スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
そうそう。
2010 / 02 / 28 ( Sun ) 10:56:37
とりあえずスピードスケート女子パシュート、銀メダルおめでとう!!
最後はベケットのすさまじさに負けたね。
うっかり、回転1回目終わって、寝てしまって、ふと6時過ぎに目が覚めたら、「日本女子銀メダルです」て言ってました笑・・・えないっての!!
あ~またしてもリアルタイムで見られなかった・・・。
ので、8時10分からのBSの録画を見ました。
全く、やっぱりものすごーく面白い競技だ!
とてつもなくドラマが詰まって、小細工など一切なしの、わかりやすい勝敗システム。
見てて直ぐわかるってのがいいよね。
たった一つの弱点は、テレビで見ていると、どうしてもカメラが映す国はひとつなので、たまたま映っていない国でトラブルが起きると、解説と実況が叫ぶだけになり、想像するだけになるところかな!笑

でも、よかったね。
日本は本当に残念だったけど、すごくうれしそうだったし、最後まさかの中心選手であるフリージンガー外すというドイツの作戦に負けました。
4年後がこれまた楽しみ!
しかし、競技に出ないとメダルもらえないってかわいそうかも・・・。
補欠と同じ扱いになってしまうんだね。
それとはまた別な気がするんですけど。
ここでぐだぐだ言っても何も変わりはしないので、高木には4年後自分で取ってほしいです。

あ、今EXやってますけど、津波情報により、途中で切れたり、右下日本列島で画面が埋まってます。
録画撮って安心してる皆さん、BS1の今日6時10分からの再放送をもう一度録画しましょう!


それと、昨日真央ちゃんの3回転全種類跳べないっていう点なのですが、そこはやはり批判すべき点だとは思うんですよね。
苦手だから避けるって、避けられるっていうシステムがまず問題なんですが、でもやはり金メダルを目指すならそこは逃げないでほしい。
そういう意味では良かったと、今回。銀メダルで。
これで、金メダルだったらちょっと問題ありだとやっぱりわたしは思います。
わたしはどうしても批判しがちな性格なので、なかなかうまく言葉で言い表せないのですが、その気持ちを代弁してくれるブログがありましたので、繋いでおきます。
この気持ちに非常に近いです。
彼女の挑戦は素晴らしいもので、まさに上をどんどん目指していくという姿勢も敬意に値する。
彼女の挑戦は一時期の4回転時代のあの飢餓感を彷彿とさせるところがある。
だから、とても応援している。
応援はしているが、かといって今の様な形で頂点を取るというのも、フィギュアスケート界にとってはやはり問題だと思う。
わたしは3回転を全種類跳ぶ選手を平均的な技術を持って加点を狙いに行く選手とは思いません。
絶対の基礎に全種類3回転が根を下ろしているはず。なのでそこが最低限の技術と思うわけです。
そこからのスタートだと思っているので、今年の浅田のジャンプ構成は認めたくはない。
これで勝てるというのもやはり、新採点の恩恵に甘んじているといわれてしまうからだ。
大技を入れる選手をちゃんと評価してほしい。その気持ちは強く持っている。
ただ、大技だけの選手が勝つというのもまた違うと思っているんですよね。
つまり大技はできるけど、3回転全部は跳べないっていう選手と、大技は出来ないけど、3回転全種類完璧に跳べるよ、っていう選手がいたら、どちらが上かと言われるとわたしは選びにくいと思ってしまう。
3回転全種類跳べないってのがまずあり得ないなあと思ってしまうから。
そこで比べたことがないんですよね、結局。だからはっきり甲乙つけられない。
けれど、何度も言うように彼女の挑戦は非常に応援している。
彼女の挑戦がもしかしたら、この新採点を打ち破る可能性をも秘めているからです。
だからこそ、全種類跳んでほしいと思っている。
彼女の今見える弱点がなくなったときが、フィギュアスケートの大いなる次の一歩なのではないか、そう期待しているのです。

スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
やっほい!
2010 / 02 / 28 ( Sun ) 08:18:28

団体パシュート今、準決勝見終わったとこなんですが、女子のドイツ対アメリカ、最後ちょっと涙ぐんだ。
フリージンガーのあの必死さ。
最後転んでも、絶対にあきらめない。最後の最後伸ばしたブレードが、決勝を摑んだ。
日本の決勝の相手なんだけど、通ってよかったなと思いました。



ところで、今日BSでカーリング男子の決勝やります!!
やっほい!!
録画準備しながらうきうき待ちます。
EXとかぶってなくてよかったあ!


