スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ベスト8
2006 / 06 / 28 ( Wed ) 18:26:31
も出揃ってW杯の方は小休止。2日間のインターバルをおくわけです。
…ということで、この2日はたっぷりウィンブルドンが見られる!と小躍りしたのもつかの間、最近の寝不足がたたり(もちろんW杯)、シャラポワ戦が始まりしばらくしたら、気を失いはっと気付いたらロディック戦も終わってました。茫然自失!
まさか試合ない日まで日常生活に支障が出るとはな…!恐るべしW杯…

さてさてベスト8も出揃ったところですが、順番に行こうかな。

まずは、イタリア対オーストラリア戦。
この試合数十時間前はまだ実家にいたので、大学から帰ってきた弟とスウェーデン対パラグアイ戦のビデオを流しながら、「今年のW杯は波乱がない」という、あまりに言われすぎてて何も面白みもない話をしてたんですが(ぐだぐだ感が判りますね。ですが、今大会お互いのひいきチームが順当なので非常に幸せな感じで笑。)、その時にわたしはず~っと「いや、オーストラリア対イタリアは判らないよ…あそこは何かある」と言ってたんです。
根拠はまったくないですが(あることはあるけど)、何か起きるなら絶対にここだ、と。(おまえイタリアファンと違うんかい)

で、実際の試合は、といいますが、わたしのその無責任な期待に思い切り応えてくれるオーストラリアの選手達!
素晴らしすぎて何も茶化すことができない……!!笑
リッピ監督もトッティをはずしてアレックスを入れてくるなど、動いてきましたが、見事に惨敗!むなしく響く実況の「さあ、これがデル・ピエロゾーン!…には、まだ、遠いですかね…?

オーストラリアは実に良いチームですねえ。意外に整然としたサッカーをしてきますし、素直な感じが素敵です。守りに入ったりせず、攻めきる姿勢はとても好感度が高いです!
(あたりが常にラフ・プレーっぽいのは…おいといてもいいですか笑)
試合自体も、まあ攻撃的になったとはいえ、カテナチオサッカーのイタリアは守りにはいってても全然おかしいことじゃないですが、その部分を差し引いてもオーストラリアが押していた。

とまあ手放しでオーストラリアは褒めたいんですが、この試合とにかく少し言いたいのはレフェリーかな……。
わたしはまずレフェリーには文句を言ってはならない…と思ってはいるんですが、あそこマテラッツィの一発レッドはあまりに厳しかった…
イエローまではともかくとしてレッドを出す時は、皆さん慎重に考えて欲しいですね…なんて、言ってたら、やってしまいました!!
何と後半ロスタイムにイタリアにPK…!!
あ~…そこはさあ…、いや、ちょっと厳しいんじゃないか、な…?
思いっきり主観で大騒ぎもしましたが、冷静にリプレイ見てもやっぱり微妙ですね~。う~ん残念です本当に。こういう試合で後半ロスタイムPKなんてもう、どれほどオーストラリアが頑張ってもどうしようもないですからね…。
ガエガルくんも言ってましたけど、サッカーが面白いのは不条理の部分って。確かにそうでわたしもその通りの楽しみ方をしてるんですが、それでも時たまその不条理の部分が酷く恨めしく思えます。

特に後半に入ってからイタリアは明らかに守りに入ってたからな~(ていうか、0-0だったのにどうするつもりだったんだろう…笑)

もうPK決めた後のトッティのおしゃぶりポーズが小憎たらしくて小憎たらしくて!!笑

いや、でもやっぱりオーストラリアは素晴らしかった。
この国が次はアジアに入ってくる…にも関わらず枠が減るわけでね…。楽観的に4っていってるとこもあるけど…。わたしは3.5があると思うよ。厳しいなあ…。

とにもかくにもオーストラリアお疲れ様でした!
ヒディンクマジックはちょっと采配の方で生かせなかったのが残念です。延長なんて考えずカード切っちゃえば良かったのに!
でも、守りに入ったイタリーは小憎たらしいので、その気持ち判りますがね笑。

いつか日本で采配ふるいませんか。
スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/203-46e2196f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。