スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ほっほ
2007 / 01 / 30 ( Tue ) 16:59:26
おーい、面白いこと言ってるよ~!!

もう笑うしかできん

移籍候補先がマドリーだってのも面白すぎるのですが……!

ほっほっほ!


バルサの今のシステムじゃ、CF二人要らないだろーがー!
そしてエトーさん帰ってきたら、……いくら絶好調だって、エトーさんからポジションは奪えないと思うよ……

いや、バルサがすきなのも知ってるけど…、ちゃんと希望を尊重したいけど、それでも見たいんだよね、いっぱい出てる姿を!!

こうなったらバルサよ、鬼になれ……!!
(押し付けない押し付けない)


そしてデコさんはお怒りのご様子

そして共存はできるってさ!

え…そうかな?って思ったのはわたしだけ、です、よ、ね……?
てかもしランプスきたら、誰をはずすつもりなんだろう…?


それにしても、失礼じゃない?これ、失礼じゃない?
まるで西部に王子がいないみたいじゃないか!(おそらく正解)

楽天…岩隈
日ハム…ダル
ソフトバンク…和田、川崎ひよこ
ロッテ…誰だ…まさか西岡、じゃないだろうな。

オリックスが思いつかないけど、そこそこアイドル候補はいてしかるべきなんだよ、本来なら。
悪いが西部ファンになって18年…最初に出てくるアイドルが秋山だからな!笑


スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
すっかり
2007 / 01 / 29 ( Mon ) 13:35:02
ご無沙汰しております。
前の記事はいったいいつだったっけ…?
とすっかり記憶もあいまいになったところです、こんにちは。

パソコンが本当に面白いほどうんともすんとも言わないので、買い換えるか、直すかで大変迷っているところです。
買い換えてもぜんぜんかまわないのですが、問題はデータ、だよね…

ということで、まだしばらくこんな感じで、気がついたときに更新という形になりそうです。

スポーツはあいも変わらず見てます。大丈夫です。
うれしいことも悲しいことも大変混ぜ合わせる形で、ね!

中でも一番悲しかったことは都道府県別対抗男子駅伝をがぼっと見逃したことですかね…!
あ~佐藤と上野が同じチームで走るってのに見逃しちゃったよ……

父親は相変わらず大興奮だったようですが、結果は二位でしたので、なんとなく盛り下がったりで、微妙な家の雰囲気でした。
一位はこれまた竹澤、北村といった、学生界のエースをそろえた兵庫県。いい勝負になるかと思ったら思ったよりも差がついたようですね。
ていうか、わたしはハイライトしか見ていないけれども、ちょっと佐藤を…頼りすぎてる感じが問題だと思いました。
いくら彼がすごいからといって、今はまだ二十歳(げ!弟と同じ年齢かよ!)。変にプレッシャーかけずまだ、自分の走りに集中してほしいですね。あ~来年の今頃が心配!

それに関連して「もうひとつの箱根駅伝」もばっちり見てきました。この番組は結構好きです。下手に解説者とかゲストとか進行役とかいないから。それだけでもじっくり落ち着いて見られる。
モグスは意外に元気そうだったので、来年が楽しみです。下手に落ち込んでたらどうしようと思ってたのでよかった…。
陸上界のエースになるかもしれないから、やっぱり回り道したら悲しいもの!
ワイナイナ選手がメダルを取ったってやっぱりうれしいもの!

KIDはこんな感じ
北京絶望か……。こういう怪我でだめになるってのはやっぱりいやですね。特別応援していたというわけではないけれど、がんばる人は基本的にがんばってほしいので、やっぱり残念です。
しっかし、いくらなんでもまさか二回戦で井上さんに当たるとはなあ!!
運が悪いというのかなんというのか……。

それから、昨日の大阪女子マラソン。渋井さんがまたしても失速…。
スピードランナー系のスランプが激しいこのごろ…。復活を期待してましたが…残念です。佐藤(敦之)も同じく心配だったのですが、去年今年と駅伝のほうが絶好調すぎるので、一皮剥けたと信じたいので…。

