スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
正月だ、駅伝だ!
2006 / 01 / 12 ( Thu ) 00:42:12
今年も一年はニューイヤー駅伝からのスタート!
これは地元が会場なので、昔は見に行ったんだけどな~
最近は距離も大分増え、交通規制が厳しくなってしまったので、専ら見るだけ、です
けれど去年の大晦日、たまたま県庁前の店まで買い物に行ったら、中国電力の皆さんが(おそらくジョギングの最中)信号待ちしているところに出くわして!
ものすごい幸運に、すごっく幸せなったことを覚えています
握手ぐらいしてもらえたのかな…
邪魔しちゃまずいし、心臓がもう破裂しそうだし、車乗ってるし、で接触を諦めてしまったのが、すこしだけ後悔

結果は前評判通り、コニカミノルタ
細かいこと言えば、高岡はいないし、坪田はブレーキだし、佐藤も藤田もいたし、三代はいたかどうか見逃してしまったし
エース区間は日本人しか走らないことになってることに相変わらず憤ったり笑
やっぱりこのニューイヤー駅伝見ないと、新年が始まりません
そうそう、今大会一番の話、ね
大工さんたちすっごく頑張っていました 素晴らしい結果!

そしてそして、今回は波乱ばかりの箱根駅伝
わたしはこれやる日は、何もかもをさしおいてこれが優先順位一番なのでずっとテレビの前に張り付いているのですが、当然家族はそこまで張り付いてみません
けれど今年は、殆ど家族全員でずっと見ている、と言うおかしな状態になっていました
それほど今回は目の離せない展開でした
サイモンのブレーキ、優勝候補の相次ぐブレーキ、五区の箱根は雪山だし、そして相次ぐ脱水症状、等々、とにかくアクシデントが多かった
見ている側としたら、無責任に言ってしまったらこれほど面白位大会はなかったか、と思うのですが…辛かったですね…
特にやっぱり順大の難波キャプテン
あれ、もの一番辛いのって(精神的に)絶対監督なんですよね…
本当に辛かった あんな辛いのってない
そして難波選手もどうして走れたのか、が不思議なくらいの、状態、で
精神の底知れなさ、仲間を思う気持ち、執念、とか、綺麗なこともそうでないことも、泥臭いことも、感動や、そんな何もかもを教えてくれました
二度とこういうことが起きないように、そして大会管理側もこのようなときどうするか、をしっかり決めるべきかもしれません
冷たい意見かもしれませんが…、それでも言いたい、と思います
本当に、本当に大切だからこそ

そして今大会は直接な知り合いではないですが、少しだけわたしと関わりある方々が選手として出ていて、嬉しい限りでした
父は長野出身なので、佐藤選手の区間賞をものすごく喜んでいました
弟の友人も若干19歳(おしい!笑)ながら山登りを任されていて、来年から本当に楽しみだなあ、と思いました


スポンサーサイト
スポーツ TB:0 admin page top↑
trackback
trackback URL
http://hankypanky.blog27.fc2.com/tb.php/79-ff95ece5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。