スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
ショック・・・
2009 / 08 / 17 ( Mon ) 01:37:24
作家の海老沢泰久氏が亡くなられたそうです。

わたし自身とても大好きな作家さんでした。
わたしはスポーツを見ることが非常に好きです。
ですが、スポーツを題材にした作品、映画や小説や漫画などを見ることはあまり好きではありません。

スポーツそのものに心底傾倒しているので(おっと微妙な表現笑)、それ以上の味付けは逆に無粋と思っているからです。
プレイ自体にドラマがあるから、わざわざフィクションにしてストーリーをつける必要を全く感じず、逆にうるさく感じてしまうのと、やはり生(まあテレビだったりラジオだったりもするのでこういうと少々違うんですけど)じゃないと、スポーツの面白さはわからないと思っているからです。

なので、非常に限られたものしか、フィクションではスポーツに触れません。
その数少ない中に海老沢さんの作品は入っていました。
この方の作品は、スポーツの表現(過度も不足もなく・・・スポーツ自体を描きすぎるとそれはそれで作品が壊れる)とそれからそれに含まれる人間ドラマのバランス、そしてなんといってもその時のスポーツ全体が孕む空気感が絶妙に作品全体にある点が特筆すべき点です。
・・・って言ってもわたしが勝手にそう思ってるだけなんですけど。
読み終わった後、なぜかそのスポーツもプレイも見たような気分になってしまう。
読後感がまさにスポーツ視聴後、みたいな。
もちろん人間ドラマの部分も本当に素晴らしかった。

中でもやっぱり『監督』だな。
この作品に出会ったのは小学生の頃。
たまたま近所の中古本屋で目に付いて手に取ったのが最初。
何度も読み返したものです。
これは西武の黄金時代を創始したともいわれる広岡監督をモデルにした作品なんですが、随所に野球哲学が盛り込まれていて、監督指南書なのではないかと思われるくらい。
わたしの野球哲学の原点は間違いなく、森元監督の本と、それからこの『監督』という作品です。
この本読んで考えが変わりましたね。
たとえば、「バントを知らないチームに勝ちはない」とか、「3割バッターといえど、10本に7本は凡打。どれだけ低くても守備に関しては10回中9回はアウトにできる。なら、守備を鍛えるほうが理にかなっている」とか。
記憶だけで書いてるので実際は多少違うと思うんですけど。

そして、この作品一度なくして再び買ったはずなんですが、最近また見当たらない。
これを機会に読み返してみたくなったので、真剣に探そうと思います。

海老沢さん、まだ59歳。
早すぎるなんてもんじゃない。
ご冥福を、お祈りします。
スポンサーサイト
other TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/379-c9670d97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。