男子回転は大変なことになりましたね・・・。
というか、あの過酷な状況で競技続けるんだね・・・。
もう、まったく目が利かないような状態でしたけど。
そういう意味では佐々木は2回しっかり滑り切ったというのはとてもよかったと思う。
皆川は非常にもったいなかったですね。
一回勝負、本当に怖い。
その一瞬で4年が終わるのだから、これがオリンピックの怖さです。

参加することに意義がある。
よくいいます。
ある側面ではその通りです。
けどまた別の側面では、そうとは言えない。

非常にやさしく非常に残酷な大会ですね、オリンピック。
スポーツ TB:0 admin page top↑
そうだ。
2010 / 02 / 28 ( Sun ) 00:23:04

カーリング女子の決勝は見ました。
若干パシュートやらショートトラックとかぶってて大変だったんですが。

すっごい興奮する流れでした。
しびれた・・・・!!

スウェーデン、もう負けたと思いました。
そこからまさかの逆転なんだからすごいと一言で終わらせるには無理な感じ。
釘付けとはこのことだ。
本当に、本当に素晴らしい決勝戦だった。

追い詰められて、あそこまで正確なショットを打てるんだから、やはりメダリストは違う。
日本はそう考えると、疲れだのなんだのが影響してしまうんだから、まだまだ上に行かなくてはならないんだろうね。
しかしみんなかわいい。
顔だけなら勝ってたな、と思ったりしましたよ笑。

ああ、今大会のまとめか。
北京と違って、BSとNHKしか今回は見なくて済みました。
だから非常によかった。
しかしまさかNHKがタレント起用するとはなあ。
NHKに求めてるのはそこではないんだけどな。
タレントを起用することなら民法がやるのだから、NHKはタレントを起用することはしなくていい。
まあ、ベストセレクションのみにした、というのはまだいいかなとは思います。
1度も見てはいないんですが(みるとしてもBS)。
トリノに比べれば、国として飛躍できたのでは、と全体的には思いました。
ただ、スキージャンプ陣のコメントを聞いても、結局個人の経験にしか頼ることができないというのが日本の問題点だな、と思いました。
それは結局国としてなかなか上に行けないよね。
国として、力不足を痛感しないと全体の底上げは難しい。
日本は基本として個人に丸投げの部分があるからな。
このあたりも一度書きたいんですが。

そうえいばこの記事を読んで驚いたんですが、真央ちゃんそんなジャンプ構成だったんですか?!
やっべ女子あんま気にしてなかったから気付かなかった!
トップをいく選手はやはり6種類(女子は5種類)3回転を跳べないと、という意識が4回転時代としてはあるんですが・・・もうそれはなくなったのかな?
全種類跳べるようにという、二回までルールではなかったのか。
この結果はそれなら非常に残念です。
そうだとしたら浅田はトーループも失敗で入っていませんから、3回転をアクセル入れても3種類しか跳んでいないと。
ははあ、わたしの中ではありえない構成ですね。
ヨナちゃん以上にこのルールを生かしてるのは真央ちゃんの方だったのか。
そういうイメージはあまりなかったのですが・・・。
この構成をみる限りはそうとしか言えない。

やはり問題です、新採点。
3回転ジャンプは全種類跳べる人が上に行ってほしい。
ヨナちゃんも結局3Lは入ってないので、全体として全種類入る構成にならなくなってきてると言えるのだろうか?
えーまさか他の皆さん入ってたと思うんだけど、と思いながら一応確認したらロシェットとライサと高橋はきっちり入っていました。
プルは3Fが入っていなかったけど、入れるならきっとラストジャンプの2Aのところか。
まあ彼の場合は今まで嫌味なまでに6種類完璧に跳んでたし、今大会は3年のブランクありということで、目をつぶります(どこから目線だ)。
う~んせめてメダリストは、すべてのジャンプを確実に決めてほしい。
構成に入れないというのは以ての外だとわたしは思ってしまうんだけど・・・。
ISUのお偉いさんとかはどう考えてるのかな。
もう全種類どうとか関係ないと思っているんだろうか・・・。

