スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
フィギュア男子FP
2006 / 02 / 18 ( Sat ) 01:29:43
お疲れさまでした!
朝早くから起きまして、生で見られました。
軽く感想を…。

ケヴィン・バンデルペレン選手。
相変わらず大舞台に強いですね~。
SPの失敗を引きずらず、とっても良い演技でした。
ジャンプもばっちり4回転も決めて、スピンもステップも、
かなり頑張っている部分が見えました。
こういう舞台で自分の力を出せるのが、実力がある証拠!
最後のガッツポーズと笑顔はソルトレイクを思い出させました。あのころよりよほど実力は付いたけど!
おめでとう!

マシュー・サボイ選手。
隠れた実力者だな~とは思っていましたが、四大陸はちょっと調整遅れかと心配していました。
けれど、SPもFPも本当によく頑張ってました。
特にFPは本当に素晴らしかった!
きれいなプログラムをきれいなスケーティングで、構成していてよかったです。
ジャンプも大技ないけど本当にきれいで…地味に。
やっぱり地味な実力者だな、と思いました笑。
ほめてますよ!

エバン・ライサチェック選手
SPのしょんぼり振りが心配だったライサチェック。
FPはどうなるか、と思ってドキドキしてたんですが、練習ではいい顔してたので、なんとか行けるかな、と。
滑り出したら、とても素晴らしい演技でした!
五十嵐さんもおっしゃってましたが、本当に絶対に失敗しない!っていう強い決意が出ていて感動しました。
今までライサチェックって安定してるけど、それが彼の演技のスタイルだと思ってたんです。
それが良い意味で裏切られて、本当に良い選手になったなあと思いました。最後のSLSTは盛り上げてくれました。

エフゲニー・プルシェンコ選手。
今日はかなり気を抜いて滑っていましたね。
気を抜いてとは言っても、良い意味でリラックスと言い換えても良いかも。
あまり無理はせず、彼の体調と今の状況とを考えたプログラムで本当に隙がない、といった感じ。
全盛期の勢いや体のキレはなくなったけど、本当に強いすごみのある選手になったなと思います。
またしてもとんでもない点数で圧倒的。それにしてもラストはちょっとなめてるぞ笑。

ステファン・ランビエール選手。
今大会はちょっっとだけ元気がなかったけれど、やっぱりまとめてくる。3Aはないけど、4-3ー2も入れているし、3-3コンビネーションも入った。ステップスピン共に普段ほどキレはないけど丁寧に行っててよい感じ。それにしてもランビエール4-3-2をかくしてたとは!やっぱりオリンピックまで手の内見せないんですね~。

ジョニー・ウィアー選手。
今年の彼の大会を見てるとことごとくFで失敗してるので、すっごくどきどきしながら見ていました。
衣装は新しく作ったらしい。"Otonal"のPはどこまで変えてくるか…あのままじゃちょっTEが出ないだろう。
最初の3Aー3Tはきれいにまとめる。ほっと一安心だが、4Tのところを2Aにする…このあたりからなんだかいや~な予感が漂う。いつものウィアーなら3Tにするはず…と思いながら見ていると大きな失敗はないものの、ランディングの姿勢が今回はあまり安定していないのと、ジャンプ最初に2Aを飛んじゃったためにかなりジャンプのエレメントで迷いが見える。最後はジャンプを一つ飛ばしたっぽい。
プログラムも去年と大きな変更なく(…ていうか去年よりすっきりしてる?ジョニーどうしちゃったの~)、スピンもきれいだけど、いまいち…ステップとジャンプも…何よりコンビネーションが一つしか入らなく、要素がひとつ欠落している。やはり点数は伸びない。杞憂ぴたり!!泣きたいよもう!

ジェフリー・バトル選手。
今日も相変わらず笑顔で入ってくる。FPは二年前の。わたしはあまり好きではないんだけどな…今年のが好きです。
3Fー3Tはすごくきれい。良い感じと思ったら4Tで転ぶ。まあまあ、これは想定内です大丈夫。
バトルもそうらしく、その後も大きな動揺なくいつも通りの美しいスケーティングに美しいスピン。彼のスケーティング技術は本当にアイスダンスの選手みたい。
滑るって言う基本の技術のすばらしさを教えてくれる。
彼の良さを十分に出し切りパーソナルベストを更新!!
おめでとう!

ブライアン・ジュベール選手。
前から知ってたけど大きい試合に弱いよね…。
今回もやっぱり…でした。残念!!
4Tー2Tは手を着きながらも何とかコンビネーション。
その後もぽろぽろミスが目立つ。最後には転んでしまう。
う~ん…ジャンプが成功しないとジュベールはきついか…。
スピンとステップは本当に上手になりました。
けれどやっぱりジャンプの失敗が響き、点数伸びず。
キス&クライでも自分でも分かってるのが頭を抱えていた。

高橋大輔選手。
プレッシャーのかかる最終滑走者。特に、今回は前の選手パーフェクトな人がプルしかいなかったから余計にかかったろうなあ。
滑り出し。スケートはよく滑っていてスピードもある。
最初の4Tで派手に転ぶ…。でもこれくらいなら想定内です。五十嵐さんも引きずらなければいいとおっしゃってます!心配なのは4Tの回転が微妙なところ。3A-3Tも二回目のジャンプは明らかに回転が足りない…。ステップアウトのおまけ付き。ClSTも何度かバランスを崩したりつまずいたりしてる…イヤな予感。スピンはまあまあ、かと思うんだけど…どう判定されるかな。これ全部下のレベルで判定されるときついな、と思ってると、やっぱりTEがものすごく低い!でもPCが良い点出てる…。
高橋のこの位置は彼の今の実力のままだけど、PCがよく出たことを誇りの思ってほしい。
まだ若いからね。この経験が絶対に良い形になって表れるはず。

プルシェンコはまだ現役やるらしい。へんな自信付けさせちゃったみたいだな笑。
でも嬉しいです。こうなるとまだまだこのメンバーで世界が構成されそうです。
結局金はプル、銀、ランビエール、銅バトル。
やっぱり安定してる人が上にいきました。
結局前評判高い三人なので、順当な結果といえるのかな。
ウィアーとライサチェックは残念でした。ライサはFPよかったけど、ジョニーは…、とても美しい演技が出来る希有な選手なのでこれからも絶対に頑張ってほしいと思います。
あの曲をこなせるのは彼しかいませんよ!!
皆さんお疲れさまでした!

EXはプルとバトルが楽しみ!
アイスダンスもカナダのデュブレイユ・ロウゾン組が上位に来たら「雨に唄えば」がすっごく楽しみです。
今日から規定。ナフカ・コストマロフ組にブルガリアのデンコワ・スタビスキーがどこまでせまれるか、がポイントかな!
とにかく納得いく演技をしてほしいです。
スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/104-8f3f3348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。