スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
おしらせ
2007 / 03 / 31 ( Sat ) 01:58:54


こんな感じです。(どんなだ)

youtbeの2006大賞作品。この気の抜けた雰囲気いいよね。
…と言いつつ、緻密に計算された感じが…恐ろしい…。
取り直し大変だったろうなーとかそんなことばかり考えてしまうわたしはいったい。

同じく賞関係ではこれ好きです。ベタと言えばベタなのかもしれないけど、やっぱり最後に笑っちゃう笑。

あ、それで何の話かと言えば、明日からネットのない生活が始まる上、四月からも土日しか家に帰れない生活になるので、あまり更新ができないかもしれないという話です。
うまい具合にフィギュアもシーズンオフも迎えたので、ちょうどいいのかも…?笑


週末にぼんやり現れるかと思います笑。


ところで、ベルネルは一足早くエキシビションツアーをキャンセルして帰国したそうで。
理由が大学の生物の授業だとか…?
小耳に挟んだところ、Worlds前、緊張して眠れなかったので、生物の教科書を読んで勉強したらよく眠れたんだとか。(※だめじゃん!笑)
意外にちゃんと学生してるのね。噂によると、ランビも今シーズン悩んでたのは勉強を取るかスケートを取るか、だとかいう噂(真偽確かめてません!)もありましたが……。
二足のわらじを履いてる方々は大変そうです。そんな中、学校の先生やりながらオリンピックに出たダンビエ先生は群を抜いてるわけで…笑。

そうだ、プルシェンコはやっぱり離婚したそうで…。
同業者で結婚する方がいいって言うのは、一理あるかもしれないってこういう話を聞くと思いますね…。
元気になってくれることを祈ります!
関係ないけど、99-03までの世界選手権を久々に一気見したんですが、この時代のプルシェンコはやっぱり本当にすごかった。今のちょっと上から地上見下ろす彼に慣れてたから余計に。
特に99の勢いといったら!中学生当時、この彼の気圧される生きの良さに惚れたんだったな、と思い出しました。
ヤグディンとの一騎打ちも、やっぱり息をのむ迫力。ライバル関係って本当にいい。
あと特筆すべきはやっぱりエルドリッジ。わたしは、彼ほど一動作がドラマチックな人を他に知らない。希有なスケーター。何度見ても同じだけ感動する。
それと今回身にしみたのは早くDVDに焼かないとならない、ということでした。99のWorldsよりも00のNHK杯のやばさときたら……。

いろいろ引退話も続いてさびしいです。雪さんとこもそうだけど、デンスタ組とか……、残念ですけど残念ですけど、お疲れ様でした…!
本当に大好きでした。

来期はまた男子陣の4回転が見られそうです。
ジュベールのおかげってのももちろんあるけど、きっと現行採点システムに慣れたら(スピンステップのレベル)きっと4回転に目が向く、と信じていました。
だって現在中心をなす彼ら(わたしと同じくらいの年齢だからきっと同じ)は、あの4回転時代を見て育っているのだもの。あこがれないわけはない。大味だ偏重だといわれようと一つの美しさが確かにそこにあった。

そして選手たちにもいいんではないかなとちょっと思ってる。4回転時代の副作用というべき選手の短命…今考えると確かに少しあった気がしている。
だから今の選手のように二十歳前後からプログラムに取り入れることは、いい方向に作用するのではないかな、と。
とにもかくにもフィギュアスケートがとても好きだから、いい方向に行きますように。
かつてのようにドラマチックなスケーターも増えますように。
採点競技だからこそ、採点できない部分が評価されるべきなのかもしれないと、わたし個人は信じているのです。

スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/353-54e8bf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。