、みんなすっげーの!てゆーかマチュー・シモネ、20代後半で高校生なの!!なんだそれ。体以外は高校生ばっちりだったよ…。
すっっっっごくフランスらしい映画。フランス映画と聞いて思い浮かべる典型的な話だと思うけどな。「メゾン・ド・ヒミコ」もここまでやっちゃえば良かったのに。あ、うそうそ。うそです。
終わりも結構好きですね。しかし、驚いたことに主役であるほどのふたりは全くと言っていいほど…、なんですね!

『父、帰る』気の強い弟!気の弱い兄!お兄ちゃんがどんどんかわいく見えてくる不思議。
ものすっごく好きな映画です。DVD買う!
キリスト教とか共産主義とかいろんな見方はありますけども、それをおいても素晴らしかった。
それにしても撮影後の事故…。どなたか書かれてましたが、不謹慎にもあまりにドラマチックすぎるシークエンスに、悲しみとショックと共にぞくっとした。

『スカイ・ハイ』見た見た!!サイッコーにかわいい映画でした!ディズニー、実写版最近好調だね!コンスタントに佳作を出してくる。『パール・ハーバー』は忘れてあげても良いかな笑。
CGとかやすっぽいんだけど、そこがいいの。出演者みんな楽しんでるのが判るし、それ以上に面白い!
よく考えられてる。服がまた画面に映えてて素敵だったなあ!よくあんんなに彩度の高い色をぶつけて喧嘩しないね。これもDVD欲しい。
DVDの特典映像に入ってたもう一つのオープニングも好きです。あれも素晴らしい!脇役がいいんだよね、この映画。脇役が良い映画は良い映画なんです。

『親指タイタニック』『親指ウォーズ』何となく見てしまった笑。つまんなくはなかったですよ。ここまで短いと!ああ、でもこれくらいにまとめられるのか?元の方も?と思わせたのは結構すごい笑。

『ファンタスティック4』ダースベイダーがいた…!いや、ホント、ホントだって!!
映画…やっべーこれやっべー!B級のノリだよ…それがいいよ!どこか間抜けな能力がそこはかとなく愛しいよ。傑作じゃないけど、ぜんぜん違うけど!使い古された手法だけど!そうなんだけど、続編超希望!!
こういう映画のが何度も見たくなったりしちゃったりするんだよ。言ってみれば『チャーリーズエンジェル』的な楽しみ方に似てるかも?
ところでクリス・エヴァンス…、『セルラー』の時もあれ、こいつかわいくない?と思ったけど、今回やっばい…本気でかわいかった!でかいのに!でもさ~最初とか服着る前にさ~ね~。しかもラストも結局一番寂しいのお前だしな!美味しいキャラだ。
雑記 TB:0 admin page top↑
最近
2006 / 05 / 19 ( Fri ) 01:28:39
わが家ではなかなかの数のクモを見かけます…というか殺生しています。
これは私に運命を受け入れろということなのでしょうかね?
わたしが、スパイダーマンになる日も近いのかもしれません。
体が重い(しつこい)彼にかわってスパイダーマン3に出ちゃうよ?出ちゃうよ?

まあ、そんな話はおいといて、ダ・ヴィンチ・コードが、ついに明日公開です!
全世界一斉公開ですが、まあ、時差とかなんだとかいろいろあって(適当)、多少のずれが出てくるわけです。批評家には先に見せるんでしたっけ?どうでしたか?
というわけで、カンヌ映画祭が先日始まり、そこで先行公開が行われました。
まあ、そういういろんな状況からあまりどういう仕上がりになったか、どういった評価かがとーんと入ってこないので、ここが一番の注目どころだったんですが…。
先行上映の反応はどうかな?

………っちょっ…!笑っちゃダメでしょ!なんぼなんでも失笑とかはまずいでしょ!
フランス全面協力でしょ(多分)!ルーヴル美術館まで貸した立場はどうなるんですか…!
ある程度は覚悟してたけどね…、内容に関して賛否が出てくるのは当然だと思うし、わたしが原作面白かったのは、そういう説があるって言うことも勿論謎解きみたいで面白かったんですが、それ以上にちゃんとエンターテイメントしてる部分が良かったわけで……
もしかして…、演出で失笑買ったんでしょうかね…?
この作品はセンセーショナルな内容過ぎて、本も映画もその媒体自体の正当な評価がなかなか出てこないんで、困ります。
わたしが知りたいのは、映画として面白いかどうなのか、なんですよ!
もしくはベタニーが主役を喰ってたかどうかなんですよ!!
…あ、本音出ちゃった。

わたし自身この映画を見に行くか悩んでまして、見たい理由の一つは大画面でダ・ヴィンチの絵について講釈してくれるところ(本読んでても、映像で見たい!っておもいましたもの)と、あともう一つはベタニーの主役を喰う様を大画面で見たいってところなんです。
だから、作品はダメでもいいから、ベタニーについて何か言ってくれ!
さすがに今回は無理ですかね?アメリカの良心じゃいささか分が悪いですよね…。見た目でも難しい…ハンクスのあの髪型では…
ああ、困った困った!

…と思ったら…?
オープニング公開の反応は、というと?

……あの~これ、本当におんなじ映画なんですか…?フィルム間違っちゃったんじゃないの?
もしくは、今回の審査委員長ウォン・カーウァイでしょ?
彼に倣って、編集間に合わなくて、先行上映は途中のヤツ出しちゃって、で、その日の夜徹夜で仕上げてオープニングに間に合わせたとか?(言いがかりです)

なんかこれらの反応もすべて作戦のような気がしてくるから油断ならない。
こうなったら明日以降の御覧になった方々のレビュー待ちだな…。

久々に画像あさりしてたら、エディの今のすごい状態の動画を見てしまって、ものごっついへこみました。
写真では何度も見てたんですが、動いてると倍率どん!で衝撃が来ますね…。ああ、大好きな俳優さんです。早く何とか、何とか復活して欲しい。彼は一体いつからここまでになってしまったのだろう、と年ごとにおってったんですが、旧世紀まで遡ってしまってまたまた偉い落ち込みました。おかしい…「マーダー・ネット」は2002年公開だから2000-2001に撮影してるはずなのに…。確かに多少目のした疲れてましたけど、そこまでじゃなかったのに。
何、CG加工?最近のCGはすごいですね。と、茶化しておくか!待ってるぜ!

あ、そういやガエガルくんも久々に見た、ら、
髪長い。

髪、伸びててん。
ここまで長いのは見たことないかも。ていうか、何だかサッカー選手のようだ。(あ、偏見偏見)

これはいい!

状況良くわかんないけど結構好き。
フィルムぶっちぎっちゃったの?なに?

お隣どなた?

