スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
あ、そうそう
2006 / 05 / 11 ( Thu ) 02:42:06
ジブリ最新作ゲド戦記。
もうそろそろ公開が迫ってきましたね~。テレビでも主題歌が聞こえてきます。と思ったらあれ、挿入歌らしいです。

『ゲド戦記』といったら、もう超有名な、伝説的な作品です。私的にはエンデの『はてしない物語』と並ぶくらいに衝撃的な内容だと思います。まあ、それをジブリが映画化するって言うんだから、期待してしまうってものです。
…が同時に不安があるわけです。一つは『チャーリーとチョコレート工場』と同じ種類の不安。昔読んだ作品って言うのは自分のなかで勝手にイメージが固まってしまうもので、それが大きなハードル。
あと一つはあのスタジオジブリですので、どのような脚色を加えてくるか。

という視点から見ると…、一つ目はみーごーとーに的中でした。も、全然違って寧ろ面白い。アレンが世界名作劇場に出てきそうなのはまだいいんですよ。ショックはショックでしたが…
ゲド、ゲドが…!うそうそゲドうそ!だってこれめっちゃ強そうじゃないか。どう見ても小男に見えないんだけど、もしや画面上だとギムリみたいになってるんだろうか…。

まあ、わたしが考えてた世界観からして全然違うので、比べようもないですけども!

あ、それとこれ第三部を映画化したんですよね?テルーが出てくるんですねえ。しかもかなり大きな役っぽい。原作では三部では出てこなかったような気がする。三部と四部くっつけたのかと思ったんだけど、年齢が全然違うよね、これ。なんかアレンと一悶着ありそうな…ていうかアレン…やたら幼くないか?
国王と王妃が出てくる辺り、小さい頃の設定のアレンかもしれないですけども。
ていうかこのアレンのデザイン(顔かたち)、わたしが想像してた一部の頃のゲドに比較的近くて面白い。

ストーリーを変えたり、キャラクターの造形も、原作を参考にもしてないんじゃないかっていうくらいに、1から作り上げるジブリですから(そしてそれで成功するんだから)、心配はしてないですけど、今回は映画化を今まで許さなかった原作者のル=グィンの存在が少々気になりますね。

運命の公開日は7月とだけ。おそらく夏休み合わせになることでしょう。どういう結果になろうともちろん見に行きます。
スポンサーサイト
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/168-9ce2f573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。