スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
死ぬかと思った…
2006 / 06 / 27 ( Tue ) 23:43:20
本気で死ぬかと思いました…。
何がってポルトガル対オランダ戦。一筋縄ではいかない試合になるだろうなあと判っていましたが、まさかここまでだとは…!
どれほど壮絶な試合だったかというと、この試合があった午後帰ってきたわけですが、試合の余韻に思いを馳せすぎて電車を乗り過ごしたほどです。おいおいちょっと冗談じゃないぜ…!(自分のせいだけに言い訳も出来ないぜ)(おかげで予定がずれてずれてしかたありませんでしたむしろ今もしわ寄せが…おぉお…)

わたしがポルトガルファンだ、ということをおいておくと、これほどの壮絶な試合をこそ待っていたんだ!という気持ちが…なきにしもあらず。やはりドラマチックな試合が見たい、と思っているんです心のどこかで。前もどこかで書きましたが、わたしはおそらく何よりも一番スポーツ観戦が好きです。生きがいなんてもんじゃない。
そのわたしの観戦のスタンスはやはり「エンターテイメント」の部分が少なからず占めている。心のどこかで「起こり得ないはずの何か」を求めているんです。渇望していると言っても良い。それは良い方でも悪い方どちらにおいても、なんです。つまり悲劇も、です。いくらわたしがこれこそが最大の賛辞だと思っている、と何度も繰り返して言ったとて、選手達の思いを軽んじてると言われても仕方ない。
それは重々承知しているし、そして勿論後者の方をわたしも大切に考えてるんだけど…それでも、どこかで、期待してしまうんだよな~。
わたしにとっての麻薬はスポーツです。間違いない。一生治らない分だけ本物よりもたち悪いかもしれない。
HDDレコーダーが壊れた時は本気で家族の縁が切れるとこでした。(あほだ…でも本気でした)

あ、ところでポルトガル戦ですが…もう心臓潰れるかと思ったんですが、すごい試合でした。すごい試合だったとしか言いようがない試合でした。
イエローカード乱れ打ち!みたいな…。
最初の内は主審はイエローカードを結構軽く出してたんですが、多分後半はちょっと後悔したんじゃないかな…と思ったくらいに、イエロー出さなきゃならないプレーばっかりで…さしものわたしもちょっとかばいきれなかった笑。
ポルトガルは…余裕ある時はそこまで乱暴なプレーしないんですけど(さすがに嘘だけど、まあやんちゃっぽくてかわいいものだよ!←明らかなる欲目)、ラテン系の血か何か判らないんですが(あ、すでに韓国戦の反省を生かしてない)、何かあるとちょっと頭に血が上っちゃう選手が、ちらほら…ね…!
それをいかんなく発揮してくれた試合でした。っていうかきっかけは何だったんだろうか…クリスティアーノ・ロナウドがけっ飛ばされたとこ、とか?ああいうのって映像から(自力で)ボール消すとすごい状態になるよね。綺麗な跳び蹴り…。確かに痛そうだったけど、それからもそこそこ良いプレーしてたので心配ないと思ってたんですが…ね…。無理していたみたいで、泣きながらピッチを去るシーンはまたしてもわたしの涙腺を刺激。(ほんとすいません)とても象徴的な場面だと思います。これがW杯。怪我があまり酷くなければ良いんですが…次戦でられる事を望みます。これで今大会見納めはあまりに寂しい。華麗なテクニックも見たいし、ラボーナも軽く入れて小憎たらしいですね。話ずれましたね。
というわけで、ロナウドもエゴイスティックなんて言われるけど、先輩方に比べたらまだまだかわいいもんだと思います(それこそ近所のやんちゃ坊主笑)。
どんどんヒートアップして、これはどちらが落ち着かせることが出来るのかが勝負で…フィーゴ…キャプテンとして頼む…!と思ってたんですが、余分なとこで頭突きをしてイエローをもらう始末。ああ~忘れてたよ…!彼はハードボイルドだって…!(違う)
結構熱くなってしまうタイプなんだよ…!
こ、こうなったらデコ!頼む…っと思ったらこちらもこちらで…、ボールを相手に渡さないとかいう小学生みたいなことしてイエローもらって累積二枚退場になった……。誰か…頼むよ…ほんと…。と天にも祈る心地でした。けどデコは1枚目のイエローがちょっと可哀相だからな。いや、フェアプレーってのは暗黙の了解であって、ルールに明記されてるものじゃないんでオランダが悪いわけでは…ないんですが…、で、ルールに書かれてないのだから主審も止める義務はない。あのままインプレーになると決定機なるからデコが慌てて止めた、という構図なので。
こういう暗黙の了解ってのは100パーセント信じてはだめだっていうことを改めて認識しますね。その上で、フェアプレーというものがある、と。
とまあ、デコはともかくとして、皆さん、ね、結構子供みたいな喧嘩をしたり、でね…、でも、こんなところも好きなんだよな~。それだけ試合に賭けてるってことでもありますし!
わたし本気でポルトガル負けたら泣きますから!あとアルゼンチンとスペイン。…イタリアは判りません笑。らしいなあと思ってしまいそう。どんなことしても。良い意味でね!(良い意味ってつければ許されると思ってか!)