あら、こちらのおひげの方どなた?
どこかで拝見したようなお顔してらっしゃるのね。

おや親友。

あら、ディエゴさんじゃありませんの!
「ターミナル」からこっち随分お髭が板についてきたんじゃありませんの?
お元気そうで嬉しいわ。

ところで、サント監督の新作はトム・ハンクスと組むんだそうですよ!
この監督も当たりはずれが多い気がする。スタンスは一緒なんだけど、取り上げる題材で評価が変わる。
大作はあまり好きじゃないですね~。大物とか捌ききれるのかいまだによく判らない。ほら、人間の心の機微とか、非常に繊細な感覚の持ち主だから、小品の方が光る気がするんだけどな~。だから、そればかり撮ってはくれまいか。わたしの趣味ですすみません。
ま、なのでカート・コバーン描いた「ラスト・デイズ」はちょっと楽しみ(DVD化が)。ニルヴァーナはあまり好きではないんですけど…。

テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画

映画のおはなし TB:0 admin page top↑
早々と
2006 / 05 / 17 ( Wed ) 03:08:16
アカデミー賞レースがスタートを切ってますよ。
普段はこんな時期から追うことはないんですが、何故ならタイトル原題でよう覚えられんからです…とは言いませ…
上記のことが理由からとか、数少ないすでに日本語タイトルがついてるからとか、ではありませんが、イーストウッドの噂の2つの作品は気になるところでしょう。とりあえず、第一弾、アメリカから見た方の『父親たちの星条旗』。これへの注目度が高いのは、当然ハリウッドが尊敬して止まないイーストウッドだからってのもありますが、何よりもハリウッドが注目する若手俳優が大挙して出てるってのが一番の要因でしょう。
ライアン・フィリップ(ペなんですか?←しつこい)、アダム・ビーチ、ビリー・エリオッ……え~ジェイミー・ベル、バリー・ペッパー、とざっと覚えている方々をあげるだけでも、ほらこんなに豪華!豪華ですよね?豪華だと言って!良いんです…少なくともわたしにとっては超豪華なんです…
いやいやでもハリウッドだって超注目ですよ。その証拠に今のとこ上記の4人全員オスカー有力候補だもの!!うははは。
前から書いてるとおり、わたしはライアン・フィリップ(ペなんですか?…もうここまで名前で)、バリー・ペッパーが好きでして、特にバリーについては例の大きな声では言えないゴールデンラズベリー賞の歴史的超大作『バトルフィールドアース』でさえも「一見の価値有り」と思ってしまうほどです。…いや、ある意味本当に一見の価値有りなんですけど。
でも長髪のバリーもなかなか通好みな感じがして、楽しいものです。
……?話ずれましたね。そうそ、それでこんなメンバーがたんまり出てるわけですから、一体誰が主役で誰が助演で、さえもよく判らない感じになってるんですが、その中でも助演男優賞なら「一番可能性あるのはバリー」っていう噂がまことしやかに流れてるそうです…!!
ちょっ、ま、もうあれじゃねえの?モテ期なんじゃないの?時代が来たんじゃないの?と小躍りしてます。
皆さん覚えておいた方がいいですよ。今年はバリーの年です。きっと何か起きます。

………とこの時期くらいは夢見させて下さい。
(実際どれほどの評価になってどれほどの規模の役なのかについても判ってないので本当に本当になったらいいなあ…)

他ですと…大体ノミニー囁かれるのは今の時期はほぼ同じメンバーなんですが…、特筆すべきはやっぱりロバート・ダウニー・ジュニアですかね!意外にノミニー堅そうですよ。勿論まだどう転ぶか判らないけど。
しかし、この人は演技は上手なんだよなあ…
あと『ポセイドン』と今懸命に日本で宣伝している『GOAL!』は惨敗に終わったそうです。道理で日本で宣伝頑張ってると思った。ま、後者の方はしかたないですね。アメリカでは。映画自体はそこまでいうほど酷い評価ではないみたいです。良くもないですけど。これ、ガエルとディエゴが出てたらどうなったんだろう…。

さ~ってサービス精神旺盛なのはいったいだれなんでしょうか。
1位はなんとジョニデ!彼はどれほど有名になっても何にも変わらないね。あるいはあえて変えようとしないのか。
これも驚くに値しないですね、ジョージ・クルーニー(アニキ!)は当然のこととして、最近は違う方面でお騒がせのトム・クルーズもファンに優しいことで有名ですね。今はファンへの優しさをちょっと取り違えちゃったみたいですけど。嫌いじゃないので(ていうか顔とか俳優としては好き嫌いおいといていい人だと思ってたので)早く前ほど、とまでいかなくてもある程度まで戻って欲しいものです。
で、一方、サインが嫌いな人ですが…。
言うより張った方が早いな。
キャメロン・ディアスや、ウィノナ・ライダーなどおなじみの人から、え、この人もそうなの?という人までいます。
いますけど、一番の注目は2位と4位ですね。ブルース・ウィリス(2位)、デミ・ムーア(4位)、こんなとこまで仲良くしなくたって!←?さすが元夫婦。価値観は一緒です。
あと驚いたっていうか、やっぱりなんだ~と落胆したのはトビーです。ほいほいサインしてくれそうだけどな~。
ま、あれですよねきっと体が重い時だったんですね。もうサインとか言う前に自分の体動かす方に一生懸命だったとか…(失礼です)。トビーも結構油断するとふっくらするタイプですよね。キアヌは勿論のこと(一部のファンの間では太ってる時はキアヌ・デーブスとか呼ばれてたり)、ジェイクも結構そうじゃないかと思う体つきですよね。

アイドル系はどっちのランクにも入らないところが、うまく立ち回ってるな~という感じです。ほどほどが一番ってよくわかってんだろうなあ事務所が。

あ、ちなみに…わたしがサインして欲しいのは(聞いてない)、俳優として好き嫌いとかはおいといて、ジョージ・クルーニーもそうですがジャック・ニコルソンかな~。サインもらうだけなのに楽しそう!絶対なんかしてくれる。
デイモンとリジィが上位なのは…、サインしてる姿を想像すると笑える…。あ、良い意味で良い意味で!なんか微笑ましい。

ジョニデは格好良いけどどうにもその髭にも注目しちゃうわけで。何?このファッションは正しいの正しくないの?正しい…やっぱそうでもない…?
わ!なんか最近の写真漁ってると在りし日の(つっても2004年だけど)ジョニデかわいい!って言うよりも、うん?何か足りない?て気になってくるから不思議です。これもジョニデの魅力なのだきっと。
あ、うそやっぱこっちが素敵。あり得ない若さ。個人的にはこれくらいで止まってくれると良かったかな。
ところで正しい髭の生やし方。
ちょっと目が虚ろだけど…

今は結構好きなトビーですが、好きになったきっかけはこの写真です。
なんていうか堤防が決壊したかのような衝撃が…。
同じトビーで同じといえどこっちはダメです。ま、それもこれも今は痩せたらしいですから言えるのです。そういや、婚約したらしいですね!例のお嬢さんと。逆玉…と呼ばれたりもしますけど、トビーもえっらい稼いでるだろうに…。すごい夫婦!

テーマ:なんとなく映画 - ジャンル:映画

映画のおはなし TB:0 admin page top↑
メモ代わりに失礼しま~す!
2006 / 05 / 14 ( Sun ) 02:28:53
題名のない音楽会

来週再来週ビデオ予約忘れないようにしなくては!
雑記 TB:0 admin page top↑
さて
2006 / 05 / 14 ( Sun ) 01:29:33
ジャパンオープンも明日に迫りましたね。さすがにもう日本にいらっしゃるであろう選手の皆さんを想像して涎垂らしてます。
ランビエールとバトルは一緒にご飯でも食べたかしら?とか、サンデュは仲間に入れてもらえたかな?とか。
(勝手に選手間の関係を独断で決定するのはやめてもらえませんか)
まったく世の中無常ばっかりだ!
そんな暗くなる出来事がが耳に入ってくる昨今、皆さんいかがお過ごしですか?
わたしは母の日のプレゼント代を、大好きなピアニストのコンサートに回したりしていました。去年は父の日が8月でしたが、今年は母の日が6月です。所詮世の中は無常です。自分ルールで何が悪い!と開き直りの精神で生きてますすみません。

