スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
フランス研修旅行4:飛行機と恐怖の韓国の夜
2006 / 01 / 28 ( Sat ) 05:13:28
と、書くとおそらく誤解があるだろう。


とにかく搭乗ゲートをくぐり、出国の手続きを済ませると、本当に日本からの出発が近づいていると感じる。

わたし達が乗る便は、大寒空港からのお迎え便のため、CAの方々も韓国の方達。
チケットを渡すと、にこやかに「こんにちは」と「アンニョンハセヨ」の二カ国語で挨拶をしてくれる。
照れながら小さな声で挨拶を返す。前を見ると、2つ下の子は何とも元気に挨拶。たった2歳の差を大きく感じる瞬間だった。

透明な通路を通ると、目の前に広がるがらんとした空間と、飛行機。
飛び立つ飛行機はやたら小さく見える。

どきどきとすれ違うCAの方々と挨拶をしながら、自分の席に座る。

思ったよりも狭いが、それ以上に緊張と興奮でおかしなことになっている。聞けばわたしの友人も飛行機は初めてという。

飛び立つ瞬間はまるでジェットコースターのようだった、と言うのが、大韓空港に着いた時のわたし達の第一声だった。

同じく緊張していた友人は気圧の変化に苦労をし、あまり窓の外の風景を楽しむ余裕もなかったそうだ。

窓際でもあったわたしは逆に窓の外に夢中で、気圧の変化にも気付かないほど。
今まで見たことのない美しさがそこには広がっていた。
少しずつ小さくなる民家の屋根。川をゆったりと進む船。
広大に広がる田んぼ。
今でも心に残る風景である。

機内食はおそらく最後の日本食。とはいえ、興奮と緊張でやはりあまり食べられず。飲物ばかりを消費。
とりあえずの飛行機の旅は、韓国までと言う、約2時間の旅。
気がつけばあっという間の出来事だった。

さて、ここからが問題。
大韓空港の入国手続き、そして荷物の受け取りは、わたし達だけですまさなければならない。
少ない確率ではあるが、荷物がなくなってしまった場合、きちんと説明が出来るのだろうか?英語は通じるだろうが、英語で意志を伝えられるのか?と言った不安がわたし達を包む。

実際は大韓空港の職員はほとんど日本語がしゃべれる、と後に気付くのだが。

何とか全員荷物を受け取り、入国審査もパスし(ひとり化粧ポーチに入っていたハサミで引っかかり、捨てることになったのだが)、どうにか韓国人の添乗員であるソギョンさんと合流。
ソギョンさんは日本語がぺらぺらなので、わたし達もひどく安心をする。メガネの似合う笑顔のかわいらしい人だった。

大韓空港のトイレはとても綺麗で、わたし達が出発した空港の数倍の広さ。

韓国の風景はそれほど日本と変わらず、のんびりとした感じ。
緑がとても多い。

わたし達はとりあえずここに一泊することになっている。
夕食は、ホテル近くの焼き肉屋へ。
焼き肉やと言うよりレストランみたいなとても綺麗なお店。
店員さん達は空港近くということもあり、少しなら日本語も大丈夫とのこと。
「いらっしゃいませ」と挨拶をしてくれる。

もちろんメニューはかの有名な「プルコギ」。
辛いのかと思ってびくびくしていたら、肉の味付け自体は辛くなく、焼いた後に野菜などで巻く際に、薬味としていれるらしい。
辛いのが苦手なわたしにとってはとても助かる。
実際とてもおいしく、辛いのも調整すれば大丈夫だった。
肉の量が非常に多かったが、あれよあれよと言う間に食べてしまう。
結果論とはいえ、機内食がほとんど食べられなかったのが良い方向に出た。

お腹もいっぱいになったところで、早速ホテルへチェックイン。
チェックインなどの諸々の事務作業はヘギョンさんがすませてくれる。
ちなみにわたし達が泊まったところはそれほど良いホテルではないので、荷物なども全部自分で運ぶ。
部屋自体はそこそこ広く、2人部屋でテレビも無料で見られた。
冷蔵庫の中には水とジュース。韓国語で書いてあって、少しはしゃぐ。

ベッドは一つがセミダブルで、一つがシングルだったが、友人が狭い方で良いというので、セミダブルを譲ってもらう。
広すぎて落ち着かない。
ベッドに大量に荷物を広げて整理をしていると、1つ上の先輩がこれから外に出てみるという。
時間は7時半。まだ、遅くはない時間だった。



スポンサーサイト
旅行 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/315-b4072d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。