スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
父親達の星条旗
2006 / 11 / 14 ( Tue ) 05:22:13
ですけれど、興行的に失敗と見ても良い部類になりそうですね。
あちゃー。
う~んハリウッドが誇るイーストウッドなのに、何が良くなかったんだろう。

まさかいまいち俳優がじみなところ…!?

レビューは悪くないのに、ここまで伸び悩んだのは何故だろうか。
2部作ってところなのかな…?
そういえば、Lotrも第一部はそこまでではなかった気がする。

そのせいかどうかは判りませんが、オスカーの方も受賞はおろか、ノミネートも危ないようですね。
可能性は「硫黄島~」の方にありかも。2部作一緒に評価されるなら!
でもどうにもインパクトに欠けてるのかもしれないなーと皆さんの評を読んで思いました。キャラクターもたくさん出てきてしかも戦争物だと没個性的になりそうだし。

しかしなー日本でも興行がよくないとは!
何と木更津キャッツアイに負けてるよ!笑
ちょっとさすがにビックリした。人気あるのは知ってたけどここまで?
わたしはドラマも映画も何も見たことないので判らないけど。
ていうかクドカン(だっけ)さんのお話があまり好きではない…っていうか日本の新進気鋭といわれる作家さんたちのお話が好きではないので…。どうにも小さい小さいとこ(繊細ということではなく文字通り小さいとこ)とか内輪受けみたいな方に話が行きすぎて、うんざりしてくるんだよね。(好きな方申し訳ない)
これに代表されるように、日本映画の躍進が著しいですが(興行面で)、傑作の割合が全然増えてる訳じゃないってところが寂しいとこでしょうかね。別に日本映画のレベルが上がってる訳ではないことはまあ、いろんなとこで言われてるので良いとして、これほど売れるようになったのはテレビ局…なんでしょうねやっぱり。
言ってみれば話題づくりと、宣伝の仕方と客の呼び込み方がうまくなったって部分が一番の要因なわけで。
もちろん海外の映画に駄作がないわけではないし、ハリウッドの商売戦略を見て見ぬ振りするわけではないんですけど、それでもちょっと日本の流れは少し閉口する。
こういう宣伝の仕方とかそういうのは全部認めても良いから(特に内輪受けどうのとか何だか勘違いした個性の出し方どうのってのは単純にわたしに合わないってだけだし)、どんな駄作でも良いんでせめて映画を作ってくれ!笑 

話ずれましたが、こちらも公開が楽しみな『バベル』。
なんだか『クラッシュ』の二番煎じじゃないか、みたいな話がちらほら聞こえてくるんですが、わたしは逆に『クラッシュ』見た時に、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥっぽいって思ったんですけど皆さん違うの?
多分ラテン系っぽいって感じたのもそのせいだと。
イニャリトゥはだってこれまでもこんな感じの話ばかり作り上げてきたじゃないか!笑
というわけでこちらは存分に自分の個性を生かしてそうで気になってます。彼の作品は絶対に見るぜ。
そしてイニャリトゥが撮るブラピも気になる!笑

スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/301-ba7fab52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。