あ、話ずれますが昨日は金曜ロードショーで『もののけ姫』をやっていました。あの映画はすごく好きですが、何度見てもあのどろどろを「どろどろ」と叫ぶ辺りに微笑ましくなってしまいます。他に何か言い様はないものか、とも思いますが。
あと「その首待てー!」にも、ここは笑うところか一瞬考えてしまいます。
……と、言うわけで(やっと本題)一つの物事を考えると、他のことが考えられなくなる貧しい脳みその持ち主のわたしは、スタジオジブリに踊らされて、すっかり村主さん出演の「英語でしゃべらナイト」を見逃しました…。前は毎週見てたんですが、今年から金曜日に番組を移してから、やはり脳みそが貧しくて、そんな情報がスッコーンと抜け、ぜんぜん見られてません。
世間の皆様も様々な諸事情により御覧になれなかった方々もいらっしゃることでしょう。世間で耳にする噂に口惜しい思いをされたかもしれません。わたしはハンカチを噛みしめました。

でも、大丈夫。神は簡単に見放されたりはしません。
再放送決定です。わたしはさっそく自分の手に油性ペンでメモをし、自分宛にグリーティングメールを送る、という万全の体勢を整えました。なんかもう、外からの力がないと、到底無理なんです。
にしても…村主さん働き過ぎです。大丈夫なんでしょうか?
あまりに過密スケジュールに驚きを隠せません。きっとメディアの皆さんもあの素敵なしゃべりに魅了されたんですね。わたしも大好きです。

フィギュアスケートに関わる問題でこのあたりと、このあたりを。
前者はアマの大会は金では動かんだろう…と、思いながらも何とかしようという姿勢が良いですね。まあ、アマはどんだけお金積まれても割に合わないとは思うのですけども。ていうか、どの競技もこのあたりが問題になりすぎる悩みはみんな一緒人類皆兄弟です。関係ないけどCOIのチケットが地域によっては余りすぎで中止になる…というのは本当ですか。この贅沢ものめ!ちょっ…おまっ…それ本当なら回してくれよ、本当に。ま、回してもらっても行けないんですが、これは見ようと思えばいつでも見られる余裕なんでしょうかね。パ主催の試合が寂しいことになってるのと同じ現象と言えるのでしょうか(言えないと思います)。
で、後者の方ですが、これは誰もが思ってて誰もが問題だと思ってるんですが、それをはっきり誰かが指摘する環境さえも整っていなかった、と言う事実が如実に表れてると思います。
少しずつでも良い環境になるように祈るばかりです。とりあえず本田くんには良い環境になりました。ぜったいし●たさん、本田にやたら冷たかったと思うんですけど…

このあたりが五輪の名残り。お疲れ様でしたゆっくり休んで下さいね。五輪の象徴的な出来事でもあります。やはりオリンピックは良くも悪くも大きな大会すぎる。

サッカー界も暗い話題ばっかりだ!
これ…はどこまで本気?
こ、これ、はどこまで本当?ブッフォン…!
前者はともかく後者はシャレにならないんですけど…。

さて、気持ちも暗くなったところで…、
誰か…って言うかジョニー(特定)、元気を分けてくれ!
あ、すっごい急浮上。ツンドラ地帯から一気に南米エクアドルに行ったような気分。もうなんか世界一周したみたいな幸せな気分有り難うございました。
ジョニーのかわいいスカーフの巻き方は言うまでもないですが、何と言っても1枚目、バックに映る豪華なメンバーはさることながら、特筆すべきはアゴスト兄さんの華麗なカメラ目線でしょうか。さすが、色男。カメラは逃しません。これで何人の女性を殺したことでしょう。
って、ベルビンちゃん(だよね?)とライサお隣さん?美男美女だー!!すごいもう口と言わず目から涎が出るわ!例えばこのふたりがアイスダンスのカップルだったら見た目ホントパーフェクトだと思うんですが、残念ながら(?)ベルアゴはベルアゴだから素晴らしいんですよね!このカップルも本当好きだ!

そして…ジョニーの腹ちらを拝みつつ…、3,4枚目の可愛さに悶絶!ジョニー(このジョニーはかっこいいね!)もさることながら、スルツカヤのかわいいことかわいいこと!!さすがミセス・ビューティー!嫌みでも皮肉でもなく20代後半には到底見えない…。
もう、あれだ、チェブラーシカより余程かわいい。わたしも是非誕生日にチェブラーシカ欲しかったところですが(笑)、もうむしろ君たちが欲しいよ…と変態臭いことを言わずにはいられません。
今回もおいしすぎる写真ばかりで本当に嬉しいです。ジョニーのテクニックに毎度毎度酔わされすぎです笑。

そういや、バトルのサイト、織田くんと高橋が言ってたことが判る写真(下の方のリュック背負ってるヤツ4枚組)がトップにずっとありますね。こりゃあかわいいわ!笑 これもきっと作戦だ…!(違います)

カメラ目線で日本語しゃべるよ。
これいつのだ?見たような見てないような…、オリンピック中継のかな?ていうか、ま、その二の腕も気になるとこですが…、笑い方が誰かに似てて似てて仕方がない…。多分ハリウッド俳優の誰か。気になる…。

そしてたった一つのクリップ内で落としておいてあげるのだ!中間部分、見ててすっごく落ち込みます。
その悲しい中での妖精はコストナーちゃんの残念がり方!か、かわいすぎる…!ラストは一気に上昇気流に乗ってどこまでも行けそうになる素敵な編集です。途中のズーリンに翻弄されつつ…。それにしてもどうしてヴァン・デル・ペレンはこんなに好感度高い選手なんだろう!ちゃんとコストナーちゃんとランビは並ぶという小技も利いてるヨ!

それから真偽のほどは定かではありませんが、プルシェンコがパパになるとか(!)。もし本当ならこれほどおめでたいことはないですね!
よく、子どもが覚えていられるまでは競技を続けたいという選手が、競技問わずたくさんいらっしゃいます。是非プルシェンコも、競技大会での他を超越した演技は勿論のこと、肉襦袢女装早替えなどなどを続けて欲しいものです。

最後に…西武ライオンズも落としておいて一気にあげるとんだテクニシャンです。年甲斐もなく取り乱し、大変申し訳ありませんでしたアパートの住人の皆さん。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

スポーツ TB:0 admin page top↑
映画とか他
2006 / 05 / 12 ( Fri ) 02:05:31
そうそうこの間噂のこれの第一話見ました。
24もそうでしたが、第一話っていうのは本当に面白いですねえ。
おかげで危うくDVD買うとこだったじゃないの!
1000円以下なら安いからいいかな~と思ったんだけど、落ち着いて考えたらレンタルで、新作でも3本借りられるってことに気付いて良かった…!怖い怖い業界怖い。騙されないぞ…。見るけども。
で、この作品の良いところは主役の俳優さんが小憎たらしい感じの美形なので、目にも楽しい。
ていうか、どっかで見たと思ったんですが、そんなこともなかった。で、お兄さん役のドミニク・パーセルさんもどっかで見たことあって、ずーっと見つめながら考えたら、ニコラス・ケイジに表情の作り方が似てるんだ!と気付いた。
けどフィルモグラフィー見ると、いろいろ見たことがあったのでした。
しかしこれ、兄弟ものって言うのがいいわ~。無条件に弱いんでのせられること請け合い。うまいじゃないか、このやろう!笑

