スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
気がつくと
2006 / 05 / 25 ( Thu ) 04:01:21
間が空きますね。
めんどくさがりが顔を出してで、すね。
あと無駄な考えに脳を費やしてるからです。
最近は、日本ではあまり見なくなった男性の腰でズボンをはくファッションは、欧米では結構やってる人多い(ていうか股上が浅い?)んですが、俳優さんや歌手の皆さんもご多分に漏れず、…え~まあ、つまり有り体に言っちゃえば、パンチラしてるわけですが、あれはどこまで衣装なのか、についてもうここ1週間くらい考えています。(どうしようもない)
衣装のような気もするし、衣装にしては今ひとつ何か欠けるような気もするし…。
しかし、実際衣装だったら「はい、それでは今日のパンツこちらになりま~す」という会話が交わされてるのか…と思うと微妙な気持ちになります(本当にどうでもいい)。
ちなみに、検証用に前も繋げたジェイクを。これらの写真でも結構見えてる(見せてる)けども、どうなんでしょうねえ。
どうやって腰でとめてるのかも気になる…。何でいくら動いても引っ張っても落ちないのか、とか。むしろもう落ちねーかなみたいなね。(眠くて頭が)

なんてこと考えてる暇あるなら、既にメモすることすらしてない物事を書き留めたらどうか、とも思うんですがね。思ってるだけですね。

あ、あとイギリスのポップグループのインタビュー読んでたら、二十歳になった感想を聞かれてて、それについての答えが「そうなんだよ、もう年だよね~」とかで、思わず変な笑い声を夜中に出したりしています。近所迷惑バンザイ!最近年齢関係に敏感です。ま、あのセンシティブなお年頃なんで!(どの口が言うか)

そうだ、やっぱり「ダ・ヴィンチ・コード」は劇場で見るのやめようかな~と思いました。DVDでも充分かもしんない。
俳優陣もいまいち、という評価が多いみたいなので。イアン・マッケランは素晴らしいみたいですがね…。彼はサーの称号も冠してるほどの名優ですが、「ロード・オブ・ザ・リング」以来、どうにも顔を見るとガン爺…と呼んでしまうので、そのたびに自分でドキドキです。でも本当にガン爺は素晴らしかった!印象強いキャラを演じるとしばらくその俳優さんの名前をうっかりしますよね。
ダニエル・ラドクリフくんも今は知らない人はいないって感じですけど、「賢者の石」から「秘密の部屋」くらいまでは、すべて「ハリーの子」で通してましたね。ま、この子の場合名前…覚えにくいってのもあったんですが…。エマ・ワトソンはすぐ覚えたもんね…。

さて、ウィアーも好きな俳優エイドリアン・ブロディですが、わたしも意外に彼が好きでして…。彼はアメリカ人に珍しくスーツをスマートに着こなすので素敵ですよね(調べてないんで本当にアメリカ人かはいまいち確信もてないけど)。
イギリスで一番おしゃれな街とアメリカで一番おしゃれな街を比べたら、多分アメリカの方が洗練されてるんだろうなあ、と思います。
イギリスは良い意味で古さが漂う(クラシカルと言え)ので、洗練までいかないんですけど、アメリカにないノーブルさと何よりスーツの着こなしが本当にスマートで、そこに涎を垂らすんですが、同じ感覚をブロディにも持つんです。
でも、彼はいまいちわたし好みの映画に出てくれないので、困りものなんですが、気になるDVDが発売なんです、今日。これは…、買わなくてはならないでしょうか…。ものすっごく悩んでます。
あと、ビデオスルーになってたかと思った映画公開されました。
これ…、何かずっと前から言われてたし、昨年の8月にすでにパリの街中このポスターだったんで、日本ではだめだったのかな~と思ってたんですが違ったんですねえ。ま、パリでは「もののけ姫」のポスターも張ってあったんで関係なさそうですが。あとカカの破廉恥なポスター。
しかもお相手は今をときめくキーラ・ナイトレーだって言うので、本来ならこれは見に行くしかない!わけなんですが、一つ問題が。
わたし…ブロディ見るとたまに奇声出るんですよね。この変態な癖が治ったら見に行こうと思います。

そしてこちらも日本公開が危ういと噂のジェームズ・フランコの新作。題材はダ・ヴィンチ・コードでも話題沸騰(たぶん)の、聖杯伝説の一節「トリスタンとイズー」という超有名で今が旬な題材にもかかわらず、この扱いって言うのは…、もしかしてタイトルがまずかった…?明らかに二番煎じの香がするって…?そんな~、たまたまですよ!それにもしそうだとしても今ハリウッドが注目のジェームズ・フランコ主演なんだから、それだけで見所いっぱいじゃないですか~。
例えばもしかしなくても~ジェームズくんはクラシカル劇の映画初めてじゃないかな~?てことは、いままで見られなかった衣装のフランコが見られるって訳ですよ!
ほら、どうですか?得意の泣き演技を騎士衣装で憂いの表情で佇んでみたり、とか。
お色気シーンだって新鮮に映るよ。トリスタンとイズーなら間に剣置かなきゃだめだろ、とか、媚薬意味ないだろうとかは突っ込まない方向で。ほら、だって「トリスタンとイズー」を再現するならお色気シーンはいらないけどそしたら楽しくないじゃないですか。それにもうトリスタンとイズー元にしたコクトーの傑作「悲恋」があるからねえ(こちらは媚薬の意味もばっちり再現してます。ちょっとセリフが怪しいけど)。
ちなみにお相手。…………いまいち?と思ったけど、ちゃんとかわいかったんで安心した。きっと写真が悪かっただけだよね。写真は怖いですよね!
お口直しにまたお色気シーンを。お~素晴らしい表情!たまりませんな~。
どんどん行っちゃうよ!
もういっちょお色気シーンだ!!

……………!

あれ?
待って、落ち着いてみようか。深呼吸してもう一度見てみようか。
ホント、写真は怖いですよね!

どうだ、お色気シーン!!

……見間違えじゃ、な、い?
うん、どうやら見間違いではなさそうですね。
あれ~フランコと言ったら、ほそっこい体がチャームポイント(勝手に)じゃなかったですか?ほら、「DEAN」から始まって「スパイダーマン2」までマグワイアが羨ましがりそうな(まだそのネタを引っ張るのか…)細身が、ねえ!
役作りですかね…ちょっと驚きましたが、まあ合点がいきます。うん。

ただ、問題はこの写真を見て思い出すのは、どうしてもこれなんですわ
ああ、もうだめだ。もし日本で劇場公開あっても見に行けない。色んな意味で耐えられる自信がないよ、もう。プルのせいで倍率どん!だよ(言いがかり)。
もしこの作品が公開されなかった場合、その理由があの写真だったら(なわけない)わたしはどうしたらいいんですか(どうもしなくていいです)。

よし、こうなったら違う作品の写真で
う~ん、やっぱりかわいい~。しかもセーラーだなんてねえ!坊主頭ってのもまたいい!

かわいい、なっ?!

……ご、ご立派な胸板でございますわね……?
役作りですね、役作り。海軍兵学校の話だもんねえ。そりゃあ、ねえ。

……役作り、ですよね…?



このままマッチョ路線にいっちゃったらわたしはどうしたら。
スポンサーサイト
映画のおはなし TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/175-824fd757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。