あ~やっぱりこのあたりも含めて長々と書きたい。
そのために今、99年からフィギュアスケート世界選手権中心に見返しています。
プルと本田の姿に涙が出そうだよ。


スポーツ TB:0 admin page top↑
非常に
2010 / 02 / 27 ( Sat ) 22:43:34
おもしろいですね。
スピードスケート団体パシュート。
今大会一番興奮したかもしれないというほど、面白かった。
競技のおもしろさについては、トリノでわかっていましたが、今大会は特に展開が面白い。
特に女子。
番狂わせがすっごい。
まさか、という展開がショートトラック以上にあり、非常に楽しく見られました。
日本が倒される側でなければ、番狂わせとは非常に面白いものなのです(無責任)。
日本女子は問題全くなし!余裕の準決勝進出でしたね。
メダル、手に届くところまであるから、トリノの雪辱果たしてほしい。
トリノの時は本当に悔しかったからなあ。
仕方ないんだけども。

男子はアメリカ対カナダが面白かった。
アメリカの・・・あの選手名前、なんだっけ・・・。
忘れちゃったんですが、前半引っ張り後半は大分疲れていそうな彼を、最後の一周で先頭に出すという、恐ろしくも楽しい作戦で、もう身の毛もよだつ思いをしましたよ。
いや、顔はものすごいつらそうでしたが、意外に体力的には大丈夫だったみたいなんですけど。
そんな、殺生な・・・!とは思いました笑。中心選手って大変!
この競技の良さは何でもいい、というこのゆるっゆるなルールです。
スポーツの真髄である「勝てばいい」という、それだけしかないこのルール!!
シンプルだからこそ、面白味がギュッと詰まっています。
なんといっても、とにかく3人ゴールしてねってそれだけなので、誰が何回先頭に立ってもいいですし、味方を押しても手を引っ張ってもなんでもいいらしいです。
まあ、これは、結局相手との接触がまずあり得ない競技だからこそできるんでしょうが、なかなかリレー種目で見られない、面白い光景です。
何回も見ましたぜ!

それと、わたくし見てわかるように、基本的には女子の競技より、男子の方が好きです。
職場の上司には「男が大好きなんだね」と言われ、殺意をおぼえましたが笑。
外れてはないですが、上司の指すような理由では全くなく。理由は、単純に見てて面白いからです。
勿論、女性がやるスポーツにも違う魅力があるのはわかるのですが、わたしがスポーツを見るうえで、見たいと思うもの、その魅力はやはり男性の方にあるって事なんですよね。
要は好みの問題というか。
やはり、スピードであったりとか、力強さであったりとかそういう点の外に、恥ずかしい言い方をすると、人間の限界を見たいってのがあるんですよね。どこまで上に行けるのか、っていうところを追求したい(バベルの塔的な←違う)。
そのあたりを鑑みるに、男性は筋力という大きな強みを持っているので、やはり男子の競技のほうが面白く思えるんですよね。
勿論女子ならではの競技は大好きです。シンクロナイズドスイミングや、新体操など、この辺りも男性はやりますが(シンクロは日本の例の映画だけではなく、アメリカでは、普通に女性と共に大会に出たりします)、やはり女性の方が素晴らしい。
単純に上を目指す競技ってのは、男性の方が面白かったりするんですが、こういった、パシュートとかショートトラックとか、モーグルでもデュアルとか、スノボ回転とかクロスとかの対戦競技は、男性に劣らず女子もものすっごく面白いですね!って言いたいがための、長々とした前置きでした。
とにかくパシュートは面白いです。
明日必見、本当!

あ、でも男子カーリングは本当に面白いです。
カーリングもスポーツだということを思い出させてくれる。
今大会一度も見られてないけどな!
ベストセレクション見られてないからなあ~(その間に昼間録画したものを見てるため)。
でも一試合全部見たいしな・・・その放映はなかったですもんね、残念。

パシュートの何でもありの、素敵なルールとは逆にショートトラックは非常にそのあたり厳しいです。
触れてなくてもプレッシャーがきつかったという理由で妨害行為で失格になる。
ある意味紳士のスポーツなのかもね。
追い抜いてからコーナーに入らなくてはならない、とか。
日本の競輪も何でもありだけど、世界の「ケイリン」はそんな感じのルールがありますね。
あ、でもそう考えると、日本生まれのスポーツと海外生まれのスポーツを考えるとそのあたりなんか違いが出てきそう。
海外生まれのスポーツって非常に合理的な考え方をしますね~経済的に分析できそう!
日本は柔道でもなんでも体重別とかそんなんなかったですからね。
不利って何?っていう国民性があるんだろうな(今は微妙ですが)。