あ~あとこれ借りたかったのに、やっとこれ置いてあるレンタル店見つけてわざわざ行ったのに(遠い)借りられててショックだった…。おかしい、アマゾンで売り上げ最下位なのに…(釈ちゃんに完敗だぜ!)
あとアマゾンにもひっかからないこれ。探し方がへたなんですかね?
で、これ、ものすっごく色物っぽくて見てみたい笑。W杯合わせかなんか知りませんが、アマゾンにもひっかからないこれなのにレンタルビデオ店にはみんな入ってる。上記の映画がレンタルされてたのでこれ借りてみようかと思ったらこれもみんなレンタルされて・た!どんな人気?
内容は…アタックナンバーハーフ?ま、タイトルからも判るとおりです笑。

そうそうトム・クルーズ人気回復失敗?これ。
ジョナサン足りない…と思って、このトレーラー見たんですが、え?ちょっ…?映ってなくない?
とりあえず人間の目で確認できる姿はなかったんですけど…。批評家はシリーズ中最高!という好感触ですが…、演技の方はフィリップ・シーモア・ホフマンに評価集中!…あれ?この映画にジョナサン本当に出てんのかな…と心配になったくらい彼の話にならないよ~。チラシには一応ちらりといたけども。う~んでも、クレジットも下の方だしあまり出ないと考えた方がいいのかな~。

あ、あとイライジャの新作。
この写真見て、一瞬「ピーター・パーカー…?」とか思ったりもしたんだけど、公式サイト見るとそれ以上だ!!
でも原作はすっごく面白いらしいですね。見に行こうか悩む…。
ま、多分わたしが住んでるとこには来ないから心配ないか。

おまけにリュック・ベッソン引退か!
あれ、じゃあTaxiシリーズ終わったの?あの吹っ切れたふざけた感じが意外に好ましい映画なのに。

で、このジェイクかわいい。
真相はいかに?!笑

もう一個ジェイク。グラビア…すごいな…。あれ…この人は写真の方が魅力的な人かもしれないってくらいに良い写真が多いな~。

ついでに何でユアンの方の「Your song」?というオーリ。
この二人なんか共演したっけか…。あ、『ブラックホークダウン』?『ブラックホークダウン』か!(関係ない)
今のオーリもかっこいいですけど、こう見ると、あのなんかきゅるきゅるしてた時代を再び!とも思いますね~。
かわいい~よ~。あまり変わってないと思ってたけど、並べられるとやっぱちょっと変わったな~と実感する。
あ、『エリザベスタウン』見たくなってきた!映画館では見そびれたので…今度借りてこよう。あれは比較的きゅるきゅるしてそうだ!笑
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
いろいろと
2006 / 05 / 12 ( Fri ) 00:21:24
スポーツの世界も様々なニュースが飛び込んできます。
交流戦も何も絶不調5連敗の西武ですが…。まあ、気を取り直して。(あれ、一ヶ月くらい前5連勝ありがとうとかいってませんでしたか?)(…忘れたい…)
一場くんも4連敗ですが、キニシナーイ。うぅう…

あ、そうそう石井選手おめでとうございます~
いろいろ、ホントいろいろあったけど良かったと思います。嬉しいです。
なんか最近当たり年ですね。名球会入りが(ま、本当は権利取得だけなんですが)。
このままこの波に乗って桑田も続いて欲しいんですが…。

3週間くらい前の話ですが、ヤクルトメガネデーは楽しそうでしたね。とても良い試みだと思います。
まずね…地元に認められないとね…。
本拠地東京なのは巨人だけじゃないぞ!と。
それどころかヤクルトは応援歌東京音頭だぞ!と…。
つば九郎がかわいいんで、ヤクルトは応援してるんですが。
うそうそ、若松さんが好きだったんですよ!

あといまさらAIR MIX見ました。今年は岐阜だったんですね~。
ボーダー達がコース整備から何から全部やる、と言う甲子園みたいなシステムがウリの面白い大会です。
でもそんな素晴らしい試みから集まるのは一般エントリーとゲストボーダー、基本的に国内選手のみなので、ちょっっとだけバカにしながら見てたんですが、5分後にはまたパソコンの前で土下座をするはめになりました。すみませんでした。
思った以上に面白かったです。ていうか、一般参加者の方々もすんばらしいんですけど、あの人達本当にプロじゃないの?素晴らしかったです。
優勝はソルトレーク、そしてこないだのトリノと二大会連続オリンピック出場選手の中井くんでした。すべて通して大きな失敗ない安定感(でもちゃんと大技!)だったので、文句なしだったかも!

え~っとそれからいつの間にかサッカーW杯が近いんですが、こないだの日本VSブルガリアを見る限り、日本大丈夫なのかちょっと不安がよぎりました。ブルガリアに適わなかったのは、ヨーグルトと虫歯なし率(そんなCMなかったでしたっけ?)と相撲だけじゃなかった!(※相撲は日本の国技ですよー)
小野くん心配だったんですが、彼は良かったですねえ。ただ、ジーコ監督はあんまり小野くん好きじゃないですよね。まさか、トルシエが育てたから…?
それと、ヒデを巡るいざこざ騒動。一回退団とか出てましたよね?どうなったんでしょうどうなるんでしょう。

海外の方もいろいろショックな出来事が…。
いや、わたしはそっちの賭けよりも、こっちの賭けの方が…ルーニールーニー…。
ルーニー間に合うかな…
でも、2002年のベッカムの時もダメだろうなーと思ったら、間に合ったので、何とかその奇跡を再び…!!

スウェーデン…あ~びっくりした!スベンソンいた!良かった、テクニシャン!

それからアルゼンチン代表もなんだか心配?
おおぅ?何か、色々おとしてませんかー監督ー!
少なくとも(わたしが好きな)アイマールとサビオラはどうして入れないのかなー。あれか?スペイン合宿だから、すぐ呼べるからかな?
そうだよね、サビオラセビージャにレンタルで、スペインに戻ってきたし!(ああ…クライファートとの2トップが大好きだったのに…もうふたりともバルサにいないよ…)

ってFWサビオラーサビオラー!逆にアイマールがスタメンに入ってない。またか。ていうかアイマールはやさしい。
しかし、ダレッサンドロといいテベスといい…、アルゼンチンの若手は小さい子が多いですね。ラテン系はもともとそんなに身長高くないんですけど(日本代表の平均身長の方がアルゼンチン代表の平均身長の方が低かったりする)

これはきっと悪夢に違いない…

こっちも悪夢。シェヴァ…公私ともに絶好調かと思ったら大事なところでこんなことが…。

さらに悲しいニュース。
うふふふ…

なんとか最後に良いニュース。
いやほんと良かった!一次はW杯絶望って言われたからさ。やっぱイタリア代表はバカ王子がいないと!

いや、これも嬉しいニュースなんだけど…、サンタクルス結婚してたなんて知らなかったよ!びっくりした。

あと、イタリア代表に例の男が呼ばれました。
やっぱり彼がいると嬉しいですね!ぜひドイツの地でもあの執念深い、泥臭いゴールが見たいですね。
スポーツ TB:0 admin page top↑
映画メモ
2006 / 05 / 11 ( Thu ) 18:03:34
『シュレック』お姫様かわいかった!キャメロン・ディアスは結構ぴったりな感じでしたよ~。あの頑張っても慎ましやかなお姫様にはどうしたってなりきれない感じが。
あと、エディ・マーフィー…、ひとり勝ちだと思う。本当に。
曲も良かった!特にお姫様がひとりで歌う曲。ちょっと変わった旋律で印象的。話も面白い観点だけど、アニメだから(アニメでしか難しいテーマなんだけど…)さらっと書かれてるので、それが良い点でもあり残念な点でもあるかな。説教臭くなるよりは余程良いけど!

