スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
フィギュアスケート男子シングルを終えて
2010 / 02 / 20 ( Sat ) 19:21:42
とりあえずプロトコルでもはっとこうかいな。

今のところ言いたいことがもやもやもやもやありすぎて、なんとも言えない!!
これ見て納得いきますか?!
・・・・わたしはいくようでいかないって感じです。
ある意味仕方がないな、という部分もありつつ、けれど今の問題点が大きく出たような結果に、これから先一体どうなっていくのかという気持ちが非常に大きい。

とりあえず、ペアはとんでもなく素晴らしかった!!てことだけは声を大にして叫びたいぜっ。
雪さんとこが金メダルって分かった瞬間は大号泣しました。
本当に美しく、凛としていて、美しい、もうとにかく美しいプログラムだった。
二人の穏やかな表情が、あまりにも心を打ったような。
悲願の金メダル、本当に悲願としかいいようがなくて、その場面を見ることができて、本当に本当にうれしかったです。
もうそれだけ!!!

あと、サフチェンコ、ソルコビーペアがものすっごくよかった!!
勿論もともと素晴らしいペアだったけども、ここまでいいペアだったかな?
プログラムが本当に良すぎて、二人の動きが、一動作一動作があまりにきれいだった。
雪さんとこといい、スポーツということを忘れてしまうくらいでした。
あれ?これオリンピックだっけ?みたいな。
ペアは新採点関係ないね。
選手の皆さんの努力のたまものなんだろうけれど。
結局大きな影響を受けたのは男子シングルだけなのか。
勿論ペアも女子もIDもそうだけど、なんというのか、世界全体が新採点で変わってしまったというのは男子だけだろう。

それとジュベが滑り終わった時も泣いた。
この辺りは詳しく書きたい。
プルはショックすぎて言葉が出なかった。
高橋はまあ、頑張ったなと思った(すごく軽い感じだけど、結構熱く言ってます笑)。
ライサの金メダルは勿論おめでとうと言いたいんだけど、まだちょっと冷静になれない感じ。
まだ頭の整理がついてなくて、あそこまで素晴らしい演技をしたに関わらず、だから、彼は金メダルにふさわしいに決まってるのに、どこかまだ、駄目だ。
でも、否定はしたくないんだ、本当に!!
もうちょっと頭冷やしてから書きたいと思います。
ウィアーよかった!
トリノは失敗しての5位。
今回はSP、FSともいい演技をしての入賞だから、全然意味が変わってくる。
彼も本当に復活。
これでおわりにすることなくこのままずっと頑張ってほしいと思う。
ランビは復帰してくれてうれしくて、それに加えて4回転を2回もしてくれて、本当にうれしかった。
芸術性はどの選手よりも本当に上だし、LPもよかったし。
でも、一言言うなら、せっかく復帰してオリンピックを滑るなら、あの名作のLP、フラメンコで来てほしかった。
あの名作をオリンピックの舞台で見たかったなあ。
そこだけが残念です。

それと男子スノボHP。
まず、ショーンがすごいと書く前に。
日本勢の飛躍に心からの拍手を!
トリノのあの、ものすごくひどかった記憶さよなら!!
トリノではレベル差がありすぎてひどいもんでしたが、今なら自信持って言える!
日本もスノボの強豪国です!
めっちゃうまくなってる、回転がかくかくしなくなったし。
スノボってBS見られないとほとんど毎年見る機会がなくてね・・・・。
今どうなってるかよく知らなかったんだよね。
ショーンが相変わらずすごいってのは聞いてたんだけどね。
実際見て本当にすごかった。
彼は衰えという言葉を知らないんだろうか?
年もわたしとそんな離れてなかったから、そこそこいい歳だと思うんだけど。
こういう世界は衰え早いと勝手に思っていた自分に喝!!
彼がいたから、スノーボードの世界は新しい時代を迎え、彼がいる限り、大きく飛躍し続ける。
それを証明した大会でもありました。
すべてのスノーボーダーが彼を追い続け、彼の編み出した技をまた練習し、そしてまた彼が次の技を編み出す。
歴史に残る選手というのはいるものです。さらには伝説になるであろう選手までも。
ショーン・ホワイト、彼が確かにそういう選手だと、間違いなく断言できます。
そして、彼の進化をリアルタイムで見られることの尊さをオリンピックでもまたしっかり噛み締めました。
この時代に活きて居られてよかった!
オリンピック最後の技、自身が編み出したダブルマックツイスト1260。
人間が空中で回れる限度であろうといわれる大技。
現在できる選手はショーンただ一人。
また、これを追って選手たちは無我夢中で上を目指すんだろう。
そしてショーンが或いは他の選手が、人間の能力までも超えて、さらに先へと行く日が来るのかもしれない。
そんな可能性に思いを馳せることのできた、いいオリンピックでした。

しかし、スノボってのは他の競技と違って、悲壮感が少ないね。
競技の性格もあるんだろうけど、まず選手同士が仲いいし、楽しもうってのが一番というのがよくわかる。
だからオリンピックの中ではちょっと浮いてる存在なんだけど笑。
いい意味でオリンピックを神聖視してないんだろうな。
重要度が下って訳ではないだろうし、重責ももちろんいつも以上にあるだろうけど。
フランスチームがかわいかったね。
男爵髭。コーチたちもちゃんと書いてるんだもの笑。
スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/386-9e1c984e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。