しっかしな~退場するとベンチに座れないんで、ベンチ外の階段のとこにデコとオランダのファンブロンクホルスト(この方も退場)が仲良さそうに話てて(ブラールズもちゃっかりいた気が)、いくらチームメイトだからって、そんなに早く頭を冷やせるならもっと早く頼みますよ…と思いました。いや、実際おもしろい光景ですが。ばりばり戦ってるのに、レッドカード退場になった敵同士がちょこんと座って話してるって。出来れば試合終了直後も映して欲しかったです。

こんな中まさに死闘を制したのはポルトガルでした。ものすっごくうれしいんですけど…どうしても次の試合を考えてしまって…、今だけは喜んでいたいんだけど。
でも次の試合…、デコも出られないし、コスティーニャもだし…そして下手したらロナウドも…だったらどうしよ…!とりあえず今のとこ大丈夫って言ってますけど…(ほんとだろうな!)
次は未だトップギアに入っていないイングランド。それでも強い。オーウェン帰っちゃったけど(…ショック…!)。

この試合のMotMはミゲルにあげたい!オランダは攻撃をトップギアに入れてきてたんですが、やはり何と言ってもポイントはロッベンだと思うんです。彼を自由にするかしないかで攻撃の厚さが変わってくる…と素人目には見えます(微妙な自信のなさ)。
そこを悉く押さえるミゲル!そして攻撃も隙を見て一気に駆け上がる(むしろ帰ってこない!笑)!!なんて理想的なサイドバック…!

それにしてもオランダの最終戦…まさかファンニステルローイを見ないまま終わる、とは思いませんでした。
得点王の可能性もあっただけに非常に残念です。テレビでどなたかが仰有ってましたけど…、やっぱりエースで行って欲しかった。カイトも良いプレーヤーですが…。

しかし、これほどの壮絶且つドラマチックな試合を地上波で放映しないテレビ局の罪は重いです。重すぎます。
いくらなんでもこれからはしっかり放映してくれることを祈ります。




……フランス対スペイン戦BS1BShiのみで放送……だと…?!
もう、ちょっとあの、…そこになおれ!!

あとさ~ウィンブルドンが被ってるんですけど…!ど、どうしたら…?!(だってビデオ録っててもサッカー生で見たい…!)
けどウィンブルドンも見たい…。あ~……。
あ、今思いだした。全仏ナダルが勝ったようですね。クレー強いですねえ。しかも今無敵に近いフェデラーに勝って、ていうのがすごい。
クレーは気力の勝負なんでしたっけ。ロシア選手が強いって話しもありますが。
最近のテニス界はアルゼンチン出身の選手が目立ってる気がします。ウィンブルドンではどうかな…?
フェデラーも頑張って欲しいですねランビエールと共にスイスの顔として!

というわけで、実家に戻ってたので、弟に頼んでおいた録画映像を少しだけDVDに焼いてきました。
ジャパンオープンも焼いてきました!見てから感想書きたい、と思います。あ、そういやアサインも出ましたね。いろいろ言いたいことがあるんですがこれも後ほど!
サッカーの方もアルゼンチンーオランダ、スウェーデンーイングランド、チェコーイタリア等々焼いてきたので、決勝トーナメント休日にまとめて見ようと今からうっきうきです!涎出そう…!

スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/202-2faebb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。