『A.I』やっと見た~!お金出すまでもないかな~と思ってて悩みすぎた…。何故か駄作だ!と思いこんでて、期待してなかったせいか思ったよりもずっと良かった。これも…難しいテーマなんで、こんなテーマ選ばれちゃうとどうしようもない。結局すべて偽物なわけでそれをどこまでその「偽物」からはみ出せるか、そしてそのはみ出た部分を観客に納得させられるかが勝負だったと思うけど。
ともかくジュード・ロウは良かったです。彼の冷たいマネキン的な美貌が生きたね!
…あと、関係ないんですけど、「スプラッタ・フェア」かなんかの会場から抜け出す際、ゲート超えたところでジュードが、オスメントくんに手を伸ばすところにきゅんきゅんきすぎてどうしようかと思った…。

『トレインスポッティング』リピ:懐かしくなってDVDを引っ張り出した!たまに見たくなるよね~この作品。
ユアンがかわいい…。っていうか、どうしてレントンは「レント・ボーイ」って呼ばれるの許してるんだろうか…。怖いから?笑
それとも事実だから?いや、これはないか。

『容疑者』つまんなそーで、ジェームズ・フランコ出てたにも関わらず見てなかったけど、足りなくなったんで見ました。
飽きることはないけど…、一番大事な親子の絆が…、特にデ・ニーロ演じる父親側に息子への愛を感じられなかったのが大問題だと思うんですが…。ラストの掛け合いは何だかんだ言って良かったけど。
う~ん雰囲気はなかなかだっただけにもったいない!にしてもこの映画に出てくる若者がみんなどうしようもなさすぎて…。
フランコは泣きの演技がいいね。ディーン系役者の特徴(また勝手に…)でもあるね。
あ、あとラスト近くでデ・ニーロがカフェ?に怒鳴り込んだ時に画面の端に映っているプラチナ・ブロンドの青年がかわいかった。驚き方もラブリーでした。ものの2分間ですけど。

『ガタカ』リピ:この映画は夜中に突然見たくなる…。雰囲気が良い映画って言うのはこういう映画のことだ!というお手本のような映画。
役者も演出も何もかもがいい。
ラストのエンドロールはG.A.T.Cだけに色を付けるこだわりも素敵。一つもつかない名前は3人でした(数えたのかよ)。遺伝子ないって事になりはしないか?しないか。

『ロード・オブ・ザ・リング』リピ:久々に(っつっても半年くらい?)見返したらあまりの面白さに目眩がした。何度見ても傑作はやっぱり傑作だね!

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』リピ:あ~レンタル半額に負けて借りてきてしまったよ…。こういうお金をまわせばDVDを買えるって!セドリックはかわいい男だ…。<ネタばれ>何度見ても死ぬシーンはショック。もう出てこないかと思うと残念でならない。</ネタばれ>
つい最近原作読んだのですが、あれ映画化するの難しすぎるよね?原作ファンが映画に怒る理由もよく判ります。あれを求められたら。いや~映画よくまとめたわ~。

『メゾン・ド・ヒミコ』友人が大絶賛してたんで(オダジョーを)借りてみました。うん、オダジョーはすっばらしかった!すっげ美しかった。…でもオダジョーがすばらしかっただけかな?笑
いや、それだけじゃないんだけど…、雰囲気もなかなか良かったんですが、これゲイを描いた映画じゃないじゃん。テーマとか伝えたいことは判るけどそれならちゃんと描くべきだと思うんだけど。な~んかホームの人達含め(それはオダジョーまでも←いや、オダジョー自身はよく演技で表現してたけど演出と脚本が…)表面的な描写に終始してしまうからいまいち伝わってこない。
あと、これは小説にも映画にも言えるけど、全部セリフで「性」を匂わすのがよくない。
逃げられないって事が判ってるのかとも思うんだけど、それならちゃんと映像で見せてもらわないと。上滑りしてしまうって(あ~…オダジョーのあの名シーンが…!)。
それならどうせなら全部切っても良かったんではないですかね?外堀から埋めよう(小学生とかいろいろ)とするから遠回りになっちゃうし。
その大前提の設定を忘れて見るなら、それなりに楽しめるかもしれない。で、脚本女性です。うん。やっぱりな。
批判ばっかになったけど、見終わった後はなかなか。なんかいいと思わせてくれる。ラストは読めすぎるけど…。なのでもったいなとしか言えないです。もったいない。
雑記 TB:0 admin page top↑
あ、そうそう
2006 / 05 / 11 ( Thu ) 02:42:06
ジブリ最新作ゲド戦記。
もうそろそろ公開が迫ってきましたね~。テレビでも主題歌が聞こえてきます。と思ったらあれ、挿入歌らしいです。

『ゲド戦記』といったら、もう超有名な、伝説的な作品です。私的にはエンデの『はてしない物語』と並ぶくらいに衝撃的な内容だと思います。まあ、それをジブリが映画化するって言うんだから、期待してしまうってものです。
…が同時に不安があるわけです。一つは『チャーリーとチョコレート工場』と同じ種類の不安。昔読んだ作品って言うのは自分のなかで勝手にイメージが固まってしまうもので、それが大きなハードル。
あと一つはあのスタジオジブリですので、どのような脚色を加えてくるか。

という視点から見ると…、一つ目はみーごーとーに的中でした。も、全然違って寧ろ面白い。アレンが世界名作劇場に出てきそうなのはまだいいんですよ。ショックはショックでしたが…
ゲド、ゲドが…!うそうそゲドうそ!だってこれめっちゃ強そうじゃないか。どう見ても小男に見えないんだけど、もしや画面上だとギムリみたいになってるんだろうか…。

まあ、わたしが考えてた世界観からして全然違うので、比べようもないですけども!

あ、それとこれ第三部を映画化したんですよね?テルーが出てくるんですねえ。しかもかなり大きな役っぽい。原作では三部では出てこなかったような気がする。三部と四部くっつけたのかと思ったんだけど、年齢が全然違うよね、これ。なんかアレンと一悶着ありそうな…ていうかアレン…やたら幼くないか?
国王と王妃が出てくる辺り、小さい頃の設定のアレンかもしれないですけども。
ていうかこのアレンのデザイン(顔かたち)、わたしが想像してた一部の頃のゲドに比較的近くて面白い。

ストーリーを変えたり、キャラクターの造形も、原作を参考にもしてないんじゃないかっていうくらいに、1から作り上げるジブリですから(そしてそれで成功するんだから)、心配はしてないですけど、今回は映画化を今まで許さなかった原作者のル=グィンの存在が少々気になりますね。

運命の公開日は7月とだけ。おそらく夏休み合わせになることでしょう。どういう結果になろうともちろん見に行きます。
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
寂しくなるね…
2006 / 05 / 08 ( Mon ) 03:19:44
GWも終わりましたね。
世間の皆様は楽しまれたでしょうか?
最終日わたしは何をしていたかというと、フィギュア界にとどまらずもう左を向いても右を向いても何してても彼、なのでちょっと世間に便乗してみようか、とレンタルしてきた次第です。
実際はかなり斜に構えた感じで、「You're beautiful」は確かに傑作だけど、そんな大騒ぎする必要あるのかな~というスタンスでした。
まあ、元々わたしは最新情報ってのには疎い方で、彼のこともランビのEXで知ったくらいで、しかも「ちょっと前っぽい曲使ってるのかな~?」って印象だったので…、まさかこんな新しい人だとは思いもしませんでした。
で、聞いてみたら、殊の外良くて特に「Good bye my lover」が素晴らしかったので、思わず「今までのことすいませんでした!」とパソコンに向かって土下座したりしていました。
それにしても、この曲をランビはよく口ずさみながら踊ってるので、それは「一体誰に向けてのものだ!(もちろん特定した上で)」と一部では大騒ぎになってましたけど、これ歌詞「昔の恋人と地下鉄で偶然会った」っていう内容なんですよね…。
これをトリノで口ずさんでいたランビエール…と思うとなかなか感慨深いものがあります。
ていうかもし本当にオリンピックのために別れたんならオリンピック終わったんだからまた付き合えばいいのに…とか思うんですけど。そう簡単にもいかないですよね。というか本当に別れたのか~?

