スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
『パリ、18区、夜』(1994/仏/ドラマ)
2006 / 04 / 07 ( Fri ) 20:30:30
ネタばれ


非常に邦題が綺麗な映画です。印象的ですし。個人的には原題よりも好きです。この単語を並べただけの、言葉の並びもこの映画に合っていると思います。

非常に独特な映画です。パリ18区に住んでいる、人々の群像劇とでもいった方がいいのかしら。それでも、ちょっとした繋がりはあるのです。あの人と、この人実は同じ所に住んでいるんだ~とか小さな発見が結構ある。
それでも、一回見ただけではちょっと判らないかもしれない。
雰囲気は不思議な感じなので、もう一回見たら非常に面白くなるような気がするのですが、今はこの点数で。
お話というか、雰囲気に惹かれる。
これがパリ18区の雰囲気なのかもしれないけれど、何だか寂しい気がする。もの悲しさがこの街を覆っている気がする。
一見、無関心を装っている感じなのに。この映画、最後まで他人なのです。出てくる登場人物が。それがさらっとしていて、観客との距離も感じさせる。いつまで経っても映画に入り込めなくて。不思議。本当に不思議としか言えないです。

結局この物語の大まかなストーリーは何になるのかな。老女強盗殺人事件の話なのかな。それぐらいしか、時間経過を感じさせるものがなくて。
それにしても、あのリトアニアから来ていた、女の子が非常に美人さん。凄く可愛かった。フランスが外国人(フランス語を喋っていない人)に冷たいというのも確認できたことだし。
この国は面白い。フランス語を喋っていない人を外国人という。フランス語を喋り、フランス文化にとけ込んだら、外国人ではなくなる国。実際映像で見ると、知識だけの時とは違いますね。実感できます。

挿入歌のシャンソンが全部、良い歌でした。シャンソンも切ない響きを持っているから、この映画にぴったりな気がする。
個人的に好きなシーンは、あのリトアニアから来た女の子が、殺人事件の犯人である彼の写真を拾い上げるところ。一緒にコーヒー飲んだりだとか。やっぱりちょっとしたそういう繋がりは、不思議な感じがする。私たち、観客は彼らを二人とも知っているのに、映画の中の彼らは、それでも疑いようなく、他人だから。

フランス映画らしい、彩色だったと思う。この光をめいっぱい当てない感じだとか。
特に中盤のあのテノと子供が屋上にいるとき、青の場所に赤い光が差しているところ。
これが、元々の夜の黒と合わさって、非常に深く表現されていて、思わず唸る。やっぱり青と赤の使い方が印象的でした。


★★☆☆☆(2004/4.27/ビデオ)

スポンサーサイト
は行 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/152-ddaaac2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。