スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
男子フィギュアSP
2006 / 02 / 15 ( Wed ) 18:30:21
さて、前半戦が終わりましたね。
この面白い滑走順は吉と出たり凶と出たり…。
安定していると思った選手が失敗したり、逆に絶対ダメだ、と思った選手が大成功だったり!
オリンピックは不思議なものです。
早くプロトコルみたいなあ。
ジェーニャの点数どうなってるのか見たい。
あとジュベールなんであんな高いか、とか笑。  

第1グループ。
高橋大輔選手。
一番滑走でどれだけ緊張してるかと思ったら、滑り自体はとてもよかったです。
少々堅いところも見えますが、よく滑ってました。スピンとステップキレがあってよかった。
滑走順がよかったかな!

エフゲニー・プルシェンコ選手。
オリンピックに照準合わせていて、何か隠し持ってるんだろうなあ、とは思ってましたが、ケガや年齢の影響で、少し心配してたのも事実です。
ところが……もう何も言うことないです。
あの人、人間じゃない!笑
4Tのランディングは一瞬重心が傾いて、どきっとしましたが十分コントロールして危なげなく3Tにつないだ。ステップもスピンもレベル4。
レベルと言うよりも、とにかく圧倒的な滑りでした。やっぱり滑走順かわいそう、あとの選手が。

李成江選手。
大事なところでジャンプいつも失敗しちゃうんですよね…。応援してるんだけど。
スピンはレベル上げてきましたね!

ジェフリー・バトル選手。
心配な選手その1…。
心配的中です……。ある程度の失敗は想定してましたが(3Aで手をつくくらい)、まさかジャンプ2つ失敗するとは!ショック隠せない。
全体的に堅かった!ジャンプ2つ失敗じゃ高橋の上は行けませんね…。

イワン・ディネフ選手。
調子悪そうでしたね~。曲は「タイプ・ライター」、この曲結構人気ですね。難しそうなのに。
最盛期過ぎちゃったかな…前はもっとキレあって力強かったんだけど。

クリストファー・ベルントン選手。
丁寧な滑り。でも演技がコミカル。
楽しそうでよかった。


フレデリック・ダンビエール選手。
オリンピックに飲まれた選手がここにも一人…。
残念でしたね~。FPでは納得いく滑りしてほしいです。

ステファン・ランビエール選手。
あれ、SP…こんなんだっけ?かなり内容も変えてオリンピック仕様という感じ。
2Aではひやり。これは4-3だめかなーと思ったら、しっかりコントロールして入れてきた。GOEはあまりでないかもしれないけど、入れると入れないじゃ天と地の差があるから、さすが。
けど今日はちょっと元気ない。ステップはきれいだし楽しそうでよかった。

ジョニー・ウィアー選手。
一番心配だったウィアー。演技始まったらよく滑っていたので一安心。3Aをきれいに決めて、3Lzー3Tもきれいに。
ジャンプ決めたらもう彼の独壇場。流れが一度も止まらず、すべてが美しい。
こう見るとプルシェンコとは正反対なスケーティングですね。
バレエをやっていたウィアーに合ったプログラムでした。何と80点に乗せてきました。ランビエールが調子悪かったとはいえ、彼の上に。
今季はSPよくてもFPで失敗したりなのでまだ安心はできませんが、今日はかなりよかった。

ケビン・パンデルペレン選手。
ソルトレイクのガッツポーズが今日も出るかな。
途中までは良い感じ!3-3も決める。
ステップもスピンもレベルを着実に上げてきてる。最後のジャンプで転んでしまいました。
それまではとてもよかったので残念です!

ブライアン・ジュベール選手。
相変わらずおかしな衣装で、「007」。
ふ、振りが面白すぎてまじめな顔して見られない笑。4Tー3Tで手を着いて二回目が2Tになってしまう。ステップやスピンが少しレベルが下なイメージでしたが、オリンピックではきっちり上げてきました。…やっぱり振りが面白い…。007てパンチのイメージあったっけ?笑。まあまあ良い演技でした。
一緒に見てた弟が「顔はきれいなのに。きれいなのに…」と連呼してたのがおもしろかった。きれいなのになんなのか、そのあとを聞きたいです笑。

エヴァン・ライサチェック選手。
曲は「闘牛士」でよかったかな?こういう曲が合いますね、彼は。演技にハリが出る…。
でも今日は、緊張が透けて見えてしまっていました。その通り、ジャンプを2つ失敗してしまう…安定してると思ったんだけど、オリンピックってやっぱり怖い…。キス&クライでもあまりにしょんぼりしてて慰めたくなります。FPの「カルメン」は良いプログラムだから頑張ってほしいです。

イリア・クリムキン選手。
最近元気ないなあと思ってたらケガしてたらしい。本田のこと思い出してとても心配。
やっぱりその影響かいまいち滑り込めてない雰囲気。コンビネーションを入れてきた柔軟性は素晴らしかった。スピンでは彼の独創性がちらり。

エマニュエル・サンデュ選手。
ある意味、一番メダルの色を左右する男。
よかった、今日は化粧がナチュラルだ!笑
振り付けも意外に普通でした。この辺りはFPまでお預けかな?4T-3Tはきれいに決めて来ました。と思って一安心したら、続く二回のジャンプを失敗…。さすがサンデュ。
得意のスピンもちょっと危うい。公式練習では調子よかったという話なのに。でも、これもサンデュらしいです笑。

さて、ウィアーが思った以上の調子で二位につけています。バトル、サンデュ、ライサチェックは出遅れた格好。どこまで巻き返せるか、かな。特にサンデュは侮れない。
ウィアーもFP”Otonal"に戻してきました。この調子を持続できるか、滑り込めているか、レベルをどこまで上げてきたか、が気になります。何とか大きな失敗なく頑張ってほしいです。
ジェーニャはもう好きにやったらいいよ。どうせ初お目見えのプログラム用意してきてるんでしょ?ひとり雲の上の存在になってしまってるなあ。



滑走順は高橋に有利かもしれない。
最終グループの一番滑走がプルシェンコになったので。ジェーニャの次はランビエール。ランビエールはちょっとかわいそうだったかな。

FPも本当に楽しみです。バトル、まだ諦めるのは早い!頑張ればメダルも見えてくる、と思います。
スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/103-bab92188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。