サビオラは(一週間前までの情報だと)相変わらず好調らしいので(Fの好調さとは結局ゴール数であるという信念なので!)、わたくしとてもご機嫌です。
そろそろエトーさんも戻ってくるのだそう。たとえ、エスケーロとか、グディとかそのあたりに勝って、セカンドの位置をキープしたとしても…やっぱセカンドじゃなーという気がしてしまうので、サビオラサイドはどうするのだろう…。バルサ側がオファーを出すとか言ううわさも飛び交ってますが。

これもきっと流れに任せるしかないんでしょうね。


映画も見られないので、大変暇な毎日です笑。
スポーツ TB:0 admin page top↑
そういえば
2007 / 01 / 15 ( Mon ) 10:14:17
ベッカムが、アメリカのチームに移籍決定したようですが、そんなことははっきり言ってどうでもいい。(失礼)
でも、その話は結構前からあったもの~。

そんなことよりも、フィーゴにまさかのオファーが舞い込んでいるようですが、あれは……うわさだったってことでいいんですか?
…いいんですね?そういうことにしますからね…?
しかもこのチームなんとマドリーのロナウドまで狙ってるってうわさがあった気がするんだけど……本当なのだろうか。
ていうか今の移籍市場はマドリーが激しくてびっくりする。
ガゴがいっちゃったのはチッて感じなのですが、ラウルまで放出するかも、とか面白い話まででてるから…。
カッサーノはまあしかたないか、と思うのだけど。

モウリーニョの退団騒動も地味に気になっているのですが(うわさ!)、やっぱり一番気になるのは、あれですか……。
残念ウサギさんのことではないよ!(誰も思ってない)
マンユーとバルサの、C.ロナウドとチャビの交換トレード問題。
C.ロナウド……がスペイン上陸だなんてそんなおもしろいこと!
昔、デコさんのいるバルサはどうだろうとか書いたことがあったけど、あれはもちろん冗談なわけで。実際に入ったらこれは面白い話ですよ~。全然想像つかなくて笑。
たぶんこんな大きな話はただのガセだとは思うのですが、こういうとんでも情報に踊らされて、いろいろ想像するのも楽しいのでいいです。この時期。でも、これ最初ニュースの見出し見たとき「シャビとC.ロナウド交換トレード?」ってまったくそのまんまだったのに、「え、シャビ・アロンソとロナウド移籍?」かと思いました。
どうでもいい話ですけど。
そういえば、昨日ネドがどうのって適当なこと書きましたが、あれはわたしの妄想だったのでしょうか…?
昨日調べた感じだと逆に、ジジ説得とか、2008年まではコンディション保ってユーべをセリエA、CL出場権まで取った上でユーべでキャリアを終えるとかそんなのしか出てきませんでした。いや、よかった…!
あ、でも2008年ならeuroいけんじゃね?
でもどうせ説得ならトレゼゲ説得した方がよさそうです。
なんか…ボカに入ってもいいとかそんな記事も見ましたけど。

なんだかんだで冬の移籍市場も騒がしくなりそう。
そんな中、サビオラの残留可能性ありなんておもしろい情報もありますが、これはどこまで本当なのかなあ。また、多分地元紙が誇張してるだけなんだと思うんですが。実際残留したらどうなんだろ?もう残留するっていう選択肢が、こちらにもないものだから、ちょっと面食らいました。サポーターには人気あるからなー。
前節一得点、国王杯二得点(二得点はこっちでした)と数字だけ見たら十分な結果残してると見えるし…。
まあ、ふたを開けてみないとわからないっていう感じですか。


そういえば、全然関係ない話ですが、『硫黄島からの~』がちょっと危ないらしい。ノミネートさえも。ちょっと息切れ気味だそうで。
ただでさえ、外国語映画だから票が集まりにくいのに!そう考えると、かなり不利。ノミネートあってもサプライズ扱いになっちゃうのかなー。まあ、それよりわたしはこれを早く見に行かなくてはならないわけなんですが笑。今度行こうかと思います。

スポーツ TB:0 admin page top↑
都道府県対抗女子駅伝
2007 / 01 / 14 ( Sun ) 17:29:32
が、ありましたね!