ということで、今度は何を言いたいかというと、ショートトラック男子500の決勝のオーノはちょいとかわいそうだったなって事です。
あれはセーフじゃないのかなあと思うんですが、素人目には。
厳しいなと思いました。
リプレイ見る限り、絶対に押してはないですもんね。手は掛かっていたかもしれませんが。
解説の方によると、プレッシャーがきつかったという理由での失格とのことです。
あな恐ろしや、ショートトラック!!
だが、そこも好きだ!本当に順位が確定するまで何が起こるか分からないんだもん。
実況のアナウンサーが言ってたように1位でゴールしても手放しで喜べない。
そして、どういうことだろう・・・・男子500、女子1000は見たんだけど、男子5000リレーを見てないんですが、放映ありましたか?
途中で寝たかな?
気がつくと意識を失ってたりするから、気が抜けない。
しかもベストセレクションも5000リレーの放映ないし!!
あ~なんて残念・・・。



スポーツ TB:0 admin page top↑
気になったこと。
2010 / 02 / 27 ( Sat ) 06:31:46
みなさんも見て気になったと思いますが・・・。

女子シングルの最中に大きな日の丸を持った男性陣がいて、しかも、なぜか顔にペイントしてるの。

おいおい誰だよ、ここはサッカースタジアムじゃないっての笑。
勘違いされちゃあ困るよねえ。

ちょっとオリンピックだからってはしゃぎすぎちゃったかな?と思ったら・・・


小塚と織田と高橋でした!

・・・うん、オリンピックを楽しんでるみたいですね?
このお茶目さんたち!!


そして、沖縄で地震がありまして、パシュートの放送無くなったみたいです。
寝るかな。
スポーツ TB:0 admin page top↑
そうだね。
2010 / 02 / 27 ( Sat ) 06:28:31
点数の出方が気になる、そんな時は・・・・

やっぱりプロトコルでも見ましょうか。

ところでわたしの好きなアナウンサー知ってますか?(唐突になんだ)
それは、テレビ東京の小島アナウンサーなんです!
声も好きだし、実況の仕方も好きです。柔らかな感じでやさしいし、盛り上がるし、ちょっと声掠れるし(その声がいいんだけど笑)それに・・・なんでしょうね、でもとにかく好きなんです!
特にスノボとかモーグルとか、そういうXゲームよりのスポーツの実況は、わたしの中ではもう唯一絶対の人です。
小笠原アナウンサーも悪くなかったけど、やっぱり小島アナウンサーの「ドロップイン」の言いかたじゃないと!

ところでパシュート見るために、朝4時に起き、BS1をつけたら、スキー回転をやっていて、そのアナウンサーと解説の方がものすっごくあたたか~い実況をしていて、富坂アナウンサーも素敵って思いました。あと木村さんの解説もよいです。いい放送でした。
意外に日本人が出ていなかったり、あまり注目されていない競技のほうが皆さん、リラックスした実況ができるのかもしれないですね(トリノのカーリングの時みたいに)。
そういえば、トリノの刈屋さんとゆかさんの、刈屋さんの言葉をばっさり切るコンビも非常によかったですが、バンクーバーの女子シングルの、刈屋さんと八木沼さんの、感受性豊かなコンビも非常によかったです。

アナウンサーと解説、ではないんですけど、面白かったのがもう一つ。
スピードスケートって最終コーナー付近にコーチがいて、具体的な指示をだしたりしますよね。
言葉じゃ伝わらないので、紙に書いてあったりするんですが。
日本のコーチの持っていたスケッチブックには「行け!」と力強く書いてありました。
全然具体的じゃなーい。
それとともに、大きな声も飛び交いますが、日本のコーチが「行けるぞ!!後18回!!!!」会場中に響く声で叫んだとき、解説の白幡さんが「選手としては正直回数は言われたくないです」とばっさり切ったのがもう面白くて面白くて。きっと選手時代にも思ってたんだろうけど、言えなかったんだろうなあとか思いました笑。
そして、その言葉のフォローに走ったアナウンサーの次の一言は、「でも、今までで一番大きな声で聞こえました」でした。
声の大きさグッジョブ!!でもフォローそこ?ってはちょっと思いましたよね笑。

