スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
トップ6ジャンプ構成比較2:ザヤックルール
2006 / 11 / 01 ( Wed ) 12:42:37
今度はソルトレイクの構成でジャンプ別に色分け(3回転以上のみ)。
赤=4T、青=3A、紫=3L、オレンジ=3Lz、黄色=4S、水色=3S、灰色=3F、緑=3T

【ソレトレイク】               

アレクセイ・ヤグディン

1.4T3Tー2L
2.4T
3.3A
4.3S
5.3Lz
6.3L
7.3F

3回転以上2度同じ単独ジャンプなし。2回跳んだジャンプ4T2回のみ→ザヤックに引っかからず。


エフゲニー・プルシェンコ

1.4T3T3L
2.4T
3.3A-HL-3F
4.3A
5.3Lz
6.2A
7.2S

3回転以上で2度同じ単独ジャンプなし。2度跳んだジャンプ、4T、3Aのみ→3Aのコンビネーションを3Fで跳んだ結果引っかからず。


ティモシー・ゲーブル

1.3Lz
2.4S3T
3.3A-2T
4.4T
5.3A
6.4S
7.3F
8.3L

3回転以上2度単独ジャンプなし。2度跳んだジャンプ、4S、3Aのみ→3Aー2Tのコンボに抑えたため引っかからず。


本田武史

1.3F
2.4T
3.3S
4.3A-2T
5.3A
6.3L
7.3Lzまたは3F(飛び方はLzだったが、エッジがF側に入ったため審判の判断が不明)

3回転以上2度単独ジャンプなし。2度跳んだジャンプ、3Aのみ。ただし最後の3Lzが3Fに換算された場合は3F(2度目の3Fはコンボ扱いで)4T、3Tの後予定取り3Tが入れられなかったためセーフ。


アレキサンダー・アブト

1.4T
2.3A3T
3.3Lz
4.3A
5.3S
6.3F
7.3L
8.3T

3回転以上で2度単独ジャンプなし。2度跳んだジャンプ、3A、3Tのみ。4Tの後3T入らなかったため引っかからず。


トッド・エルドリッジ

1.4T
2.3A3T
3.3Lz
4.3L3T
5.3F
6.3A
7.3S


3回転以上2度単独ジャンプなし。2度跳んだジャンプ、3A、3Tのみ→引っかからず。


実際の演技では引っかかる選手は誰もいなかった。
予定通りだった場合、アブト、エルドリッジが引っかかるが、予定通りジャンプが跳べてた場合では、アブトはラストの3Tを、エルドリッジは3Lとのコンビネーションを削る可能性がある。
むしろエルドリッジは4回転は単独ジャンプだった可能性も高い。
旧採点方式時代のプログラムでは引っかかる選手は稀と言って良いだろう。

スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/284-c4c59f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。