東日本女子駅伝をなんと優勝で出場した群馬県はどうなったかというと……(どんだけの郷土愛)、過去最高順位でゴールをいたしました!
わーい、素晴らしい!
最終区までは6位だったのですが、最後アンカーが頑張ってくれて、埼玉をかわして、5位、東日本最上位をキープ!!
東日本女子駅伝の結果から考えると、そのままなのですがそれでも嬉しかったです。やったね。

いや~みんなよく頑張ってくれました!
来週は男子。是非男子にも頑張っていただきたいです。
高校はあまり弱くないと思うんだけど…大丈夫かな。

あと、金さんの解説……いいよね……。
それから第一中継車に野地さんがいらっしゃったのだけど、もう彼の声聞くとサッカーしか思い浮かべられないよね…あの衝撃的な大会から一年も経ってないしね笑。

そのサッカーといえば、ユーベが無敗記録を止められたらしいですね~。このまま突っ走るかと思ったのですが(十分か)、この負けからすぐに立ち直れればいいのだけど。
そういえばネドベドが大騒ぎしていた記憶があるのだけれど、どうなったんだろう…年末からちっとも情報を収集する暇なかったものだから。
引退するとかも言ってましたよね…?冗談だと信じてるけども!

それからもっと心配なのはミランか……。
もー何?良かったのは最初の3戦だけ?って思いたくなるくらいだよ。
カカも途中ですねてた記憶があるし……。
いまだ降格圏内なんでしたっけ?これ大嘘ね!いつの間にやらミランは9位でしたがな。ちょっと見ない間に……。いや~勝てない勝てないって話しか入ってこないもので!笑
心配なのには変わりないけどね……。がんばれ!

そして、そろそろ騒がしくなってきたのは冬の移籍市場か!!
どこぞのウサギさんの周りも騒がしくなってきたのかな?そんなウサギさんは前節2ゴールということで、いい感じにアピールは出来てるのかも!回復も順調にいったみたいですね!そろそろエトーさんも帰ってくるし、いいところが見つかったら移籍はもちろんオッケーです。
…ていうか、エスパニョールが獲得するかもしれないって言う噂は本当だろうか…。
アルヘンファンとしてはサラゴサがお勧めなんだけど笑。
さすがにないかな~?ま、願いってことで!

DVDプレイヤーも壊れているので、euro2004のビデオなどを見返してましたが、やっぱデコさんすごいねー!
うぉっていうプレーが多いよ(ってそれはダイジェストが多いから)。
あとやっぱり、チェコギリシャ戦のヤンさんとロシツキのコンビ好きです。あの外しちゃったけど流れるようなビッグプレー。
ああいうのみてるだけで楽しいよね。そしてeuroもドラマチックな試合が多かったなーと思いを馳せています。でもこの大会わたしのミスでビデオがものすっごい途切れてるのが多くて(当時はあまりサッカーの試合はビデオに録画しなかった)、それだけが心残りだね…。
というわけでeuro2008も面白い大会になってくれることを願いつつ!

いつも選択肢がおもしろい
わたしなら全部一番下を選ぶな笑。
スポーツ TB:0 admin page top↑
大変に
2007 / 01 / 13 ( Sat ) 22:52:03
困った話なんですが、パソコンが壊れました。
思えば、苦節四年、日本でいちばんパソコンにとってひどい扱いをしているといっても過言ではない扱いっぷりにしては、よく頑張ってくれた方だと思います。
今まで修理に出したことはないわけですからよく頑張った!
(自力でウィルスを削除したことはありましたが)

とかいってる場合じゃないよ…!
そろそろパソコンの調子もやばいから、いろいろデータ整理しようといってた矢先だよ……。
音楽データ(7GB)もマイドキュメントとか、何より問題はブックマークね…。
いや~まいりましたね…。

それにプラスしてDVDプレイヤーまで壊れ気味だからもう泣くしかないかも…。
やっぱり海外のやっすい製品はだめですね~多少無理してでもちゃんと国内製品を買うべきかも。

というわけで、どうにもどん底な感じで、しばらく更新止まる可能性ありそうです…。

ところで、ニューイヤーフィギュアってあんなんでしたっけ?
犬と一緒にすべってもいいヤツだったけ…。
確かに小道具使ってもよかった気がするだけどもっとメンバー豪華だったような気がする。これじゃあ国内選手権じゃない!笑

