スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
映画メモ
2006 / 10 / 04 ( Wed ) 03:14:32
なんとわたしが住んでいるとこでも『カポーティ』をやってくれるんだそう!ま、電車とバス乗り継がなきゃだけどね!!でも十分です、嬉しいです。だってやっとクリフトン・コリンズ・ジュニアを大画面で見られるんですもの!わたしは結構地味な俳優を好きになりがちなんですが、その中でもこの人のことを知っている人は群を抜いて少ない…。周りにそれほど映画好きがいないせいもあるかもしれないですが。やっと注目される日が来そうです!
で、この『カポーティ』ですが、トルーマン・カポーティの作品『冷血』を読んでおくといいそうなので、今本棚から引っ張り出して読み返しています。カポーティの伝記と言うと『叶えられた祈り』もありますね~。彼の小説とはちょっと一線を画す雰囲気で、少しだけショックを受けた高校生の頃のわたし。今なら面白く読めそうです。これも読み返したいなあ。

『パイレーツオブカリビアン』リピ★★★★☆
姉が見たいってんで、わざわざDVDを実家に持ち帰ってやった優しい妹笑。この作品は映像的には全然たいしたことないんだけど(CGはなかなかだけど嵐のシーンが面白いほど偽物くさく見えてしまう。けど久々に見返してみて、これTDLのカリブの海賊にこういう映像の部分も合わせてるのかもしれないと思い直しました。あの暗闇感似てる…。)、それを補ってあまりあるB級的な面白さに、やられてしまう。そして何と言ってもジョニデだな~。彼がいなけりゃどうなったことか…。

『クラッシュ』★★★★☆
これね~オスカー獲る前に日本で劇場公開終わっちゃったんです。わたしが住んでたとこなんて一ヶ月やってなかったって!おかげで気付いてたら終わってたんだ…。公開早いのも嬉しいけど、オスカー作品が授賞式後に見られないのも寂しいな…。
で、内容ですが面白かったです。が、群像劇なので苦手な人は苦手かも。わたしは結構好きな感じでした。繋がりが無理矢理っぽかったとこは愛嬌かな。で、この脚本書いたのは今大注目のポール・ハギスなんですが、イメージ的にラテンっぽい感じだったんですが、カナダの方でした。まあ、アメリカっぽくないという点では当たったかな?笑
感想はちゃんと書きたいです。

『不思議の国のアリス』リピ★★★★★
あ~何度見ても最高!!
わたしはこの映画に出会わなければ、感性が生まれなかったと思う。
それくらいに5歳のわたしを虜にした映画。
苦手な方がいるのは重々承知ですが、それ以上に右脳を刺激される映画。それに原作よりは大分マイルドな仕上がりだし。
原作より上回ってる部分は映像(当たり前と言えば当たり前なんですが笑)。でも本当に映像っていうかデザインが本当にすばらしいと思う。
アイディアとか細かいとこはディズニーオリジナルとも言えるし、ディズニーの初期黄金期の力を見せつけられる。

『ナルニア国物語』★★★☆☆
最初の30分は本当に興奮して、DVDを買う気満々になってたんですが、見終わったら大分落ち着いていました。
良くも悪くも子ども向け、と言われてしまうかな…。ま、ディズニーなのでLotRとかは想像してなかったけど笑。
最後の戦の決着の仕方が納得いかなかったり、伏線をあまりに丁寧に長く見せてくれたりするんですが、子どものために作ったと考えると良い映画になってると思いますよ。ラストは良いと思う。教授良い味!
ジェームズ・マカヴォイがちょっと気になる存在。それから女王様のティルダ・スウィントン !『コンスタンティン』のガブリエル役もそうでしたが、この人の不思議な存在感がファンタジー世界にはまるな~。
性を匂わせない現実感のなさがぴたり。彼女はデレク・ジャーマン監督のミューズでもあったんですよね。
あとキツネが地味にルパ様笑。

『ブロークバック・マウンテン』リピ★★★★☆
二回目見てみたらそこまで言うほど最初の1時間性急ではなかったかも。なんであんな急いでるみたいに感じたんだろう。
この映画は当時の時代背景に合わせて(てか今もだろうけど)、匂わせる演出は非常に多いので、二回目見た今、最初見た時よりもいろいろ気付く点が多かったです。ジャックの両親とか。
しかしこないだキネマ旬報立ち読みした時、ヒース・レジャーがオーリより年下って書いてあって、ちょっと膝から頽れるかと思いました笑。
ロックユーの頃よりかなり経った気でいたんだけど、まだ5年だったわけですよ。…そうだったんだ…。ヒースは若いんだよね…そうなんだよね。

『レザボアドッグス』リピ★★★★★
1年弱ぶりに見た。クリス・ペン追悼です(遅いよ…)。昔は狂ったように見てたからな~。
やっぱ面白い!!途中の暴力描写には少しだけ眼をそらしたくなるんだけど笑。
ハーヴェイ・カイテルがかっこいい…!かいがいしく世話を働くとこもらしくていい。
この作品は出演陣が本当にいいんだよな~。名バイプレイヤーで癖のある連中ばっかりで!ハリウッド大作とは逆を行くような映画だった。
(そしてわたしはこの映画でティム・ロスに転んだ笑)
あ~クリス・ペン…初めて聞いた時ショックが隠せなかった。今でも本当にかなしい。

『赤い靴を履いた男の子』★★★☆☆
今はアメリカの良心と言われるトム・ハンクスも実はコメディ畑出身の方で、その初期の作品。つまりコメディ。
スパイもの?らしいんですが、そこそこ面白いです。
くすっとくるとこもいくつもあり、尺も短いのですっきり見られる。
過不足なくまとめているし。しかし、お友達のモリス(だったかな)彼が一番の不運者でしたね笑。
スポンサーサイト
雑記 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/250-c73a444e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。