スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
映画メモ
2006 / 07 / 09 ( Sun ) 00:49:18
あいかわらずデスクトップはフィーゴです よ、こんばんは。
本日未明いよいよポルトガルの三位決定戦ですね。どうやら敵は「男の世界」のカーンを出してくるそうです。
ポルトガルと言えばクリスティアーノ・ロナウドが結婚してるなんていう噂が入ってきてビックリ(だって21歳だよ?笑)したりしました(去年、「逮捕された」ってニュースが飛び込んできた時より驚いた)(さすがにちょっと嘘です)(あ、結婚の真偽は不明です。情報出ないから多分違う)(どうやら左薬指に指輪をしてるとか)(でも海外の人において左薬指指輪=結婚の図式ほど当てにならないものはない!)
サッカーはあれです。書き始めると長くなるので、あとでゆっくり書くとして、最近見た映画をちょっとメモです。
ここ1ヶ月でこれだけってことは週1本ペースですねえ。サッカーと私生活の忙しさのせいです。最近は映像はサッカーしか見てないからな…

『ブレードランナー』前見た時(中学生?)意味が判らなかったもので…ふと気になってもう一度見てみました。さすがに分かりました!
良かった良かった…!面白かったです。これも色々な読みをさせますねえ。まあ、何よりビックリするのはこれCGなしで作られたってとこです。あんな場面やあんな効果は一体どうやったのか不思議で仕方ない。
ところでこれは劇場版ではなく完全版の方が暗示的でおもしろいんじゃないかな?わたしは完全版の設定の方が好きです。主題が明確になる気がする。「わたしは何者なのか?」

『ファイナル・デスティネーション』デヴォン・サワ主演作。サワ主演のちょっと怖い映画といったら『アイドル・ハンズ』!のノリで見たら痛い目に…!笑 一応ホラーですがそこまでは怖くない?ちょっとB級っぽいですが下手な大作ホラーより余程面白い。実際結構評価が高いです。何と言ってもスピード感が生命線かな。すべてを良い方向に持ってきました。しっかし髪短いとアイドル色が薄れるな~髪型って大事ですね!あ、わたしは髪短い方が好きなんですけど笑。

『個人教授』年上女性と男子学生の恋ですか?青春って感じで良かったんじゃないかな!フランス映画ですけど、何と言っても画面の雰囲気が良かったな~ちょっとレトロでどこかセピアがかった画面が美しい。作られたって言うよりそこにあるのそのまま撮ったらこうなりましたってのがフランス映画の強みですよね。
ラストは意外に簡単に収まったな~と思ったらラストのたった30秒でひっくり返りました。意外に好きですこういうの。
ところでこの映画フィギュアファンはまともな顔してみられないと思うんですが。ヒロインの名前「フレデリック・ダンビエール」(字幕より)です。どこかで聞いたことあるなんてもんじゃないですよね笑。

『MI:2』実はこのシリーズ見たことなくて。やたら妙な偏見があって、ずうっと回避してきたのです。なんだけど、最近MI:3のTVCMがさ…ジョナサン映すんだよ…。やっぱり画面で見ると俄然蹌踉めきますね…なし崩し的に鑑賞。思ったよりも面白かった!よく考えたらトム・クルーズはそんな駄作には出ないんだった!
MI:3見に行っても良いかもしれない…(配給会社の策略に乗った!笑)

『セルラー』リピ:はい、ど~も。今度はレンタル店の策略に乗ったよ。半額だったから思わずまた借りて見てしまったよ。……やっぱり超面白かったよ。二回目は更に愛しさ募ったよ…。やっぱりこういう映画大好きです。ディテールがかわいいんだよな~憎めない映画好き!!
で、やっぱりクリス・エヴァンス可愛かった…!わたしの目に狂いなしです笑。
これの凝ってるところは携帯電話のみに絞って思いっきり頭をひねったんだろうなっていうとこ。これ多分ハリウッド用に作ったからちょっと無理矢理考え得る限り一番大きな事故を持ってきてる部分があって、そこが少し大げさに感じてしまうんだけど、十分…いや十二分に面白い。DVD買おうか悩んでたんだけど、やっぱり買おうと思いました。

『青い棘』シュテークリッツ校の悲劇を映画化した作品。ずっと前から見に行きたかったんだけど、わたしが住んでるとこにはなかなか来ないし…でここまで見るのが延び延びに…。
面白かった…というか、良くも悪くも「雰囲気映画」でした。なので、この雰囲気に乗れるか乗れないかが勝負?かな。非常に痛ましい事件を描いてるのに意外にさらっと描かれてしまうので、ぼーっとしてると何が起こったのか分からなくなってしまうかも笑。充分描けてますけど(※雰囲気で)、ちょっと美しい部分だけを描きすぎたかも。申し分なく美しかった。作り込まれた美しさではあるんだけど、それが幻想的で倒錯的でとても良い。あ、ところでドイツ映画には画面に不思議な透明感があると勝手に思ってるんだけど気のせいかな?フランスはちょっとだけ重厚だからそこが違うのかな。う~ん余韻が残る映画だな…わたしは好きです。中途半端な時代の痛ましさとか突っ走ってしまう愚かさとかそういうのが描けてたと思います。出演者ほとんど20代後半だけど。(いや~むしろ奇跡だよ)

さてポルトガル戦まで仮眠とるか!
スポンサーサイト
雑記 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/215-91a5c07d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。