基本的にはわたしがスポーツ好きだとは公言しないようにしています。
スポーツなんて全然見ないわって感じですました顔をしてるんですけど、職場ではもうばれましてね。
上司が巨人ファンなので、話聞いてるうちにいらっとして笑。
こうなるから、スポーツの話は振らないのに~。軽ーい感じで振られても(あの選手かっこいいよね~みたいなスポーツ好き女子に対してよく見られる話の展開)、ものすっごい全力投球で返すという、空気読めない会話をしてしまうので。今日も、最終的に男子カーリングの面白さについて語ってしまい大分引かれました。(だって、男子のカーリングってどうなん?って思うよねとか職場の若いにいちゃん(上司)が言うから!)
そんなわけで、もうわたしがスポーツ好きと職場でばれてるので、大きな声と顔で、結果は絶対に言わないように!!と頑張り(男子は上司が高橋の結果だけ言った→若干喧嘩)、目も耳もふさいで、家に帰ったら、意外にネタばれありませんで、ドキドキしながら女子シングルFS見られました!

見終わって思ったのは、順位に文句はないなってことです。
今大会はこの順位通りで正しかったと思います。そのうえで勿論、納得いく部分といかない部分があるかとは思いますが、まあ、今回は明らかでしたからね。
途中までは本当に歴史に残る名勝負になるかと思っていたんですが・・・そういう意味ではちょっと残念でしたね。
もちろん、名勝負にはなりませんでしたが、歴史に残る大会にはなりましたね。
最終組は男子より見ごたえあったんじゃないかな?
全員ノーミスならそれが一番と願っていたけど、う~ん。
明子ちゃんはよかったねえ!本当にいい笑顔でした。立派に入賞だし、演技自体もキレあるし、ジャンプも非常にきれいだったし、いいプログラムでした。
安藤もすごく良かった。
わたしはこの4年、安藤を批判したりもしましたが、いい4年間だったなあというのがすごくよく伝わってくるいい演技でした。
足を止めることなく、一歩一歩着実に階段を上ってきたんだな、心から強くなったなと思いました。
そういう意味ではコストナーに精神面での成長を見られなかったのが残念かな。
決まればすごい高い点数もらえる力があるんだから、一回見てみたい。


ヨナちゃんはすごかった。
すごいというのは簡単だけど、本当にすごいとしか言いようがなかったね。
SP1位で、FSは浅田の前で、追われる立場ってのは本当にすさまじいプレッシャーだったろうから、その中であの演技とはもう奇跡といってもいいくらいじゃないか。
点数の出方については、また後ほどということにしても、それを差し引いても、素晴らしかったね。
浅田に比べると、ジャンプ構成どうのっていう話をたまに見ますが、レベルが全然違う。
男子の4回転を入れる選手と入れない選手との差とは比べるものではないです。引き合いには絶対に出せない。
雲泥の差があります。
ヨナちゃんの構成もものすっごく高いレベル。コンビネーションの後のジャンプに3回転を2回持ってきてるのだから、文句のつけようがないです。
それになんといっても彼女の表現力は本当に素晴らしい。そこは確か。
わたし今回うっかり、あのミス・パーフェクトクワンを思い出しましたもの。クワンになれる、かもしれない・・・。

真央ちゃんがヨナちゃんに勝つとなったら、やはり3Aを3回決めるしか今のとこ道はないです。
真央ちゃんは3-3を跳べないし、大分うまくなったとはいえ、トゥジャンプが苦手だし、表現力はやっぱりまだまだなので。
それ以外の技術力は素晴らしい。
二人が全力を出し切れば、本当にいい勝負なんだろうなというのが、よくわかる大会でした。
これは4年後が楽しみになったぞ!
在りし日の(間違い)、ペア、ロシア対中国みたいな構図になってきた。
そう考えると、今雪さんたちとんでもない表現力を手に入れたし、真央ちゃんも4年できっと成長するだろう。
きっと素晴らしい表現力も手に入れるかもしれない。
なんだかんだでまだ19歳なんだし、今回は3Aを3回決めたというのがとにかく大きい。
今シーズンを考えたら、100点の出来でしょう。

まあ、それでもヨナちゃんのPCS9点台はちょっと高いかな、とは思ったんですけどね・・・。
ただこの採点システムが結局のところ、絶対的に見せかけた相対的なシステムだからって理由が大きい気がする。

