スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
日米対抗フィギュア
2006 / 10 / 24 ( Tue ) 18:10:49
つい先日行われましたキャンベルカップ(TBSでは上記タイトルで)。キャンベルと言えばキャンベルスープ。美術にちょこっと興味ある方はやっぱりウォーホルの作品を思い浮かべるんじゃないかと思いますが。
むかーしもちらっと触れましたが、…本当に開催されたんですね~。
ちょっと嘘じゃないかと思っていました。
軽く(多分軽くならないと思いますが)感想を。

まず基本的なルール(TBSより)

・ISU公認の06/07シーズン開幕戦
・日本とアメリカによる対抗戦(男女シングル)
・男女3選手ずつの合計ポイントでそれぞれ勝敗を決する
・ひとりがSP、ふたりがFSを滑る
・賞金総額18万ドル(約2200万円)

、とのことらしいんですが。
まず……最後、いらなくね?
べっつに賞金がどうの、って良いですよ!笑
シーズン開幕戦なのに結構高額賞金なんですね~ってそれくらいしか感想が出てこないよ…!!
それにしてもどうして、アメリカ対日本にしたんだろう…?
他やってないですよね~。例えばカナダ対アメリカ(と思ったらこれやってるんですね!ペアダンスを。なので日米はシングルだけ)とかスイス対フランスとか。しかもシングルだけだし!JPオープンも考えるにつけ、稼げるところで稼いどけっていう算段が…

まあ、そのあたりはおいておいて、久々のTBSさんなのですが懐かしの戸崎アナですね~。この声聞くのも久しぶり!
それから解説陣が佐藤さんと本田くん。この本田くんすげーよ。何てったって荒川さんを「しずか」呼ばわりしたからね!テレビの前で皆さんあって言ったこと請け合い笑。
…あ、でも普段からなんでしょうかね?よく考えると彼が荒川さんのこと呼んだとこ見たことないからわからないや。でも彼のが年上だし、寧ろ他の年下の皆さんのように「しーちゃん」って呼んでる方が怖いので触れないようにしておこうと思いました。
あいかわらずまるかっt…
とりあえずわたしは本田くんの解説結構好きなのでこれはオッケーです。技術云々とかになるとまだまだ、とか言われちゃうのかもしれないけど、素直で真摯な感じが好感度ありですよね。あと声な。現役時のインタビューなどではむしろ喋り方が気になった方でしたが(英語の方がいいなーと思ってたくらい笑)解説してる時は気を付けてるせいか、とてもわたし好みの喋り方
将来が楽しみ!

この大会はシーズン始まりと言うことで元々完成度は期待してないんですが、どこまでコンディションを持ってきたかを探るに良い機会なのでそちらを重視。何と言ってももう1ヶ月経たずにグランプリシリーズ始まるわけですからね!

さて男子ですが、
まずはトップバッターでSP陣が出てきました。
アメリカは誇るティンカーベル笑、ジョニー・ウィアー。
おっとーそういえば22歳になったんだった!3ヶ月以上前に。気付いてはいたんだよ…。
曲は「King of Chess」。彼にしては珍しい感じの曲だし、衣装も少し普段とは違う感じ、とか思う前に気になったこと一つ。
あれ、なんだか線が細くなってませんかー…?
え、もう十分だったんですけど
ちょっと儚げ過ぎたのが気になりましたが、髪型も戻っていたような…?まあ、まだシーズン始まりだしね。(関係ない)
全体的にスピードは抑えめに見えたし、ジャンプもランディングが今ひとつ安定性に欠(いてるように見え)ましたが、誤差範囲って感じで良い感じ。スピンもまだまだこれからって感じでしたけど、調子は良さそうですね。
まあ、まだ曲と振り付けを自分のものにしきってないだけだと思うので、これは滑り込めば余裕で解消できるでしょう。
今年こそ良い調子で終わりにしてもらいたいです。
ところで、最後の振り付けは間違いではないんですよね?よろけたんかと思ったんですが。で、その後の照れ笑い、とシナリオは完璧だったんですけど、どうやら違う様子笑。
振り付け的にはやはり彼には珍しい感じで、フィギュアスケートらしい振り付けでした。…あれ、おかしくない?笑
むしろこれが正しいんでしょうが、彼の場合普段があれなので、普通な方が新鮮に映ってしまうわけで…。
で、一風変わったキスクラへ。そこで待っていたのは……

………ジョン……?!

