スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
美しい四月のはじめの日々
2005 / 10 / 16 ( Sun ) 02:21:39
「カポーティの文章の繊細で、うつろいやすく、傷つきやすく、そして美しい四月のはじめの日々」

トルーマン・カポーティの伝記映画、評判良いみたいですね
カポーティ本人の作品としてはいろいろ映画にもなっていますが、わたし個人的には初期の作品が好きでした
特に「草の竪琴」 このじわじわくる切なさと静かさと暖かさ
余韻がとっても好きでした これも映画化されていました
エドワード・ファーロングとショーン・パトリック・フラナリー
ジャック・レモンまで! 実はかなりの豪華キャスティングだったのかも 映画もとっても良かったです 
これと比べると遺作で未完となった「叶えられた祈り」はなかなか赤裸々な内容で、著名人もたくさん登場したりして、当時高校生だったわたしはどこまで本当なのかで悩んだりしたのでした
彼ご本人の生き方も非常に…なんと言ったらいいのか…数奇な生き方でしたので、映画はまたそのような内容になるのかな
優しさに目を向けて頂けたらと思うのだけれど

ところで今一番楽しみな映画は(見逃した)オゾン監督の新作も楽しみですが、ヒース・レジャーとジェイク・ギレンホール主演、アン・リー監督の『ブロークバック・マウンテン』日本公開が楽しみだなー
主演二人とも好きなので嬉しいです
それにしてもオーリーはなかなか順調にキャリアをのばしていて驚くぜ!新作『エリザベス・タウン』もそれなりの評価で一時オスカー候補の噂もあったくらいだし(もちろんまだ判らないけれど)、こけたはずの『キングダムオブヘブン』も本人は「甘いところはまだあるが良い演技」なんて褒められるしね…!
やっぱスターになるひとって何かあるよなあと思いました
大きく躓かないと言いますか! もちろん嬉しいですよ

------

『チャーリーズエンジェル』
意外にたくさん見てる
サムがとんでもなく格好良いし、エンジェル達はとても可愛いし!
本当にこんな週末の夜に見るに良い映画はないと思います
楽しかった

『処刑人』
これもね!好きなんだよなーどうしよもなくねー
見ちゃうんだ、何回でも!
この格好良く決めてるはずなのにどこか間抜けなのが大好き
そしてウィレム・デフォーがすべてをもってってる笑
ラストはもうちょっと軽くてもいいのになあなんて

『ビッグ・フィッシュ』
三回目の今回が一番泣けました…
本当にいい話だ
わたしはこれを最初映画館で見たとき、期待に期待が重なりすぎて、肩透かしを食らった気持ちだったのだけど(その割りにDVDを予約して買った笑)、
とんでもない やっぱ大好きです
最後のみんな顔が本当に良い… 人生はおとぎ話
何て素敵な言葉なんだ! 良い人生だった本当に

『ナイフ』重松清
本ですが…
彼の感覚の素晴らしさをわたしは買っている
けれどこの本だけは、彼が学生時代どんな立場で日々を送ってきたかを知らなければ、この本に対する感想は出さないなーと思いました
読み終わって一言、ずるいな…と思った
それが一番大きかったのかも
有耶無耶に綺麗にするから何か大事なことを忘れている気分になってしまう
第三者だから言えるのかもだけれど
スポンサーサイト
映画のおはなし TB:0 CM:0 admin page top↑
<<新ミスターキスキスバンバン * HOME * 古本屋>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/16-692fedf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。