あと、これ見て悲しかったところ。
プルシェンコが本気で二度4T跳びにいって、二度とも跳べなかったところ。
もちろんただのEXだし、彼は今年競技会に出てないしって考えると別に悲観的になる必要はないと思うんだけど……でもショックでした。
実際4T跳びにいってたかなんて本人以外にわからないわけだし、本当に本気だったかはもちろんわからないけど、わたしにはそう見えた。
体のキレ自体は問題なさそうだったのでいいのだけれど……。
来年戻ってくるのだろうか。さすがにプルシェンコで最近はちょっと焦ってるんじゃないかと思ってるんだけど、どうだろう?
何ってもちろんジュベール!
やっぱり3回クワド決めたのは、さすがに焦ると思う。だってそれに加えてジュベールはステップもスピンもレベルが高かったから。

5.6年前のゲーブルの3回は焦らなかったのではないかと思う。
それは、ゲーブルに表現力が足りないとか印象があまりよくないとかそういうゲーブル自身の問題それ以上に大きな理由がプルシェンコが最盛期だったという点がある。それがいちばんの理由だったと思う。けど、今はそれがない。飛びぬけてるといったってやっぱり最盛期ではない。だから、焦ったと思う。ていうか、焦ってほしい。
前も彼がトリノで競技をやめなかったのは、彼に引退を決意させる選手がいなかったからだと書いたことがある。
それは今でもそう思っていて、やっぱり偉大な選手が引退を決意するときって、そういう引導を渡すという、時代が変わるという合図というかドラマがあるものだ。ソルトレークなんか象徴的なんだけど。
そういうことがなかった。
というかプルシェンコが引退を決意するときは彼自身が問題な気がしてたので、引導を渡す役目がいない可能性もあるんだけど。
そろそろ引退を視野に入れてプルシェンコを見なくてはならないのかと思うと、本当にいやなのだけど、ニューイヤーフィギュアをみて、少し思いを馳せてしまいました。

て、何の話かわからなくなってきた笑。

あ、そうだスルツカヤは相変わらずかわいかった!さすがミセスビューティー!!
ていうか、あの実況組のオリンピックの頃より大分大人びたっていう感想…意味がわかんね笑。
単純に、ちょっとふっくらしましたねって言えばいいのに。
競技に出てなければあれくらい普通じゃないのかな?(いや、どうだろう)
でもアマに戻ってくるときには普通に戻すと思うので全然心配はしてません!


……ところで、今日一般発売だったんですね……
売り切れ早過ぎないか……どんだけ人気あるんだよ……世間のブームという波を甘く見すぎていた!
もうちょっとちょうどいいかんじのところに収束するのがいちばんなんだな、と思います笑。

雑記 TB:0 admin page top↑
ついに!
2007 / 01 / 08 ( Mon ) 07:28:58

新年明けました、あけまして。

スランプもあけました。(だと、いいね…)

これ

とりあえず、よかった!

スポーツ TB:0 admin page top↑
駅伝
2007 / 01 / 07 ( Sun ) 08:53:18
今年のニューイヤー駅伝は、久々に中国電力の優勝となりました。久々と言っても3年ぶりですが…。
エース油谷と言うよりは、やはり第5区を走った佐藤の力と言った方が正しいんでしょうね!で、実際その通りです。
油谷も悪くはなかったですが、矢張りエース区間だったことも影響したのでしょうか、牽制し合ってそれほど良い結果残せずというところでしょうか。
そうはいっても十分役割は果たしているからこその、この結果なのだろうけど!
しかし、佐藤はホントに最近調子良い!良すぎて心配なくらい。千葉国際も本当にすごかったですが、今回はそれ以上。
あまりの強さに口を開けてみるしかないし、負けるイメージが全く持てない…。
それくらいにすごかった。
いや~一時期はやばいと思ってしまったくらいなのでこの好調ぶりは本気で嬉しいのですが、そろそろマラソンの方でも結果が欲しいかなーと思ったりして笑。
そして今回は久々に見せた?笑 にこにこ走法。本当に大学の頃とかはにっこにこ笑って走ってましたからねー。最近それがなくなってたから寂しかったんだけども。
どちらにせよ、中国電力は海外選手に頼らないという姿勢なので、国内選手の発憤を促してくれる方にも良い方向に働きそうです。今回の優勝で。
同じくマラソンではいまいちな成績しか残せない藤田は、駅伝の方でもいまいちでしたが、この辺りはみなさんマラソン疲れもあるでしょうから、仕方ないのかな。
でも世界選手権諦めないんだそうで、そういう気概は嬉しい限りです。
それと気になるのは三代がいなかったんじゃないかという点です。いました?わたしは気付かなかったんですが…。いたとすればそれでもいいんですが、いなかったとしたら本気で心配。
でも、何かで良い成績を残した気がするんですが、なんだったんでしたっけ?世界陸上かアジア大会か…オリンピックでは多分ない笑。
あとで調べてみようかな。

