スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
『マーズ・アタック!』(1996/米/SF・コメディ)
2006 / 10 / 04 ( Wed ) 18:07:50
お馬鹿映画か、社会派映画か。


ネタばれ


さて、どっちなんでしょうね。ティム・バートンだからなあ。
でも、この映画は数々のバートン映画とはちょっと違った位置にいることだけは確かなような気がするのですけれど。
だってバートンなのにあの火星人はおかしいよね!絶対!
まあ、彼の黒い部分を全部集めたらこうなりましたってな感じかな。
しかし、ヨーデルに弱い火星人・・・。
これは一体何を意味しているのだろう。

この映画を社会的映画と見る向きもあるようです。
そうですね、私もちょっとそう思います。
君のためだ、友好を結ぼうと良いながら攻撃する火星人。手を結ぼうといってきた大統領を平気で殺す(おとしめる)火星人(まあここはそういうきれい事で片づくと思っている人に対する皮肉かなあ、と思ったりもしたのですが)。何かを連想します。
しかも、この火星人の造形。姿形、言葉はともかく、文化は非常に人間に近い。これはわざとだと思います。
そう考えると、これはつまり、侵略された異文化の国。つまり、人間の姿そのものだとも言えます。この異星人と地球人の違いとは何か。それは姿形と言葉のみ。それ以外は目立った違いもありません。
それから、最後のリッキーの演説。あれはつまり進みすぎ、調子に乗りすぎた文化への警鐘で・・・まあ、良いか笑。

まあ、本当にそうでも違っても、結局ティム・バートンなわけで。
ラスト、あのボクサーが生きていて嬉しかったなと。そんな感じかな。
面白かったです。笑えるところ、グロイところ。色々織り交ぜ、そして笑いも盛り込まれ。

ていうか、あの翻訳機が間違っていたんじゃないかと思うのだけれど。だって、出来るはずないもの。火星人の言葉を翻訳だなんて。
それはつまり、相手の言葉を紆余曲折して、自分の都合のいいように曲解してすべて、行動を起こしてしまうこの世界のあの・・・って結局社会派的なメッセージに置き換えようとしてしまう笑。
まいっか!

あ、そうそう忘れるとこだった。報道官ジェリー・ロス役のマーチン・ショートがとてもかわいこちゃんでした。花を添えていました(語弊)。


★★★☆☆(2004.10.23/DVD)


スポンサーサイト
ま行 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/254-0bcfa8ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。