スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
『アニー・ホール』(1977/米/ドラマ)
2006 / 10 / 04 ( Wed ) 18:31:23

男女の物語

ネタばれ


この映画を見て心からやっぱり恋愛と友情の関係って言うのは全く違うものなんだな、と思いました。
それぞれの延長上の友情や愛情は勿論あるとは思うのですが、両方とも変わるのではなく、一度友情や愛情という感情は死に、そして新たに生まれるものだと思いました。
だから、それらの関係に少し、切なさというか、一過性のものがあるというか、そういうものなんだと思います。
特にこの二人の関係は、お互いに好きなのだけれど、それは愛情ではないんですよね。でも、友情にもなれない。
もどかしいものであるのだと思います。
だから、会えば友人として振る舞うのに、友人のように気軽に会うことも出来ない。
う~ん。愛情と友情の差。男と女の差。友人とも話したのですが、私たちは女であるが故に友人の愛情を受け取ることが出来ない(勿論自分もその友人に対して愛情をもてない)んだけれど、女であるが故に今現在その友人の近いところにすっといられる特権も持ち合わせている。
これがなんとも、苦しいものだったりするし、そうでもないものだったりする。
いくら友情でも、例えば友人が恋人べったりになって、私を放っておいたら私は寂しさを感じる。
両方とも実に近いところにあるのに、その二つの感情は決定的に違うものなんだな、とこの映画を見てつくづく感じました。
映画の話的には、ちょっと風変わりな男の物語。
過去現在の混在した映像なんかも面白かったです。ただ、本音が字幕として出るあのシーンは字幕派の弱点が顕著に出てしまいましたね笑。
まあ、でもウディ・アレンの作品は「世界中がアイラブユー」のようなちょっと軽い感じのものがわたしは好きです。
この頃の作品はちょっと肩肘張ってて疲れないかなあという感じさえも受ける。でも、人間若い頃は自分の哲学を声高に叫びたいものだから。ウディもいつしか懐の深い人間になったことだし、マイケル・ムーアもいつしか角が取れてしまうのかなあ、なんて笑。


★★★☆☆(2004.11.1/DVD)


スポンサーサイト
あ行 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/257-bde12b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。