スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
全日本空手選手権
2005 / 12 / 18 ( Sun ) 17:45:59
このブログ…間違えてエンター押しちゃうと勝手に投稿されたり、勝手に記事消されるの、問題だと思うな…
またしても全部消えた…

そんなわけで全日本空手選手権
要点だけ

ずっと立ちふさがっていたベテランが引退しての大会だったので、非常にフレッシュな大会になっていてとても、楽しいものでした

「柔よく剛を制す」まさにそんな感じで男子組手優勝の永木選手は素晴らしかった
リーチの差をはね除ける素晴らしく鮮やかな技の数々
向こうにはなったけれど、あの上段蹴りは本当に神業でした

相手の松久選手もリーチの差こそあれ、それだけではなく非常に技術もしっかりしていたので、本当に良い勝負でした
身体能力頼らない選手は好きなのでとても良かったと思います

ただ空手も「カラテ」になるとまったく違う競技になってしまうんですよね
それも楽しみの一つかもしれません


身体能力どうの、という問題では、テニスを思い浮かべます
わたしは、どうしてもビッグサーバーが好きになれないんですよね
もちろん素晴らしい技だと思うし、それは本当にまさにギフトと呼ぶべきものだと思います
きっともとより持っている身体能力に加え、相当の努力をしないとあのようなサーブは打てないでしょう
それでも、わたしはそこに少しだけ甘えを感じたりしてしまうのです
サーブが決まれば大抵の選手は取れません
けれど、サーブが決まらない、となると途端にでは違うもので取り返す、などといったことができない選手がたくさんいるのも事実だと思うのです

それがスポーツの難しさでもあると思うのですが…
どれだけ素晴らしい技術力があっても、ある程度の身体能力がなくては上には行けない
けれど、ある程度の身体能力があればある程度、上に行けてしまう、というのもまた動かしがたい現実だと思うのです
そういう試合を何でも見てしまうと、どうしてもそこに寂しさを覚えてしまいます

そこから考えるとフェデラーは本当にバランスの良い選手だと思います
力強さとテクニックを兼ね備えている
彼なら三連覇も納得です
彼もサーブもちろん素晴らしいんですけどまったくそれに頼らなくても大丈夫なところが本当にすばらしいです
去年のウィンブルドンだったかな…
準決勝、1stサーブの決定率が5割切っていたのに、勝った試合を見れば一目瞭然です

つまりわたしはフットワークやストロークが良い選手が好きなわけです
グロージャンやフェレーロ、そしてヒューイット(結婚おめでとう!)なんかを応援しています

またグランドスラム楽しみだな~
フェデラーに迫れる選手が出てくるか…出てきた方がもちろん面白い!
昨年のグランドスラムは若い選手が出てきたりで結構楽しいものだったので、彼らの成長にも期待したいです


スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/65-ea0b0a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。