スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
アカデミー賞もほっといて
2006 / 03 / 13 ( Mon ) 10:57:21
バリーの新作が出てきて嬉しいこのごろ。
「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」面白そうで、すっごく見に行きたい。
でもやってくれないっぽいので残念。
主役はこれでカンヌをさらったトミー・リー・ジョーンズ。
ところでトミー・リー・ジョーンズ、ダニエル・デイ・ルイス、ジョニー・リー・ミラー、ケヴィン・ヴァン・デル・ペレンがいつもごっちゃになります(最後のは嘘です)。
(バルトロメウ・ディアスも一度イグナティウス・ロヨラを言わないと出てきません)

バリーの次作はイーストウッドの「父親たちの星条旗」だそうで。ライアン・フィリップも出演してるらしい。
ライアンはティーンエイジアイドルになりきれなかったのかな~とちょっと思ってるんだけど、その後の出演作の選び方は結構うまい、と思います。
演技もなかなかだし、それなりに良い位置を築いていくんじゃないかな、と安心してます。
彼の作品ではベニシオ・デル・トロと共演した「誘拐犯」が一番好き。映画自体も哀愁漂ってて良い感じ。

こないだ地上波で「ジェヴォーダンの獣」をやってて久々に見たら、やっぱりジェレミー・レニエがかわいくてかわいくて!
最近彼はどうしてるかな、と思ったらカンヌでパルムドール取った「ある子供」で主演してたらしい。
これでヨーロッパ映画賞にもノミネートされてたりして、これから先がすごく楽しみ。
とりあえずすっかり見逃した「ある子供」のDVD化を待つしかない。

アカデミー賞はいろいろ言いたいんだけど(特にペンギンのぬいぐるみについてとか笑)、映像ではまだ見てないので、BS2の放送見てからにしようか。
スポンサーサイト
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/115-16cea323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。