おや、これシングルだけじゃないの?!それとも…まさか…お付きの者…?もしくはただのそっくりさん?

どれが正解でも間違いなく驚きます

とりあえず点数は78点とこれまた高得点でしたので(むしろPCSがいまいちのような…これはあれですね。審判もフィギュアスケートらしからぬ振り付けの方が好きなんですよね。いや、わたしはこんな感じの振り付けも結構好きでしたよ!※ただ単に滑り慣れてないからってだけです)ウィアーは今シーズン好発進てことでよさそうです!よしよし。

対する日本は、中庭健介(25)で来ました。まあ、妥当かな。
そして相変わらず紹介が遅咲きの四回転ジャンパー
それしかないのかよ!と突っ込みたくもなりますが、一つ前の四回転時代の時によく言われたんですよね。4回転をばしばし飛んでた選手は14,5ですでに完成させていたって。だから余計に取りあげられる訳ですが…。もうベテランの域に達しましたがまだまだ頑張って頂きたい!
遅咲きなら引退も遅くなるって言う寸法でね!(…あるかな…)

曲は、とてつもなく感慨深い(実況本田くんなんで)アランフェスの第2楽章。
最初にその遅咲いた4回転だったのですが…、惜しくも失敗。ちょっと回転不足でしたが、どうかなー。
と思ってたら続く3A、3Fも失敗。練習では調子が良かったようなので(本田情報)残念です…。
ステップは上半身も頑張って動いていてそこそこ良い感じで、佐藤さんにもお褒めの言葉をいただけましたが、その後のスピンで止まっちゃいました。上下の変化を持たせるステップはバランス崩しやすいって話だったんですが、そのバランス崩れがタイムラグでスピンに影響した模様。
2つ目のステップもよく頑張ってるぞー!最後までよく頑張ったと思います。点数は…う~んやっぱりTESが伸びないな~。でも59点と自己ベストに近い点数が出ました。

藤森さん(結構好き)と荒川さんの雑談を挟み(いいよ~そこそこ好感度あるよ~。荒川さんはまだカメラの動きに慣れない様子。原稿読みもかな?)、日本の最終兵器浅田真央選手特集。ま、やっぱりダントツで注目されてるので仕方ない。
時間もそれほど長くないし、良かったんじゃないでしょうか。
そして高橋の紹介VTR。エースの称号まだ獲られなくて良かったね!笑