あとバトルのEXの「アヴェ・マリア」…グノー/バッハ版と勘違いしてました。だって似てんだもんよ…。
グノー/バッハ版は散々弾いた過去がありますけどね。そんなGW。

そんなことはおいといて、ついに…、荒川さん引退です。
判っていたこと、とは言え…、やっぱり寂しいですね~。
それから少し前にはかつてウィアーも尊敬していた(かつてってのはどういうことだ!今は違うのか?!←一時期公式サイトに載ってたんです)ティモシー・ゲーブルも引退を宣言。これからは大学にも行きたいって言ってるので、夢のハーバード医学部を目指すのかな~。高校の友人は(本田くんのファンでもあったので)ゲーブルあまり好きではありませんでしたが、わたしは(本田くんのファンでもありましたが)彼のことがかなり好きでした。演技も、そして特に人柄が。4回転の繊細な美しさは彼だけのものですね。お疲れ様でした。
そして…、ちょっとだけ望みを掛けていたデュブレイユ・ロウゾン組も引退してしまいました…。
こういうニュースが駆けめぐる辺りが、オフシーズンぽさでもありますね…。

ま、こういう悲しいニュースがあれば楽しい情報もあるわけで!

あれは、本番のためにわざとだ!という証拠(上から4枚目)

え…、ちょっ…ジョニーどうしちゃったの?
コラかとまで思ってしまいましたよ。ていうか、本当に本人かどうか疑ったものです…(過去形)。きっとこれが噂のエルニーニョ現象かなんかの影響でしょう。もしくは時空の乱れかなんかです。科学の落とし穴とでもいうべきか。

と、落としておいてからあげるのだ!
あ~良かった安心した。危うくパソコン壊すとこだったよ。すごい代償はらうとこだったよ大きすぎるよ代償が。
も~まるで百戦錬磨の恋愛の達人みたいなテクニックだよね参るよほんと。
さすがテクニシャン好きなだけあります。

それから…MTVのショッピングのやつ。
靴に注目してくれよ靴に(しつこい)。

あと短いんですけど…、前のショッピング動画
こっちの格好のほうが男の子っぽいかも。サングラスが時折カチュ…あ、いえ、嘘です。
え~っと、こっちのはレジ及び計算機に注目だよね!そのモニタが示す数字は何なのか貧乏人は聞きたいような聞きたくないような。
多分銀河系に存在する星の数とかそんなんだと思います。

それから、昨日のバトルとウィアーで「素地が違う」って書いたことを説明してくれそうなバトルの演技
未だうまく説明できないですけど、バトルは多分オリジナルはこっちの方だと思います。
彼のスケーティング技術はクラシカルなものにとてつもなく合いますが、そういう話とはまた別の次元で。
にしても、どうしてあのライトの中サングラスでジャンプ跳べるんでしょうね~。もう目が掌にもついているとかじゃないと納得できない。あと最初の奇術はすごく吃驚した。何これまさかプロデューステンコーさんですか?笑

それと全然関係ないんですけど、「You're Beautiful」のプロモ
これブラントがどんどん脱いでくんだけど、一体どこまで脱ぐのかがものすごいスリルなんですよ。1番終わる頃にはもう上半身裸なもので…、2番は一体どこを脱ぐの?え?上半身終わったらまさか…!なんて想像はしてもないですよ?そんな、ね!
しかしラスト…は、やっぱりそういう”計画”だったってことになっちゃうんですかね?確かに途中から嫌な予感してましたけど。
不謹慎にもちょっとこのプロモを振り付けの時に参考にすればいいのに…。と思ったこともなくはないような気がしないでもないですよけどしてないですよたぶん!(すごい動揺)

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

スポーツ TB:0 admin page top↑
ジョニーのジャーナルとQ&Aと他
2006 / 05 / 07 ( Sun ) 07:42:24
今日でGWも終わるってのに、徹夜で画像あさりしてました。
海外サイトってどうしても多少の英語と格闘しなくちゃならないんで、やる気になった時にまとめて読まないと逃げちゃうんですよね~
なのでおまけにジョニーのジャーナルとQ&Aも読んできました。
今回も長い長い!笑 ファンとしては嬉しいけど、読むの疲れるわ~字が小さくて…。
海外のサイト覗いてるとそれぞれどれくらい人気が何となく判って、ちょっとドキドキしますね。ヨーロッパでランビとジュベは結構人気ですね。あとティムもかなり人気で嬉しいし、プルはいうまでもなく。で、意外にバトルはまだあまりファンがついていない感じ。日本は熱狂的なのに!(もしかしてこの辺りも彼の日本好きの要因の一つなのかな?)
そしてウィアーはなんつーかすごかった。と、思う。いや、すごかった…。やっぱすごいね、彼は。

そうそう一週間後に迫ったジャパンオープンですが、メンバー変わりましたね~。噂によるとちょっと前までジュベールは来るって言ってたみたいなので、本当に急遽ってことになったらしいです。何があったんでしょうね…?怪我とかじゃなければいいんですけど!
にしても、出場選手紹介…、他の選手はまあ良いとしてランビがちょっとかわいそう…現世界王者でむしろ一番の目玉なのに「現在最も世界で安定している男子スケーター」だけって。
もっとなんか他に言うことはないのかー!!どう考えても世界王者に対する紹介じゃないですよね…ああ、不憫だ…。
と、ちょっとテレ東に対して文句言いたくなってたんですが、サンデュの紹介を見てそんな気持ちは吹っ飛びましたね!

「バレエ出身のエキゾチックなダンスで翻弄」

ああ!テレ東さん(てか作った人)は判ってらっしゃる!
そうそう、サンデュは「魅了」ではないんですよ、「翻弄」なんですよ!台風の目っていうか台風起こしちゃう方なんですよ!なんとか実家の方に頼んでビデオ録ってもらわなくては!

さて、最近のジョニーですが、まずはMTVの方から。あれもなかなかおいしい映像ですよね~。英語が聞き取りやすいので、苦手な人でも多分かなり聞き取れるんじゃないかな?(わたしが聞き取れたくらいなので)
彼の服の趣味は知ってましたけど…、やっぱかわ…あ、いや、その…素敵ですよね~…。わたしの友人(もちろん女)がしてた格好に似てるけども
ていうか、ある意味リンク上よりも輝いてたな~。今回はわたしはどっちかっていうとJustinの方に釘付けでしたけど。
あと、靴。思わず巻き戻してみたもの。
これ見た次の日あたりにジョニーのフォーラムに行ってみたら靴の画像をキャプってる人がいて、爆笑しました。
やっぱみんな考えることは国は違っても一緒なのかな、と彼の靴は文化の壁を乗り越えた気にさせてくれました。