そしてこちらもお楽しみ箱根駅伝。
順天堂大の久々の優勝と相成りました。やはり紫紺対決の頃から強い順天堂というイメージしかないから、まさか6年ぶりとは…。最近の不調は寂しかったので嬉しかったです。
というか…、今井は優勝の味を知らなかったんですねー。もちろん箱根の、という意味ですが。そういう意味では嬉しい順大の優勝となりました。
個人的には東海大学頑張って欲しかった!実はこっそり贔屓なのです。柴田がいた頃から…笑。
でも、復路とか「コマが足りない」(バイ瀬古さん)割には意外にも(といったら失礼かしら笑)頑張ってくれました。そう考えるとやっぱり往路が惜しかったなー。
今年の箱根は、佐藤伊達という大砲二人を一区二区に持ってくる、大胆な采配で周囲をあっと言わせつつ先行逃げ切りを図った訳です。
先行逃げ切りと言えば、何年か前の坪田徳本というスピードエースを矢張り一区二区に持ってきた法政を思い出すわけですが。あれもなかなかに鮮やかでしたが、今回はそれ以上、っつーか何?もう?というくらいに、大差を付けた佐藤が素晴らしすぎた…。
彼は高校の時から圧倒的だなーとおもってましたが、未だその力衰えず!ですね(実際ちょっと心配だったんですよ…)。何と早大の渡邊さんのもう二度と破れないだろうという記録を破ってしまったんですからもう!笑
しかもこれ、16キロ以降体の痙攣と戦いながらですよ…。この痙攣はこのスピードを保ったからこその結果でしょうから、単純になかったからといって更にすごい結果が出たかどうかは定かではありませんが、それでも、痙攣がなかったら…とか考えてしまいますね…。結果として4分の貯金を作りました!
伊達も素晴らしかった。結果的には佐藤のリードを守った形になりましたが、この区間はエース区間ですからね!各校ご自慢のエースが登場してきてこの結果というのは素直にすごいと思います。
そしてこのエース区間で誰に注目していたかというと、勿論それは山梨学院大のモグスに決まってるじゃないですか~。
走り始めた瞬間は…本当に驚いたというか何というか…本気でスピード違反で捕まえた方が良いと思ってしまいますよね笑。
この大会は全体を通して、一区の佐藤の快走がすべての流れを決定づけたところがあって、その煽りを一番受けたのが二区だと思うのです。なかでもモグスが一番影響強かったと思います。前半突っ込みすぎたところがその部分。やっぱりライバルはあの快走を見せられて黙っているわけにはいかないですよね…。
それに加えて、大先輩であるオツオリさんの死去も重なっていたりで…、彼の心情は察するにあまりあります…。走り終えた後の涙はいろんな意味を含んでいたんだろうな、と。
それにしても、三代の記録って本当にすごいですね。ここ数年今年こそ破る、今度こそ破ると何度も何度も塗り替えられる可能性を聞いてきましたが、結局また今年も彼の記録は守られたわけです。
やっぱり二区のコースが悪いんだろうな…。後半が厳しすぎるんだよこれ。しかも、三代はその後半を神記録で走ったらしいですから、前半比べてどうのって言うのは全然意味がないくらいなわけですよね。来年こそは佐藤に二区を走って欲しい。いや、監督の作戦は判るのだけど、それでも彼なら何とかしてくれるのではないだろうか…なんて思ってしまうわけです。彼はどのコースがスペシャリストというわけでもなさそうなので、四年間全部違うコースを走る可能性もあるわけで、そして四年間全部記録を塗り替える可能性もある…、どうかな?一区から四区全部区間記録の名前佐藤とか笑。
それくらいの強さを秘めているんではないかという気持ちにさせてくれるくらい、本気で佐藤はすごいです。(わたしの)父親の喜びようが半端なかったです。
三区の上野はやはり佐藤に刺激されたようで頑張ってましたが(しかも三区の区間記録がこれまた昨年佐藤が出したタイムだからね!)、結局区間賞に留まるのみ。矢張り後半疲れてしまったようですね…。それでも十分良い走りだったわけですけど。しかしお前「偉大な佐藤くんの~」とか言ってる場合か!お前も十分偉大だよ!笑
四区の東海大の選手の頑張りが、東海大に良い流れをもたらしたような気がします。
よく粘ってくれたおかげで、五区も判らなくなりましたよ。しかも自分の一万メートルの最高記録ペースを十八キロ続けたというのは、矢張り駅伝ならでは、なんでしょうね。
五区に関しては、やはり山の神、今井くんにつきるでしょう。
まあ、東海大が思ったより頑張ったとは言っても、出雲駅伝は2連覇しているわけだし、まったく実力が伴わない結果では全然ないわけです。佐藤伊達に比べると、とか優勝候補の学校に比べると少しだけ落ちるレベルであって、というそういう意味なわけです。
東海は来年が楽しみです。佐藤伊達に加えて出来れば来年、申し子とまで行かなくても山のぼり得意くらいの選手がルーキーで入ってきますように…。
そうすれば本気で判らない。にしても東海と言ったら山登りのスペシャリスト、柴田の学校なのにどうして後継者が現れないんだろう…。不思議だよ、逆に。

