スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
『指輪物語』 何故ホビットなのか
2005 / 12 / 27 ( Tue ) 01:49:31
私はこの「指輪物語」は世代交代の話でもあると思っています。 
それは勿論各種族の若者への世代交代、そして何と言っても支配するもの、されるもの、中つ国の中心となる種族の交代です。 
言ってみれば、それまでこの世界の中心だったエルフでは、おそらく今現在の世界の根底(指輪の支配)を崩す戦いはおそらく勝てないのだと思います。 良くも悪くもエルフは指輪に支配されている。
彼らが指輪のある世界に生まれ落ちているという事実、根本的な部分ですでにエルフ、それは先の戦いの英雄であるグロールフィンデルでさえ指輪には抗えないのだと思うのです。

そう考えるとこの戦いでサウロンに対抗しうる種族は、指輪を持たないホビット、そして人間しかいないのだと思います。
人間に限っては指輪に支配されているとも言えますが、エルフとの違いは、結局はどれだけ種族として若いのかという点だと思います。
エルフは実は格式張っていて、保守的だという風にも考えられる。
エルフは中つ国に初めて生まれただけあって、すでに種族として完成を見ています。
非の打ち所のない、という事は裏を返せばそれ以上の発展も望めないと言うことです。
おそらくガンダルフらはこのことを判っていたのでしょう。

逆に人間は最も遅く生を受けた種族であり、まだまだ発展途上の種族でもある。まだどれだけ種族として成熟していくのかが判らないため、指輪に打ち勝つ可能性があるのだと思います。

そして、ホビットにおいては、矢張り中つ国という世界では隠れた存在であったという事実があり、それはおそらくサウロンも、エルフもドワーフも人間も、彼らの事をよく知らなかったのではないのでしょうか。
また表舞台に出てこないと言うことで、ホビット自身でさえ自分たちの力を計り知れなかったのではないかと思います。
ホビットはおそらく読者の投影でもあります。この本のテーマが成長ではなく自覚であるなら(それは自己認識とも言えるかもしれませんが)ホビット達がこの任務を引っ張る役割を果たしたのも理解できる気がします。

スポンサーサイト
思考 TB:1 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/73-309dd555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
街を捨て書を読もう!「指輪物語」
『指輪物語』 全7巻 「旅の仲間」 上・下 「二つの塔」 上・下 「王の帰還」  オン・ザ・ブリッジ【2006/01/01 23:25】
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。