スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
『マーダー・ネット』(2002/仏・英/サスペンス)
2006 / 03 / 13 ( Mon ) 11:23:44
ネタバレ

ストーリーがよく判らない。
真犯人もよく分からない。
結局ラストがどうなったかも判らない。
状況説明的な部分がなく、登場人物の会話で推測するしかない。

インターネットが蔓延している世の中、プライバシーなどあったものじゃない世界もある。
それが、自分の私生活を公開すること。そのスリリングさがどうにも興奮するらしい。
生きていく意味を見出せないらしい若者は見られることで「何気ない仕草にも意味が生まれる」結果に、どうしようもなく魅せられるようだ。
そしてそれはいつの間にか、プライバシー流出、の世界からは飛び出てしまったらしい。

どうにも刺激的な題材で、殺人もあって、恋もして、ベッドシーンもかなり長い。
真犯人も結局はっきりしない。
この映画はかなり観客を置いていってるようにも感じてしまう。
この作品は映画として楽しもうとしてもまったくもって無駄なのだ。
ファーストカット、ラストカットを見れば分かるだろう。
これはネットの世界で、ライブスナッフ映像を売りにする「マーダー・ネット」を見ているに過ぎないからだ。
だから真犯人などいない。
ネットでの楽しみ方は、他人のプライバシーを覗き、殺人を見る。無責任に楽しむ、それだけなのだ。
この映画はそんな作り方を一貫している。「真犯人」がビデオを置いた以外の場所が映ることは滅多にない。
だから情報は不足する。
だからこそ、刺激的な場面ばかりが続く事にもなる。

真犯人は誰か?それは見ている我々だ。
無責任に楽しむ者がいる限りそういったサイトがなくなることはない。

言いたいことは判るのだけど、やっぱり映画としてはなかなか難しい。
ネット疑似体験としてはそれなりに楽しめる作品。

ファーロングはちょっと目の下疲れてる。
この頃まだ25歳なんだけど。


★★☆☆☆(DVD/2006.3.10)

スポンサーサイト
ま行 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/117-849d5e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。