スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
日本シリーズ開幕
2006 / 10 / 23 ( Mon ) 04:25:20
えーおかしくない?どう考えてもここにいるのは西武だったはずなのに…!!
と、プレーオフ終了後、10日ほど経過してるにもかかわらず納得し切れていないわたしを尻目に日本シリーズがこの土日始まりましたね。
それにしても、やっぱり納得いかない…っていうか、どうしてここまで納得いかないか判らないくらい、今シーズンは絶対に日本シリーズに駒を進めるものだと思ってた……。

しっかも、日本ハムも、中日も一番怖かったのは西武ライオンズだったので助かった!って言ってるじゃないですかー!!(やっぱそうだろ?)
もう何してんのお前ら…!!!
そんなこと言われても負けてしまった今全然慰められないんだっつーの。

と言うわけで日本シリーズ第一戦は、エース対決川上対ダルビッシュの投げ合いとなったわけですが、あれ…?いつからダルビッシュはエースに…?
実力がないとかそういうんじゃなくて、いつの間にやら立派になって…というどちらかというと巣立つひな鳥を見守る母鳥の心境です
気がつけばまだ2年目のダルビッシュ。実は3,4年経った気でいました。こないだ二十歳を迎えたばかりだったんですよね。それで今まで問題ばかり起こしてきた事実も堂々と出来るようになったわけですよ。
しかし、まあ、多少はがっちりしたとは言え、彼は全然身体が出来てこないですねー。同級の涌井とは大違いで(いや、彼は顔だけの問題だ!)。
女性ファンとしては嬉しいことなんだと思うんですが、彼の高校時代、身体が出来てきたら楽しみだなーと思っていた野球ファンとしては些か不可思議?な気持ちでいっぱい?……?
いや、まあ別に基本的にどうでもいいです。良いピッチャーなら笑。

というわけで、何度も言われますけど、チーム力としてはドラゴンズが明らかに上なわけで、日本ハムは投手の主軸を二年目ダルビッシュ、ルーキー八木に据えているように、この若さが大舞台に呑み込まれることなく良い方向に働くことと、機動力を使った陽動作戦だったりとそう言ったとこをどこまで出していけるかが勝負の分かれ目になりそうです。
ああ、それと大事なところ。新庄が最後ってとこも忘れてはならない点。去年のロッテなんかそうだったけど、今年はこのチームの年っていうのがどうしてもあるものだから、この部分も注意すべき点です。
わたしは、去年が勢いの年だったので今年は地力の年じゃないか、と見てドラゴンズだと思ってるのですが…さてさてどうなるか…。

第一戦は投手の出来が今ひとつで(役割は十分…だとは思いますが)、じりじりする展開でしたが、この試合は何と言っても井端!!
8回の好プレー2つ…!!これに大興奮で大騒ぎしました!
やっぱり素晴らしい…!井端荒木のこの二遊間は間違いなく12球団だんとつで素晴らしい。
あ~いまさら蒸し返すようで悪いんですけど、やっぱりこの二人をWBCと言う世界の舞台で見たかった…!
この二人は最高の1,2番でもあるので、絶対日本代表には顔を揃えるべき!勿論それでブレイクした西岡川崎も悪くなく、WBC日本代表の色をまさに代表する二人だったので十分素晴らしかったんですが、井端荒木コンビはやはり極上です。残念だった…。次の機会を楽しみにします…。
で、そう言ったポイントで飛び出した好プレーに見られるように地力に勝るドラゴンズが勝った第一戦は、そこそこ悪くない試合でしたがまあ想定通りで、下馬評は覆らないかな、と言った内容。日本ハムの良い材料は足が利くことと、ダルビッシュが計算できるとこ、かな。それから打撃陣も別に緊張してる様子は見られなかったなー。新庄森本の面白コンビが効いてるのかも。
っていうか、その仲間に稲葉が入ってるなんて!笑
思わずずっこけちゃいますよ。でも意外にはまってるよ。

そして第二戦ですが、こちらも予想通り大ベテラン山本、と、ルーキー八木できました。ま、この試合は移動時間中でわたしは見ること叶わなかったので、ハイライトしか見てないんですが、今度は日本ハムの良いとこが出た試合、ってことでいいんですか…?
驚いたのが思った以上の八木の強心臓!いや~すごかったみたいですね~。力勝負素晴らしい。パリーグらしいピッチングです。
(あ、パ・リーグのピッチャーの方が力勝負したがるんです。セ・リーグは日本人らしい投球術を駆使するピッチャーが多い。そう言った意味でもこの試合はまさにパ・リーグ対セ・リーグになったのかも)
そしてこの試合では・、井端は悪くないですが、彼への強襲ヒットもこの試合の雰囲気を代表してる感じがしますね。日本ハムとしては気持ちの勝負、勢いの勝負に持ち込みたいので、それがうまくいった感じ?
しかし、八木…。すごいな、ホント!

次からは札幌で3連戦。とにかく地元で強い日本ハムだったので、敵地の1,2戦を1勝1敗で乗り切れば、地元胴上げの可能性有りと見ているので、この3連戦が非常に気になるところ。
とにかくドラゴンズは日ハムの雰囲気に飲まれないように普段の野球をすることだろうな。我慢強く行けばドラゴンズ有利。
しかし、日本ハム、ナゴヤドームに苦戦してなさそうですね。
ナゴヤドームは芝の影響で打球がじぐざくに飛んでくるんだそうで、慣れるまで処理が難しいという話ですが…。交流戦の経験が生きているのかも。そう言った点でも日本ハムにとっての良い材料ですね。

しかし…、ドラゴンズファン…、「札幌ドーム、2-1でナゴヤドームに帰ってくるのを待ってまーす」って!
気持ちは判るけど、強気なのか弱気なのか判らないんですけど!笑
一気に決められれば決めちゃった方が良くないか~笑。

スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/272-f9be4a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。