そして3位のロシェット。
SP、FS共に名演技でした。
彼女は本当に今回悲しい出来事があって、そういう背景を知って見てしまっているからっていうのが多少なりともあるのは否めません。
でも、それをおいても、彼女のこのバンクーバーのでの演技は名演技でした。
それだけは確かです。
感情をこめて滑るっていうのをよく聞きます。
それこそ指先から一動作一動作から、感情があふれてくるっていうのがこういうことだというのが本当によくわかりました。
もし、彼女の悲しい話を聞かなかったとしても、絶対に感動をする演技でした。
それだけは間違いない。
なぜなら彼女のLPでの使用曲の「サムソンとデリラ」が名曲に聞こえた。それがすべてです。
もちろん元々名曲なんですが、わたしは苦手な音楽です。
にも関わらず、これほど心動かされる音楽になるとは。
この曲がこれほどやさしく神々しく響くとは本当に思いませんでした。
バトルが滑った時も、思ったものですが、今回はそれ以上のものです。
音楽の聞こえ方までも変えてしまう、それはもう選手の力です。
素晴らしい。

名作と名演技は違うと思っていたんですが、名演技ゆえに名作になるプログラムもあるんだなと思いました。


ということで、非常によかった女子シングル。
ただし、これを見て、また男子と新採点に対して言いたいことがもやもやと。
男子だけの世界で考えると、わたしの主張していることはやっぱり少数派なんだろうか、と思うけど。
違った!もっと視野を大きく見たらよかったんだ!
男子は全員女子を見るといいよ。

わたしは常々4回転4回転いってますが、フィギュアがジャンプだけとは全く思っていません。
それと同時に、スポーツなんだから芸術面も必要ないとは、まったくもって思っていません。
そのあたりも含めて、この新採点が問題だと思っている。
それを含めて、男子シングルについて書けたらいいなと思ってます。
思ってるだけにならないように気をつけたいと思います笑。
スポーツ TB:0 admin page top↑
何?!
2010 / 02 / 27 ( Sat ) 05:14:21
ヤンネ・ラテラが日本のコーチだと?!


・・・すみません。
オリンピックまでとーんと知りませんでした・・・。
そりゃあすごいなあ。

てかヤンネ・ラテラってラハテラが正しいんですか?
10年近くラテラと思っててた。
スポーツ TB:0 admin page top↑
フィギュアスケート男子シングルを終えて
2010 / 02 / 20 ( Sat ) 19:21:42
とりあえずプロトコルでもはっとこうかいな。

今のところ言いたいことがもやもやもやもやありすぎて、なんとも言えない!!
これ見て納得いきますか?!
・・・・わたしはいくようでいかないって感じです。
ある意味仕方がないな、という部分もありつつ、けれど今の問題点が大きく出たような結果に、これから先一体どうなっていくのかという気持ちが非常に大きい。

とりあえず、ペアはとんでもなく素晴らしかった!!てことだけは声を大にして叫びたいぜっ。
雪さんとこが金メダルって分かった瞬間は大号泣しました。
本当に美しく、凛としていて、美しい、もうとにかく美しいプログラムだった。
二人の穏やかな表情が、あまりにも心を打ったような。
悲願の金メダル、本当に悲願としかいいようがなくて、その場面を見ることができて、本当に本当にうれしかったです。
もうそれだけ!!!

あと、サフチェンコ、ソルコビーペアがものすっごくよかった!!
勿論もともと素晴らしいペアだったけども、ここまでいいペアだったかな?
プログラムが本当に良すぎて、二人の動きが、一動作一動作があまりにきれいだった。
雪さんとこといい、スポーツということを忘れてしまうくらいでした。
あれ?これオリンピックだっけ?みたいな。
ペアは新採点関係ないね。
選手の皆さんの努力のたまものなんだろうけれど。
結局大きな影響を受けたのは男子シングルだけなのか。
勿論ペアも女子もIDもそうだけど、なんというのか、世界全体が新採点で変わってしまったというのは男子だけだろう。

