スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ん?
2006 / 06 / 24 ( Sat ) 03:46:27
まあ、え~っとあまりに言いたいことがありすぎて何も言えてないみたいになってますけど。とりあえずお疲れ様でした起きてみていた方達!

結果としてはまあ順当と言ったところでしょうか?
1-4という大差とも言える試合になったわけですが、わたしはそれほど悲観的には考えていません。はっきりこの点数差が実力差ではあるのですが。
オーストラリアークロアチアの方は同時に速報を見てたんですが、なかなか荒れた試合だったようで。面白そうでした。見たかったな~。
そして結局オーストラリアが前評判を覆して予選突破となりました。
これもすごい。いやいや前からポテンシャルはすごい、とは言われてましたが、正直…チームとしてはどうなんだ、というところがあったわけです。思った以上に良かったな、と言う印象です。やっぱりヒディンクマジックなんでしょうか?良いチームです。フィジカル面は素晴らしいし、技術も高い。元々個人レベルでは日本より上なので当たり前と言えば当たり前ですが、サッカーはチームワークだけでも勝てませんが、個人技だけでも勝てないので、ね。
クロアチアがもう見られないのは寂しいですね。良いチームでした。
クラニチャルも良い選手ですね。4年後が楽しみです。

日本戦は全体通してとにかく川口が良かったな~という印象です。
ブラジル戦ではいくら川口が悪いわけではなくても、4点取られたのは少し印象悪いかも知れないですが、欧州からオファー来たりして!と期待を抱かせるくらいの力を見せてくれました。
あとやっぱり中田。
最初は中田があまり目立たないな~(や、まあそれを狙ってるわけですが中田は)と思ってたんですけど…、ずっと見てると気付く。
彼は本当にすばらしい。ブラジル戦最後の方とかもう中田が全部やってたもの!よく…本当に、良く動きますね…。この辺りが欧州でもまれた成果なんでしょうかね!時間経てば経つほど中田という存在が大きくなっていった。
逆にちょっとがっかりは俊輔ですかね。彼は守備はそれほど出来ないのでとにかく攻撃で輝いて欲しかったのですが、ちょっと精細に欠きましたね。日本は自慢ではないけれどFW陣がそれほど決定力を持っていません。その分MFは才能溢れる選手が多いとも言われてきました。
だから中盤が動かなくては始まらないわけです。それなのにこの試合はな~残念でした。いや~小野見たかったですね。調子落としてたので仕方ないですけど。

あとDFは宮本欠いてたとはいえ、相手がブラジルだったとはいえ、少しひどかったです。う~ん。相手を自由にさせすぎて、引っ張り出されすぎて、面白いほどスペースが空いてましたねえ。

とりあえず、日本に足りないところがはっきり判りましたね。

90分走れる体力と当たりと技術と精度とチームワーク(生かす方の)ひとりひとりの意識…

え?全部だって?そんなことないですよ。
こうやって足りない部分(例えそれが全部だって笑)あげられるだけ大したもんです。98年はあげられなかったもの!あの時判ったことはとにかくまったく我々の想像もつかないところに他国はいるのだということ。とにかくやたらめったら日本は遅れてるのだ、というそれが一体どうした差なのか判らないほどの力の差を見せつけられただけでした。
で、02年はまず足りない個々の力をカバーするためにとにかく組織でした。それはある程度の完成度まで持っていくことが叶い、世界と戦う術を見つけ出しました。
ただ、それは、ある程度まで、でもありました。02年W杯で世界と戦えることも知りましたが、その世界は「組織」だけである程度おさえられるチームと当たったことを忘れてはならないと思います。
そして06年ですね。それは通用することは難しいことが判りました。
絶対的に個の力が足りなかった。
日本は今結構ピンチです。小野の下の世代があまり育っていないようです。サッカー界全体の底上げがともかく必要になるでしょう。
しかし、なあ…玉田「本気にさせちゃったみたいです」っておまえ…当たり前だろ!それと勝負しなくちゃどうしようもないのにな!笑