ジャーナルの方はまた彼らしい直接的な物言いで、また物議を醸しそうですけど、それもまたご愛敬。WorldsのSP、サンデュより順位が後になったことは理解できない。だって彼は転んだのに!
っていってるのが印象的でした笑。これだけだとどういうことだ、って感じですけど、その後も読めば大分印象が違います。ウィアーも新採点反対派ですよね。だって不可解だものねえやっぱり。
WorldsのSPどうだったかというと、サンデュは確かに転びましたがそれ以外は非常に良かった。点数も78点代で、単純に転んだ分を足すと82点代だったってことにもなるくらい評価が高かったです。これが新採点方式の不透明な部分ですね。サンデュのSPは本当に素晴らしかったんですが、「印象」という点で考えたらどうなるか、っていうことです。「印象」っていうのは「精神的」にってことですよね。
大事な部分です、ものすごく。
ま、わたしはジョニーのそういう風に不可解だったところは不可解だってちゃんと言える部分もまた素晴らしいと思ってるので、良かったと思います。
ジャーナル自体はその後今シーズンの予定などを書いてくれてます。最後は前向きな感じなので、これからの彼に期待!ってところかな。

それとQ&Aがまたまた更新されてました。あまりに長かったので面白そうなとこだけ読んでました。
やっぱウィアーは高橋の滑り好きなんですね~。今度会ったら「キミは素晴らしいスケーターだけど髪を切ったらもっといいとおもうよ」と言って欲しい。もしくはアル・パチーノを呼ぶか(『フェイク』ネタが昔はやりましてね~)
面白いことにジュベールとライサについてどう思ってるか、と聞いたファンがいてそれどころか、ライサに関しては「嫌いなの?」とすごい直接的でこっちが度肝を抜かされた(とか言いながら手は揉み手でしたよすいません)。
「ライサのことは尊敬してる。彼は良いスケーターだし、かなり良いヤツだ。けど、ライバルでもあるから彼の親友だとは言えないな(超意訳)」と、どっかの誰かさん達(例のあの二人です)が言ってたようなことを言ってました。ま、そういうしかないよね。真実がどうあれ。あ、でももちろん普通に仲良いみたいですよ。いろいろなエピソードも聞くし。親友とまではいかないけど、普通の友達って感じですかね。親友となると、大会とかのライバル関係とかいろいろな問題がでてくるから、どうにも複雑になってしまうんでしょう。ウィアーもそういうことを指してるんだと思います………と、いうことは、二人が引退したら堂々と親友と呼んでいいんですね?ジョニーのジャーナルに親友のエヴァンと…って出てくる日がくる、と信じて良いんですね?涎垂らしながらお待ちしてます。ついでに写真もお願いします。
文中にprettyが出てくると一瞬どきっとするよね…。
で、一番楽しみだったのが「ジュベールのことどう思うか?」って質問。涎垂らさんばかりだったんですが、予想に反してやたらめったら褒めてて吃驚しました。だってlikeじゃなくてloveだもんよ…Worldsもジュベが優勝だと思ったらしいです。
それにしても…、そうなんだ意外だ…。

そうそう、改めてバトルとウィアーを見ると、この二人は似て非なるものって感じしますね。
二人とも非常に美しく綺麗な滑りですけど、何て言うか素地が違うというか、もともとのオリジナルが違う気がする。

それから何度見てもウィアーのお気に入り…すっごく気が合って困る…特に映画とか。ていうか合っていいんだろうか…という若干の不安を残しながら…。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

スポーツ TB:0 admin page top↑
覚え書き
2006 / 05 / 06 ( Sat ) 00:58:17
亀田兄弟の試合をビデオに録り、電車に乗り、バスを乗り継いで、『ブロークバック・マウンテン』を見てきました。見終わった後は最終バスに間に合わせるために全力疾走をする(しないと間に合わない)リスクまで冒して見に行った辺りに、わたしの本気さが伺えて気持ち悪いですね。

というわけで見てきました『ブロークバック・マウンテン』。
唯一わたしが住んでる県でやってる映画館まで見に行ってきました。
最終日でGWってのもあって日本という環境にしてはなかなかのお客さんの入りでした。ひとりで見に来ている寂しい人はわたしの他には見あたらなかったような気がしないでもないですけど…

あ、そうそう、それでこの映画はあと何回か見ないと感想書けなさそうなのでとりあえず今回は茶化すほうで。
というのは冗談ですが、ちょっと気になった部分をメモしとこうと思います。

もちろんネタばれですよ!



・わたしの前に座っていた外国の方(ちょうかっこいい)が、開演直前まで携帯いじってたので、後1分消すのが遅かったら、辺りは血の海になってたな、と思った。

・その方達がずっといちゃいちゃしてたので、ちょっと気になって最初の方は映画に集中できなかった。

・字幕が多少見づらくて、彼らのFirst Impressionじっくり見られなかったじゃないか!

・最初1時間が展開早すぎてついていけないところだった
(これは映画の主題上くっつくまでが問題じゃないからですが、それにしたって!)

・いちいち目撃されるところは危うく吹き出しそうになった。だってなんでいちいち必ず第三者の目があるのだ…。

・すいません…、いろんなエピソードがちょっと気恥ずかしかった。
(感動しながらも、ですけど)

・ジャックは思った以上に最初から狙ってる感じだった。

・ジェイクがどうしたことか、あまりに美形でちょっと照れた。すごいな、俳優さんって。

・アカデミーか予告編に出てた部分は思いっきりカットされたんですか?それとも誤訳だったんですか?そのシーンを待ってたのになかったのであれ、って思って。

・ところであのはがきの文字は一体誰が書いたの~?二人の葉書ともわたし好みのアルファベットでした…。特にイニス側…。あれ、レジャーが書いたんだとしたら、もうちょっと、恋に落ちる笑。

・レジャーはものすっごくうまかった…けど、ほっぺたに綿詰めてるんですか?ってくらいこもった声をしていた(これも西部なまりを出すためなんてことはあるのか…な…?)

・これはとても当たり前の物語だったけど、全然当たり前でも何でもないくらい特別な話のようで、カウボーイの物語だった気もするけど人間の話だった気もするし、人間愛とでも言うべき偉大な愛だった気がするけど、やっぱりすっごく恋愛の話だった気もする。まるで男女の恋愛がそのまま男同士の恋愛になっただけのような感じもするけど、ものすごく男性同士だけの恋愛だったような感じもする…。

・ところでPG-12でほんとにいいんですか?この映画?

・それでも、原作を女性が書いたってところにいたくがっかりしてしまった。良く書けてたって、男性というものを女性では到底表現し得ないところまで表現してたとして、それはやっぱりnearly equalでしかないのだ、ということを感じてしまう。本当にこれを純粋に男性の映画とするなら男性が書いていなくてはならない。これはどうしようもない部分だと思う。

・ラストのイニスのセリフ。(なくても良いと思ったけど)セリフ自体は良いとしてあの日本語訳はどうなのか。ちょっとこけそうになりましたよ、最後の最後で!どう考えてもあのような訳になることは(セリフ自体では)言ってなかった絶対に!(ま、あの、聞き取り苦手なんだけど)
「Jack...Sweet heart」と言ったとわたしは思ったんだけど実際は「IJack...I swear...」らしいです。この言葉の後の日本語訳にあったようなことを言うのかもしれないけど、それでも曖昧にしといて良かったと思う。だって、レジャーの演技が素晴らしく語ってたので。意味を限定しなくて良かったかな~と思います。

なんか文句多くなっちゃったけど、この映画は『ビッグフィッシュ』みたいに何度も見るとどんどん感動できるようになる映画だと思う。
理解できてない部分も多いし。アン・リーは非常にまたまっすぐな演出でした。彼らしい。
良い映画でした。早くDVD出てくれ~。