高橋の紹介VTRの後すぐ彼の演技へ。あれ、順番通りならここはアメリカ勢じゃないの?という多少の疑問も持ちつつ(ダメ!ここは大人の事情!)始まります。
今年の新プログラムは「オペラ座の怪人」。これまたドラマ性のあるプログラムを選びましたね~。いや、高橋はこういうテーマがはっきりしてる奴の方が(去年のムーランルージュ然り)いいと思ってるので、わたし個人的には良いかなと思います。
最近台頭してきた織田くん関係もあって、日本エースとしての真価が問われる今年、良いシーズン始まりを期待したい。へたれ高橋も返上の方向でお願いします
…ところで高橋が滑る直前いきなりテレビが砂嵐になったんですが(数秒で直ったんですが)いったいどうしたんだろう。
やっぱりあれですか、高橋の髪の毛と髭の関連ですよね
…とわが家のテレビも心配な高橋の外見ですが、なーんと髪の毛がさっぱりしていました…!!どうやら髭もそったみたい。
アル・パチーノグッジョブ!!(違います)
で、高橋のコーチもしている本田くんが見所を伝授。
確実性を選んで4回転は封印したそうです。ただ靴が合わないようで(本田情報)ジャンプをたくさん失敗してしまいました…。も~高橋このやろう!途中の3Fー3Tは良かったんだけど…。
3Lのとこはどうしたんでしょうね?滑った感じでしたけど。
…ってもうフィギュアスケーターはいつでも滑ってますけど笑。とベッタベタでどうしようもない突っ込みをする寂しいひとり暮らし。
う~んちょっと元気がないようです。
で、見せ場のSLST。本田くんが見所解説「このSLSTは素晴らしいの一言です!」
…え~、ちょっと待って下さい。まだ、滑ってません
あ、あれですか、予言ですか?本田マジックですね!(違います)
足したり引いたり仕上げればドラマチックなプログラムになると思うので、頑張って欲しい。
しょんぼり高橋を迎える日本勢は良い感じ。点数は判っていますがちょっと低いぜ!

対するアメリカは、スコット・スミス(同姓同名大量)。てっきりサボイかと思ってましたが~(引退寂しい!)、スミスを見られるのも嬉しいです。
さっそうと登場したスミスくんですが、まず目を思わず疑ったのは(失礼です)衣装です
いや、狙いは判るんですよ!現代版ロミオとジュリエットってことで、ちょっと『ウェストサイドストーリー』を意識したんでしょう…?!…でも、…もうちょっと…なにか…なかったんで、しょうか、ね…?ちょっと寂しいかも。
でもスミスくん本人は元気に滑ってたのは良い感じ。
相変わらず手がバンザイしてるよ~ちょっとかわいいよ…!いつも手が反り返ってるので手にばっかり注目してしまって他あまり覚えてられないんですが(嘘です)、ジャンプは安定していていいですよね~。マイケル・ワイスとかのジャンプ得意系統のアメリカらしい選手。
素直なスケーティングで好感度ありますよね!わたしは結構好きなタイプです!ド迫力の4回転サルコーは見られませんでしたが、その他のジャンプはほぼ成功!自分の持ち味を充分に出してますね。そういうところが素晴らしい!笑顔も良いよ~!
ウィアーも嬉しそう!点数も132点と良い得点が出ました。

ここまでで得点差35.77と大差がついてしまいました。
あら~判っていたこととはいえ逆転が難しくなりました…。
逆にプレッシャーを感じずのびのびと織田くんには頑張って頂きたいですね。

で、ここで織田VTR。
どうやら今年は大人の織田を見せるよう。ちょっと待て。無理矢理大人感を出そうとして失敗してきた選手をごまんと見てきたぞ!まあ、織田くんは年齢的に大丈夫だと思いますが。

それより、最後は夢の対決!織田くん対ライサチェックの身長差対決です!

わたし個人的に楽しみな対決まず先陣織田くんが満を持して登場ですが…、衣装がよく判らないいんですが。
曲はチャイコフスキーの交響曲。…やっぱり判らない。ちょっと王子様を意識したってこと?笑
最初の大技3Aー3Tー2Lは綺麗に成功!膝の柔らかさは健在!3Aのちょっとかわいい踏切も健在。
何だか寧ろWorldsの好調さを維持しているような…感覚を受けてしまうほど。このメンバーの中では一番コンディション良さそうだったかも。
スピンも完成度高くないですかー?
あ、今左手薬指に指輪が光った!(どこ見てるんだ)
彼女の存在を公言し、金スマではペアリングが買いたいと言っていた織田くん。どうやら夢を果たしたようだね!まさかシャネルじゃないだろうな…?
演技は後半。超短いイナバウアーを挟み、3S成功の後二度目の3Aを回避したといえ、ノーミス!
SLSTはちょっと疲れが見え始めたかと思ったんですが、その後も偉く頑張ってた!最後のスピンもスピード保って、Worldsの4位はフロックではないってことを十二分に証明。
演技の伸びやかさも相変わらずで、いや~今年が楽しみですね~!
やっと元気が出た日本のキスクラ。
すげーすっごい良い点ででるよ……!!うわ、150点にのせた…!
織田くん本当に天下獲っちゃうかも…。これならご先祖様も安心だね笑。

