スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
覚え書き
2006 / 05 / 06 ( Sat ) 00:58:17
亀田兄弟の試合をビデオに録り、電車に乗り、バスを乗り継いで、『ブロークバック・マウンテン』を見てきました。見終わった後は最終バスに間に合わせるために全力疾走をする(しないと間に合わない)リスクまで冒して見に行った辺りに、わたしの本気さが伺えて気持ち悪いですね。

というわけで見てきました『ブロークバック・マウンテン』。
唯一わたしが住んでる県でやってる映画館まで見に行ってきました。
最終日でGWってのもあって日本という環境にしてはなかなかのお客さんの入りでした。ひとりで見に来ている寂しい人はわたしの他には見あたらなかったような気がしないでもないですけど…

あ、そうそう、それでこの映画はあと何回か見ないと感想書けなさそうなのでとりあえず今回は茶化すほうで。
というのは冗談ですが、ちょっと気になった部分をメモしとこうと思います。

もちろんネタばれですよ!



・わたしの前に座っていた外国の方(ちょうかっこいい)が、開演直前まで携帯いじってたので、後1分消すのが遅かったら、辺りは血の海になってたな、と思った。

・その方達がずっといちゃいちゃしてたので、ちょっと気になって最初の方は映画に集中できなかった。

・字幕が多少見づらくて、彼らのFirst Impressionじっくり見られなかったじゃないか!

・最初1時間が展開早すぎてついていけないところだった
(これは映画の主題上くっつくまでが問題じゃないからですが、それにしたって!)

・いちいち目撃されるところは危うく吹き出しそうになった。だってなんでいちいち必ず第三者の目があるのだ…。

・すいません…、いろんなエピソードがちょっと気恥ずかしかった。
(感動しながらも、ですけど)

・ジャックは思った以上に最初から狙ってる感じだった。

・ジェイクがどうしたことか、あまりに美形でちょっと照れた。すごいな、俳優さんって。

・アカデミーか予告編に出てた部分は思いっきりカットされたんですか?それとも誤訳だったんですか?そのシーンを待ってたのになかったのであれ、って思って。

・ところであのはがきの文字は一体誰が書いたの~?二人の葉書ともわたし好みのアルファベットでした…。特にイニス側…。あれ、レジャーが書いたんだとしたら、もうちょっと、恋に落ちる笑。

・レジャーはものすっごくうまかった…けど、ほっぺたに綿詰めてるんですか?ってくらいこもった声をしていた(これも西部なまりを出すためなんてことはあるのか…な…?)

・これはとても当たり前の物語だったけど、全然当たり前でも何でもないくらい特別な話のようで、カウボーイの物語だった気もするけど人間の話だった気もするし、人間愛とでも言うべき偉大な愛だった気がするけど、やっぱりすっごく恋愛の話だった気もする。まるで男女の恋愛がそのまま男同士の恋愛になっただけのような感じもするけど、ものすごく男性同士だけの恋愛だったような感じもする…。

・ところでPG-12でほんとにいいんですか?この映画?

・それでも、原作を女性が書いたってところにいたくがっかりしてしまった。良く書けてたって、男性というものを女性では到底表現し得ないところまで表現してたとして、それはやっぱりnearly equalでしかないのだ、ということを感じてしまう。本当にこれを純粋に男性の映画とするなら男性が書いていなくてはならない。これはどうしようもない部分だと思う。

・ラストのイニスのセリフ。(なくても良いと思ったけど)セリフ自体は良いとしてあの日本語訳はどうなのか。ちょっとこけそうになりましたよ、最後の最後で!どう考えてもあのような訳になることは(セリフ自体では)言ってなかった絶対に!(ま、あの、聞き取り苦手なんだけど)
「Jack...Sweet heart」と言ったとわたしは思ったんだけど実際は「IJack...I swear...」らしいです。この言葉の後の日本語訳にあったようなことを言うのかもしれないけど、それでも曖昧にしといて良かったと思う。だって、レジャーの演技が素晴らしく語ってたので。意味を限定しなくて良かったかな~と思います。

なんか文句多くなっちゃったけど、この映画は『ビッグフィッシュ』みたいに何度も見るとどんどん感動できるようになる映画だと思う。
理解できてない部分も多いし。アン・リーは非常にまたまっすぐな演出でした。彼らしい。
良い映画でした。早くDVD出てくれ~。

そういえば某コミュニティサイトでも出てたんですが、ジェイクが必ずジャケットのボタンをはずす(しかも何故か絶対に左手!)っていう映像を集めた動画が、you tube の方で出てるらしいです。
映像はえっらいかわいかったんですが(だって、全然はずせないのにも関わらず絶対に左手しか使わないんだもん…)、見てたら大体あれは座る時ですよね。座る時ってジャケットのボタンははずすのが常識だとずっと思ってました。それで、立つ時にまたボタンをする。そちらの方が見た目にも所作的にもスマートだからだとか。
紳士の常識?かと思ってたんですが、思い違いだったのかな~。
ま、もし「ちょっとジャケットきついんで~…」って事だとしてもかわいいからいいな別に!
スポンサーサイト
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/162-c8cd463e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。