それとジュベが滑り終わった時も泣いた。
この辺りは詳しく書きたい。
プルはショックすぎて言葉が出なかった。
高橋はまあ、頑張ったなと思った(すごく軽い感じだけど、結構熱く言ってます笑)。
ライサの金メダルは勿論おめでとうと言いたいんだけど、まだちょっと冷静になれない感じ。
まだ頭の整理がついてなくて、あそこまで素晴らしい演技をしたに関わらず、だから、彼は金メダルにふさわしいに決まってるのに、どこかまだ、駄目だ。
でも、否定はしたくないんだ、本当に!!
もうちょっと頭冷やしてから書きたいと思います。
ウィアーよかった!
トリノは失敗しての5位。
今回はSP、FSともいい演技をしての入賞だから、全然意味が変わってくる。
彼も本当に復活。
これでおわりにすることなくこのままずっと頑張ってほしいと思う。
ランビは復帰してくれてうれしくて、それに加えて4回転を2回もしてくれて、本当にうれしかった。
芸術性はどの選手よりも本当に上だし、LPもよかったし。
でも、一言言うなら、せっかく復帰してオリンピックを滑るなら、あの名作のLP、フラメンコで来てほしかった。
あの名作をオリンピックの舞台で見たかったなあ。
そこだけが残念です。

それと男子スノボHP。
まず、ショーンがすごいと書く前に。
日本勢の飛躍に心からの拍手を!
トリノのあの、ものすごくひどかった記憶さよなら!!
トリノではレベル差がありすぎてひどいもんでしたが、今なら自信持って言える!
日本もスノボの強豪国です!
めっちゃうまくなってる、回転がかくかくしなくなったし。
スノボってBS見られないとほとんど毎年見る機会がなくてね・・・・。
今どうなってるかよく知らなかったんだよね。
ショーンが相変わらずすごいってのは聞いてたんだけどね。
実際見て本当にすごかった。
彼は衰えという言葉を知らないんだろうか?
年もわたしとそんな離れてなかったから、そこそこいい歳だと思うんだけど。
こういう世界は衰え早いと勝手に思っていた自分に喝!!
彼がいたから、スノーボードの世界は新しい時代を迎え、彼がいる限り、大きく飛躍し続ける。
それを証明した大会でもありました。
すべてのスノーボーダーが彼を追い続け、彼の編み出した技をまた練習し、そしてまた彼が次の技を編み出す。
歴史に残る選手というのはいるものです。さらには伝説になるであろう選手までも。
ショーン・ホワイト、彼が確かにそういう選手だと、間違いなく断言できます。
そして、彼の進化をリアルタイムで見られることの尊さをオリンピックでもまたしっかり噛み締めました。
この時代に活きて居られてよかった!
オリンピック最後の技、自身が編み出したダブルマックツイスト1260。
人間が空中で回れる限度であろうといわれる大技。
現在できる選手はショーンただ一人。
また、これを追って選手たちは無我夢中で上を目指すんだろう。
そしてショーンが或いは他の選手が、人間の能力までも超えて、さらに先へと行く日が来るのかもしれない。
そんな可能性に思いを馳せることのできた、いいオリンピックでした。

しかし、スノボってのは他の競技と違って、悲壮感が少ないね。
競技の性格もあるんだろうけど、まず選手同士が仲いいし、楽しもうってのが一番というのがよくわかる。
だからオリンピックの中ではちょっと浮いてる存在なんだけど笑。
いい意味でオリンピックを神聖視してないんだろうな。
重要度が下って訳ではないだろうし、重責ももちろんいつも以上にあるだろうけど。
フランスチームがかわいかったね。
男爵髭。コーチたちもちゃんと書いてるんだもの笑。
スポーツ TB:0 admin page top↑
ほほう
2010 / 02 / 14 ( Sun ) 22:43:27
オリンピックはじまりましたね~。
競技始って2日。
その間にあった試合は大体見られてます。土日でよかった!!
それとわたくし、只今、なかなかの上機嫌です。
なぜなら、BSが見られるようになったからです!!
それというのも、実家でやっと地デジを勝ったそうで、いらないということでDVDレコーダーをもらったんです。
テレビはもう壊れてますけど。
とりあえず、オリンピック、できれば、ワールドカップまで持てばよし!
夏か冬のボーナスでは買いますよ、地デジ。
それまではまだまだ粘る・・・・。

開会式はやっぱり鳥肌が立つ。
ああはじまるんだ、と思うと、おごそかな気持ちになる。
フランスのユニフォームがかわいかったなあ。
一見ものすごくシンプルなのに、脇の下からフランスカラーがのぞく使用。
好きでした。
あとイギリスも。冬もやっぱりジャケットなんだってところが。
毎回かわいいカナダは今回はちょっと微妙。あの帽子やめちゃったのかなあ。
あれが好きだったのに。