そういえば某コミュニティサイトでも出てたんですが、ジェイクが必ずジャケットのボタンをはずす(しかも何故か絶対に左手!)っていう映像を集めた動画が、you tube の方で出てるらしいです。
映像はえっらいかわいかったんですが(だって、全然はずせないのにも関わらず絶対に左手しか使わないんだもん…)、見てたら大体あれは座る時ですよね。座る時ってジャケットのボタンははずすのが常識だとずっと思ってました。それで、立つ時にまたボタンをする。そちらの方が見た目にも所作的にもスマートだからだとか。
紳士の常識?かと思ってたんですが、思い違いだったのかな~。
ま、もし「ちょっとジャケットきついんで~…」って事だとしてもかわいいからいいな別に!
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
実際に
2006 / 05 / 03 ( Wed ) 03:56:23
動いているのと、静止画ではぜんぜん雰囲気が違う俳優さんっていますよね。例えばユアン・マクレガーなどは写真ではちっとも彼の魅力が出ないんだとかいう噂もあります。
かれこれ彼に呪われてから…え~っと、5,6年ですかね?彼の出演作はほとんど見ましたが、確かにそうかもしれません。
写真もとっても魅力的だと思うんですが、実際動いている彼を見ちゃうと、ああ、やっぱり写真なんだな~と思うわけです。
たとえどれだけ太っ…役作りでぽっちゃりしてようと、(あくまで)役作りで髭を伸ばして山賊みたいになってようとも、どんな映画の中に入っても魅力的に見えてしまう彼は素晴らしいと思います。

…でも本当はEp1→Ep2と見てかなり心配になったのも事実です。もしや、彼はEp3ではチューバッカのようになりはしまいか…と。なので結果としては万々歳でした!
しかし、あれだけの強さを見せたはずなのに、どこかしらひょうきんに見せちゃうユアンにやられるわけですよ。映画見てる間中、「あなたのバカ弟子大変なことになってますよ~」とことあるごとにつっこんでたとしても!


逆にジュードのように写真で見れば見るほど、この人嫌みなまでに顔整ってんな~と舌打ちするほど彫刻みたいな、ね!そんな美しさを実感させてくれたりもするんですよ写真は!

それで、ですね…、前者のように写真では到底魅力を表しきれない最たる例は、ジェームズ・ディーンだと思います。彼は動くと本気でやばいな~と思います。ホント何この人って逆に悪態つきたくなるくらい魅力的…。存在自体が信じられん!
そしてわたしは勝手にジェームズ・フランコ、ライアン・フィリップ(ペなんですか?ホントは?)、ヘイデン・クリステンセンはディーンタイプだと分類している。陰が魅力的ってのも共通してるけど、何より顔が同じ系統…(そしてティモシー・ゲーブルも同じだよ★)
プラスみんなかわいいところかな!

なかでもヘイデンは写真よりよっぽど動いてる方が素敵です。
そんな彼が演技派俳優への脱皮をはかった『ニュースの天才』。
某映画雑誌の批評では、「彼の美しい顔をあえて眼鏡で隠し…」とかかれてたんですがわたしはここに非常に違和感を感じましてね~

だって

眼鏡は顔の一部です


この写真鼻血もんじゃないですか?
わたしこの写真見て彼への恋心抱きかけたよ…。

眼鏡マイナス要素になってます?むしろ逆に感じるのはわたしだけですか?
このいろいろな想像をかき立てる感じが最高だったと記憶してるんですが!ほら、美術の世界でも言うじゃないですか。映さない鏡は観客側の「見たい」という欲望を生み出すって!
まさにそれ

そうそうヘイデンと言えば、SWロンドンプレミアでユアンとチューかましてましたが、…あれわたしがもしユアンの奥さんなら妬くな、と思いました。挨拶だって判ってるけど~…相手が男性とはいえ自分よりよほど綺麗な方じゃないですか。笑顔ながらも血は沸騰しちゃいますよ!(どうでもいい想像)

ヘイデンはオフショットでも絵になるのがすごいと思う…。
いつでも姿勢が良いから画面映えするんだろうなたぶん。
それかわたしの色眼鏡か…

でも彼はどんどんかっこよくなってますよねそれだけは確かですよね。

隣の女性になんて!


助手席の女性がすごいことになってますけど、目がまったくいかないですもん。

極めつけ↓
神々しいまでだ…


なんかもうすいません、と謝りたくなりました。
それと、ソース元もすっかり忘れてしまったのでそちらにも謝りたいです…

彼はプレミア画像とか見てると、誰かと一緒の時の方がかわいいです。


そうそう、グリーンデイは写真も超魅力的ですよね!
わたしの嗜好は12歳くらいと良い勝負です。
俳優さんのおはなし TB:0 admin page top↑
映画めも
2006 / 05 / 01 ( Mon ) 01:26:13
最近はあまり見られないな~…

『世界中でアイラブユー』リピ:どうしてももう一回見たくなって借りてきてしまった。やっぱ好きですこの映画。何だかんだ言っても最後まで見るとちょっと元気になってる自分に気付くんですよね…!
エド・ノートンもかわいいけど、それ以上に曲が好き!
特に…特にも何もないな、みんな好きです。DVDが欲しくなっちゃいました!

『スパイダーマン2』リピ:?何回見ました?ここ数日で?
なにも言う必要ないくらいおもしろいっす。
あ~あとトビーってやっぱ不思議な魅力の俳優さんだな~と心から思いますね。真面目な顔してるとすっごい綺麗な顔してるのに、笑うと途端にひょうきんになるよね。思うに眉と口の動きだと思われる。

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』リピ:ゴブレット見て~と思ったので秘密の部屋で我慢してみました。
ゴブレットのDVDが欲しいんだけど、あと1年我慢したら安く出るかな~という淡い期待もあるため、なかなか踏み切れない…。

『フォーチュン・クッキー』リピ:DVD買っちゃった!やっぱり最高!わたしは『ミーンガールズ』よりこっち派だな~。
ところでこの映画のサントラ借りようと思ったらCCCDだった…
だめだめだって今うち、CDプレイヤーでCD聞けないんだから!

『ディーン』 実家帰った時にナイスタイミングでやってた!超見たかったので嬉しかった!
フランコはうまく演じてました。よく雰囲気出てたよ~。もちろん本物ほどとは行かないけど。良い雰囲気持ってるなあ。内容的にはぎりぎりにした感じ。と思ってたらこれMTVなんだよね。MTVからしたらなかなかうまく作ってる印象ですね~。『61*』と言い、MTVたまにあなどれない作品を出してくれるので油断ならないですねえ。

『アラジン』リピ:近くの(近くないけど)ビデオ屋で180円で売ってたので買ってきた。やっぱ好きだな~。この頃はディズニー黄金期ですよね!やっぱり。

『スパイダーマン』リピ:何回見るんですか?DVD買ってきたので、また見た。そうそうわたしは『メリー・ポピンズ』派なので、『ショコラ』はどうにも受け入れられないところもあるんですけど、『スパイダーマン』は『メリー・ポピンズ』の方ですね。
何で、この自分が…って思うんだけど、そうじゃないんだよね…。ベンおじさんの言葉がすべてを物語っている。

『エデンの東』数年前に見た時は日本語吹き替え版だったので、見直してみた。数年前見た時よりももっとずっと感じるところがあった。
この映画は、見る時、や、年齢によって、感じることがどんどん変わっていく映画なんだろうなあ。

ディーンコンプリートボックスDVDが欲しいなあ…。

ところで、『ダ・ヴィンチ・コード』の配役を初めて聞いた時、ハンクス、トトゥは微妙だったんですが、ベタニの時だけは、「うわっほー!」って叫びました。ぴったりすぎてどうしたらいいかってくらいぴったりすぎて!
雑記 TB:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。