スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
『デッドマン』(1995/米/西部劇)
2006 / 10 / 04 ( Wed ) 18:23:53
叙情的で、詩的で、そして凄惨


ネタばれ


この映画は多分大傑作だと思うのです。
思うのですが私には駄目でした。
何て言っても、残酷だった…。全体的にゴシック的なと言ったらなんですが、重厚な美しさをもった作品だから、途中に入る残虐なシーンが、普通の映画以上に残虐に、ショッキングに映ってしまったようです。
そんなわけで私この映画駄目でした。

でも、全体的には(繰り返しになりますが)本当に重厚で叙情的で詩的な、実に美しい映画でした。美しすぎるくらいでした。その、映像もそうなのですが、お話もそうなんです。
粗筋的にはすごい抑揚も、山場もあるのに、それを淡々と描く。
美しい映像もシークエンスも何もさらっと見せるのみ。
西部劇には近い気がします。
それにしてもジョニデ演じる、ウィリアムの変化が凄いかった。
最初の頼りない姿から、残虐な殺人者へ、そして最後の一種安らかな死出の旅路へ出る姿へと。その変化がとても良かったです。良かったのですけれどねえ。
この映画は何回も見ると好きになっていきそうな気がします。雰囲気が素晴らしいので。
ていうか、忘れていた何かを描き出したかのような作品です。この雰囲気がこの時代に出せるというのが凄いです。
白黒は美しすぎたかなあ。
ルイ・マルの言葉が身に染みる。何故「さよなら子ども達」をセピアカラーもしくは白黒にしなかったのかという問いに、彼は「美しすぎるから」と応えたのだそうです。
そんな感じだ。美しい。ため息が出るほど美しい。最後の神々しい空から何から、天国が見えた!と思いました。でも過言ではないと思います。
淡々とした映画とは言っても、映像が情感溢れるものなので、それでまたロマンティックとでもいいましょうか。実に憂えた渋い雰囲気になっています。


★★☆☆☆(2004.11.1/ビデオ)

スポンサーサイト
た行 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/256-3b42f40d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。