モーグル女子。
とてもよかった。少し魔物が棲んでいたという感じでしたが。
日本選手は、やはり上村以外は上位陣に太刀打ちできない、という状況。
里谷はホント大きい舞台に強いのでこの中には入ってこないんだけどさ。今回は残念でした。
途中までは本当によかったのにな!
この爆発力が上村にもあったら・・・・。
上村は技術の点では多分本当に申し分ないんだろう。ただやっぱり爆発力には欠けると思う。
う~ん・・・本当に彼女にはメダルを取らせてあげたかったんだけど。
実に残念。

ショートトラックはひどかった。
ひどかったというかレベルの差がありすぎた。
もともとアジア勢が強いこの競技だけど、韓国以外はそうでもなくなったかな。
ヨーロッパ勢とか北米が非常に力をつけてきて(あとオーストラリアか)、ここら辺りにも日本はかなわない状況。
全然力が違うんだもん。
決勝いけたら御の字だ・・・。
最終的にはオーノを応援した笑。一応日本の血をひいてるし。
いまだに元気に活躍していてくれてうれしいことはうれしいし!
しかし、欧米勢がショートトラックに慣れてきたら、アジア勢は隅に追いやられるかと思ったら、韓国だけは次元が違う。
男子1500メートルではラスト残念な結果になりましたけど、スタミナもあるし、スピードもあるし、そのまま落ちないし!
本当に1500メートルなのに500メートルみたいなレース展開。
目が離せなくて困りました笑。
しかし、わたくしショートトラック好きです。
この一瞬の駆け引きは見ていて本当に楽しい。あとこっそり好きなところは、審判がスーツ姿でショートトラック用の(おそらく)スケートに履いてリンクにいるとこです。
面白い。

あ、ランビ見ました。
本当に出るんだからうれしい限り!
ペレン君も旗手務めてたよ!

スキージャンプはベテラン勢が頑張っていてこれまたうれしい名前を何人も見ました。
日本勢の葛西は勿論のこと、アホネンとかシュミットとか、まさかまだみられるとは!
一時期の強さは勿論無くなってきてしまいましたが、この年でまだ続けていてくれて、且つオリンピックにも出てこられるというのが本当に尊敬の念を憶えます。
優勝はハリーポッターことシモン・アマン。
彼はソルトレーく一発と思いきや(まあトリノにもいたんですけどもちろん)、今大会は前評判NO,1で、そのまま金メダルをさらうという。
新の強さを手に入れたことをしっかり証明してくれました。
大体、こういう一発屋っぽい人ってその後なかなかいい成績残せなかったりするんだけど、彼はなかなかどうして素晴らしいです。とんでもない努力の結果でしょう。
マリシュも相変わらずいいおじさん!(失礼)
銀メダルでもうれしそうでしたね。

スピードスケートの5000メートルはアジア勢初のメダルを取りましたね。
素晴らしかった。
これでアジア勢が底上げしてくれたら、非常にうれしい。

プレッシャーに勝つって言うのは本当に大変なことでしょう。それを、オリンピックという舞台で成し遂げるんだから、言葉を失うほどにすごいことです。
人間て素晴らしいな!そんなことを思います。

それとは別に国母。
ファッションでしか自分を出せないなら、非常に残念なこと。
勿論自己主張はとても大事です。
それがファッションで表すことができるというのも事実です。
ただ、こだわる必要はないとわたしは思います。
特に国母なんてそんなことする必要のない強さを手に入れてるんだから、ちょっと残念だったかな。
伝統と責任と自己主張と、それぞれが主張する部分も勿論わかるんだけど。
今回の件に関してはちょっと国母が甘いかな。
大学生だからこんな感じで別に、普通なんだと思うんだけどさ。
スポーツ選手は大変ですね、実年齢以上にどうしても求められるものが多くなる。
その腕一本で世界と戦っているということがこういうとこにまで響いてくるのかもしれませんね。

さて、今はリュージュ中。
今大会この競技で、公式練習中、とてつもなく悲しい事故が起きてしまいました。
仕方のない部分はあるとしても、こういったことが起きないように、改善しうる限りのことを調査して、二度と起きないようにしてほしいと思います。
ご冥福をお祈りします。
スポーツ TB:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。