それともう一つ、順大は反省しろ笑。往路!!
しっかりして下さい、本当に。一区は仕方ないにしても(接触)その後もあまりいい走りをした選手がいなくて…。
もちろん、五区に今井が控えていること、それから、元々復路が強い順大だから、ってのもあるとは思いますが、それにしたって!ですよ笑。
本当に今井が…今井様がいなかったらどうなっていたか…。
復路はよかったです!

そして今年からついにオープン参加だった関東学生選抜の記録が公式扱いとなり、10位以内(つまりシード圏内)に入った場合は、何と来年の予選枠が一個増えることになったんだそう!これはとってもいい話だと思う。
で、この関東学生選抜ですが、各校どうしたって一人は良い選手がいるものです。もちろん上位校のエースに勝てないまでも負けないような選手だって。それを10人も集めているのに、何故なかなか上位に来られないのかと言うのは良く出る疑問だと思います。
東海大の選手のようにたすきを繋ぐこと、に意味がある学校だからこそ、実力通りの力やそれ以上の力が出せる場合が多く、関学連の場合はどうにもそれが薄いせいで、成績がいまいちなんじゃないかとも思ってたんですが。今年は今更それ以外の理由に思い当たったり。
責任感の違いだと思います。その責任感というのは、仕方ない面でもあるのですが、区に科せられる責任感がどうしても薄くなってしまうのではないかということです。
それは練習期間の短さも勿論あるでしょう。でもそれ以上に彼らは母校ならおそらくみなエース区間を走るような選手である、と言うことです。
それが思った以上に大きな作用として出てるのではないでしょう。言ってみれば向いてない区間で走らされたりとかそういう面に置いても。

どんなに襷が繋がらないことが最大のドラマだとして、本当にそんなドラマはいらないです。絶対に見たくない場面でもある。
映画ならドラマなら必要だろうけど、実際のスポーツでは本当にいらない。今年は二チーム。
ここ二年なかったことなので、今年もそうなることを願っていたのですが。

ところで、往路の時、前日ニューイヤーを走った徳本が解説に来てたんですが、途中で一言「昨日の僕の走りが恥ずかしいです」。その言葉が往路のMVPだな、と思いました笑。
あ、悪い意味ではなく。本当に。

しかし、あれですね。
その後の無駄にドラマチックに作り上げた、報道は少し…うんざりしますね。良いんですけど。
甲子園もですが、最近とみに激しいような気がするのですが…。
スポーツ TB:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。