とりあえず…、そうですねブラジル戦は前半終わったところで勝敗が決していたのは確かだと思います。
ハーフタイムをどう過ごすかは非常に大事だし、それよりも一点取った時一点取られた時、先制した時逆転された時、のメンタルの持っていき方も非常に重要です。それを今までも散々指摘されてたにも関わらずやはり最後まで無理でしたね~。守りにはいるとか笑止千万!!
あとひとつひとつの技術の精度が笑えるくらいでした。こんなに下手だったかな?不思議なくらい。

わたしの嫌いな言葉に「もっと効率よく練習をして能率を上げる…云々」があります。嫌いというと語弊がありますが、辟易しています。
これはバレーボールの方でしたが、日本男子がまさにどん底だったときに、選手からこういう言葉ばかりが聞かれた。これに非常に腹立たしい気持ちになったのです。
頭を使う前にまず体を動かせ!と思ってしまうんですよね。
この辺りは後々書く機会がきたらそこで。

ピッチに倒れ込んだまま起きあがれなかった中田に4年の長さがにじみ出ますね。そしてW杯というものが。
何と重いのだろう。
態度に出す出さないはともかくとして、とにかく中田はこの大会に賭けていたことは確かだった。何度も出た代表引退説。今度こそ本当になるのではないか、と誰もが思っていた。そしてそれを本人も匂わせてきた。彼のやり方はチームと合わないこともしばしばで、批判されたりすることも多かった。自分の意見を変えない彼はチームでも孤立しがちだった。けれどそれでも、98年以降日本サッカー代表は中田のチームでした。これは疑いようもない事実です。
今回やめないとしても確実に彼が日本代表を去る時がやってきます。その時に日本はどうなるのか、それが今とても心配です。

いろいろ不安材料はありますが、それでも日本という国全体では成長している。それは確かだとは思います。
足りないとこは全部かも知れないけれど、日本に足りないところがはっきり判りました。世界の強豪との差をしっかりはかれるところまで来た、その結果だと思います。今度はこれを埋める努力ですね!
4年後どこまで埋まっているかが楽しみです。

しかしこう考えるとトルシエは選手を育てる力もあったのかな~と思う。日本の選手はこうしなさいって言った方が多分伸びるだろうからなあ。

そうだ、イタリアーチェコ…こちらもガーナーアメリカの速報と合わせてみていたわけですが。ガーナーアメリカはこれまた非常に荒れたようで…。これもぎりぎりの戦いで見たかったなあと非常に残念です。
アメリカが負けたのは少し驚きましたね。あとチェコも。応援してたので非常に残念。
このグループも非常に厳しかったですねえ。
とにかくイタリアって本当にこういう試合展開ではいやらしすぎるチームですね。小憎たらしかったものちょっと。
でもピッポ見られて嬉しかった!でも、初得点…心から喜べなくてわるいなと思ってました。チェコにも頑張って欲しかったから、とても複雑です。チェコはこの完璧なイタリアからするとやはり少しまだ、隙がある感じになってしまうかな。(例えばコレルが抜けただけで、機能しなくなるとか、うっかりレッドをもらっちゃうとか)
ロシツキーも完璧に押さえられてましたね。(ていうか、やる気なくなった?笑 イライラ感は伝わったぜ)
ネドヴェドはあの徹底マークの中、本当にすごかったです。ガッちゃんの頭突きタックルにも負けないし笑。
ほんとにもう少し見たかった…。
試合終了後、泣きました(わたしが)。こういうところが気持ち悪いですよね(わたしが)。

さて心臓止まりそうなグループGですが…、韓国戦をビデオにとって寝ることにします。明日朝早いんで!ちょっくら実家に帰ってきます。
この忙しい時に!と思ったのですが、何を考えてるのか決勝リーグに入っても全部地上波で放映しないなんてことになってるようですから、ポルトガルの試合が見られるかな~とすごく嬉しいです。できれば終わるまでずっと残ってたい…・。

落ち着いたらもうちょっといろいろ書きたいな~と思います。

スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/199-94cafb74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。