そしてそしてアメリカはきましたライサチェック。
すっかり「カルメン」のプログラムが板に付き、よく判らない通り名も「情熱のカルメンダンサー」だよ。もしプログラムかえてきたらどうしたんでしょうね?
という杞憂は杞憂のままで、大丈夫ちゃんと期待に応えて「カルメン」できました。このプログラムは去年のシーズン後半に作ったものなので十分今年もいける!ってのは良い判断です。
なぜならわたしがこのプログラムを好きだから!
まだ21歳の将来を期待されるライサチェック、衣装も昨シーズンと同じで、布もちゃんと巻いてきました
…と思ったんですが…あれ?手からは見えてないぞ…?胸元にはあるのに!衣装に縫いつけでもしたんでしょうかね?布巻き付けも好きだったので残念です。
ところでライサのPB152点なんですねー。本当に織田くん表彰台ラインまであげてきたんだな~すごい!
Worldsでは4回転に挑戦してきましたが、シーズン始めと言うこともあったんでしょうかね、今回は挑戦せず。
最初のコンビネーションから3A、3L、3Sと良い感じに成功していく。3Aはちょっとバランス失いかけたけど大きな失敗なし。
そして意外にもスピンではレベル4をたくさん攫うライサはスピンも良い感じ。やっぱりこなれたプログラムで見ていて安心!
そしてアメリカエースの名もちょうだいしました。本田くんはウィアーもフォローしてくれましたが、やはりこの差はあれか。安定感、ですよね…。ライサ、安定してるもんな…と思ったら二度目の3Aで転倒。やっぱりライサの転倒なれないなーオリンピックで大分慣れたとはいえ
ま、この辺りはアメリカの余裕でしょうかね笑。(違います)
その後のコンビネーションは大きな失敗なくまとめたのはさすが。ぐだぐだ崩れないのがやはりすごい精神力。わかったかな?高橋くん?コレだよ、コレ!
さて終盤はどんどん盛り上がるこのプログラム。ジャンプが終わってからがむしろ見せ場な訳です。曲の使い方もうまいですよね。
ラストのSLSTは大迫力とまではいきませんでしたが、十分な演技を披露。よいよよいよ~。
ウィアーとスミスくんも拍手を送ります。
ていうかカメラを見ると必ず何かアクションを起こしてくれるウィアーさすがだな!

さて気になる勝敗ですが……?116点以上でアメリカの勝利が決まります。
ライサチェックの点数は、TESはそこそこに留まりましたが、PCSはさすがの点数でトータル138点を獲得。
攻めの演技ではありませんでしたが、まとめてきたって感じで貫禄の勝利ってとこでしょうか。

何と言っても今回の収穫は織田くん。この点数なら世界の表彰台が本気で見える。
本人も「満足度は70パーセントくらい。残り30パーセントは後半のスピード」と、自分の分析もばっちりで期待が持てます。

てな訳で男子でしたが久々の公式戦って事もあって、やったら長々と書いてしまったので、女子はまた後で!

書けると…いいな、と…思います…。(自信なし)



-----


追記。
どうやらジョニーは酷い風邪を引いていた模様。
それであの演技なら驚きですが、やたら儚げだった理由が解明できたかな笑。
ライサチェックとの複雑な関係(笑)もちょっと披露していた(勿論仲良いですが)みたいですね。niceに過ごす方法はただ単に自分のプログラムに合わせてみただけ?笑


スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/277-929f720c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。