スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
『セブン』(1995/米/サスペンス)
2005 / 11 / 09 ( Wed ) 18:37:44

ネタバレしています

始まり30分 非常によいです!
ラスト5分前からの10分 非常に良いです!
その間の1時間20分ほど、ほどほど良いです!
そんな感じかな
う~ん、すごく面白いのです 七つの大罪を題材に選んだのも良いし、ストーリー全体も面白いと思う
でも、この映画はどうしても、そういうお話の部分を忘れてしまうところに最大の長所と短所があると思う
実際お話の部分では、サスペンスで、ものすごく頭の良い(?)犯人だとしたら甘さがそこここにある(部屋の話は別に良い 計算っぽいから) だから、それは置いておくのだけれど、フィンチャーの映画は本当に映像というもので、雄弁に語りすぎる
それはまさに素晴らしく、なかなか手に入れられない希有の才能であると思う
音楽業会で働いてきただけあって、どこかプロモ的な印象がある、非常にリズムが良い映像を追うだけで大変楽しい
ただ、バランスがどうしても映像側に寄りすぎてしまったような感が否めない
このフィンチャーの操る流麗で饒舌な映像の圧倒的質量(重量感、存在感)に置いては、俳優達の演技やストーリーが負けているように思える
だから、ブラピやモーガン・フリーマン、そしてケビン・スペイシーの演技までもが、映像に呑み込まれてしまっている感じで、存在が消されてしまっている
多分この美術では、どうにもシリアスな映画は不向きのように思える
逆にそういう部分のバランスがぴったりとしたのは、このセブンの正統派の演出に比べ、突飛な演出であったファイトクラブの方だったように思える
こちらの映画の方がブラピの演技や、あのブラック・コメディ調のお話などは、映像の雄弁さに支えられ、ますます輝きを伴った最高の形で、この世に現出されたと思う
それにしても、あのラスト付近の高圧電線の映像は、思わず唸ってしまった
鳥肌が立つほど素晴らしい映像(ちょっと十字架も意識しているのかな)
逆回しのエンドロールや始まりのタイトルロールなども非常に秀逸
DVDのメニュー画面も余りに素敵で蹌踉めいた

お話の方は少しラストのブラピの動機が希薄かな
描き方のせいかもだけど
監督の映画の撮り方も脚本、よりも自分が取りたい映像かどうかといった感じもあります

★★★☆☆(2004.4.22/DVD)


スポンサーサイト
さ行 TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/42-afcf91bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。